太陽光発電へ屋根を貸すのは本当にお得?仕組みや賃料など解説

屋根貸しで太陽光発電を設置するメリットデメリット

個人や企業が、太陽光発電の導入を検討している方もいるでしょう。 太陽光発電発電を故移入する方法もありますが、多額の初期コストが掛かってしまう点がネックです。 そこで所有するのではなく、屋根を”貸す”ことで太陽光発電を設置する仕組みがあります。 本記事では、太陽光発電へ屋根を貸す仕組みやメリット・デメリット、リスクなどを解説します。 太陽光発電の導入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

「屋根貸し」とはどのような仕組みなのか?

屋根貸しとは、工場や住宅などの屋根を貸して、太陽光発電事業者が太陽光パネルを設置することをいいます。

屋根を貸す方は太陽光発電の事業者から賃料を得られるようになっています。

一方で太陽光発電の事業者は、屋根に取り付けた太陽光発電設備から発電した電力を、電力会社へ売電することで収益にします。

その収益を、屋根を貸す建物の所有者に充てています。

要するに建物所有者にとっては、土地のように屋根を貸して収入を得るビジネスモデルなのです。

屋根貸しには「第3者所有モデル(TPO)」と「ソーラーPPA」がある

一口に屋根貸しにいっても、その種類はさまざまです。

屋根貸しの中でも「第三者所有モデル(TPO)」と「ソーラーPPA」について解説します。

「ソーラーPPA」とは?

ソーラーPPAとは、太陽光発電の事業者が設置費用を払い、利用者はリースで太陽光発電を設置することをいいます。ソーラーPPAは、PPAモデルとも呼ばれます。

通常、太陽光発電を設置する場合は、利用者が太陽光発電を購入して、屋根上や土地などに設置します。しかし太陽光発電は、初期コストが高い点がネックとなっています。

住宅用太陽光発電(10kW未満)で数百万円、産業用太陽光発電(10kW以上)で数千万円単位の初期コストが必要となっており、これが太陽光発電設備購入を妨げる要因ともなっています。

そこで、太陽光発電の事業者が太陽光発電の設置費用を支払うことで、利用者に太陽光発電を利用してもらうのが「ソーラーPPA」です。

ただし、太陽光発電の事業者が設置費用を出しているので、所有者も太陽光発電の事業者となります。太陽光発電を電力会社へ売ることで収入を得る「売電収入」も、太陽光発電事業者の収益となります。

また、利用者は太陽光発電の事業者が定める電力会社と契約することになり、電気使用量分を支払うことになります。

このように、ソーラーPPAでは多額の初期コストを支払わずに太陽光発電を設置できるのが、大きなメリットとなっています。

「第三者所有モデル(TPO)」とは?

第三者所有モデル(TPO)とは、太陽光発電の事業者が投資家に資金を募り、その資金で太陽光発電設備を設置することをいいます。

また太陽光発電の事業者は、住宅の所有者とPPA契約を結びます。

屋根を貸す側にとっては、無料で太陽光発電を設置できる点が魅力です。

一方で、投資家にとっては、安定して収益を得られる太陽光発電に投資できるメリットがあります。

これは大企業でもよく取り入れられている方法です。

設置費やメンテナンス費用を0円にして設置できるので、コストを大幅に削減できるメリットがあります。

PPA契約中は、太陽光発電の利用者が電気代を支払い、契約終了後には無償で利用者に譲渡されます。

太陽光発電に屋根を貸すメリット

太陽光発電に屋根を貸すメリットについて見てみましょう。

①初期コストがかからない

何といっても、初期コストが掛からない点がもっとも大きなメリットです。

家庭の屋根上に太陽光パネルを設置する場合、数百~数千万円単位のお金が必要になります。

自己資金で賄うには多額のお金なので、ローンを組んで購入するケースが一般的です。

売電収入はあるものの、ローンの返済で収益が圧迫されることになります。

一方で、設置費0円の太陽光発電設備を利用した場合、言葉のとおり機器代金と工事費用が無料になります。

多額の初期コストを支払わずに、太陽光発電を設置することが可能なのです。

②メンテナンス費用が掛からない

設置費用だけでなく、メンテナンス費用も支払う必要がありません。

なぜなら、太陽光発電の事業者が維持費用を支払ってくれるからです。

太陽光発電を運用するには、定期的な機器のチェックや、故障した部品があれば交換が必要です。

自分が太陽光発電を所有している場合はメンテナンス費用も支払う必要がありますが、屋根を貸す場合は業者が費用を支払うので、利用者側が負担する必要はありません。

設置費用と合わせて、メンテナンス費用を支払う必要がないのも魅力的な点です。

③契約終了後は無償で譲渡される

費用0円で設置した太陽光発電設備も、契約終了後は無償で譲渡されます。

それまでリースで設置していたものが、自己所有へ切り替わります。

住宅の屋根上に取り付ける太陽光パネルの場合、契約期間の多くは10年です。

また、企業が取り付ける産業用太陽光発電の場合、契約期間は20年間です。

この契約期間が終了すると、無償で太陽光発電が譲渡されるので、PPA契約時と違い売電収入も自分のものになります。

④電気代を節約できる

費用0円で太陽光発電を設置すると、電気料金が安くなることがあります。

電力会社が、太陽光発電の契約者に向けて格安の料金プランを用意していることがあるからです。

太陽光発電を設置する場合は、特定の電力会社と契約することになります。

毎月の電気料金はその電力会社へ支払います。

電力会社は一般的な料金プランよりも安い、太陽光発電所有者専用のプランを用意しています。

契約者にとっては、電気料金の削減もできるので生活コストを抑えられるメリットがあるのです。

⑤ローンを組む必要がない

太陽光発電設備を購入するには、どうしても多額な初期コストが必要です。

住宅用規模の太陽光発電でも、100万円以上の費用がかかりますし、産業用太陽光発電の場合1,000万円以上のコストが必要です。

初期コストすべてを自己資金で賄うのは難しい方は、ローンを利用して設置するため、返済が毎月の生活を圧迫してしまいます。

一方で設置費0円の場合、初期コストが掛からないので、ローンを組む必要がないメリットがあります。

太陽光発電に屋根を貸すデメリットやリスク

続いて、太陽光発電に屋根を貸すデメリットについても見てみましょう。

①余剰電力を売電できない

屋根を貸して太陽光発電設備を設置した場合、余剰電力を売電できません。

太陽光発電設備の所有者は太陽光発電の事業者になるので、売電収入は契約者のものにはならないからです。

事業者は初期コスト0円で屋根上に太陽光パネルを取り付ける代わりに、売電収入を得られるようになっています。

売電収入から、設置コストやメンテナンス費用が賄われているのです。

自分で太陽光発電を設置した場合、余剰電力の売電収入は所有者のものになります。

一方設置費0円の場合は、太陽光発電ならではの売電収入がない点には注意しましょう。

②途中で解約すると違約金が発生

契約期間の途中で太陽光発電設備を撤去したくても、多額の違約金が掛かります。

太陽光発電を無料で設置する事業モデルは長期間の契約を前提としているため、契約者が途中で解約すると大きな損を出してしまうのです。

設置費0円の契約は、10年間もしくは20年間で締結されることが多いです。

「やっぱり太陽光パネルを取り外したい」「事務所を移転するので太陽光発電が不要になった」ような状況でも、基本的に契約期間の途中で解約することは困難です。

そのため、太陽光発電を設置する前は、長期間解約できないことを考慮して、必ず慎重に判断しましょう。

③無償譲渡後はFIT制度対象外

無料で太陽光発電を設置した場合、契約期間終了後は利用者に無償で譲渡されるのですが、譲渡後はFIT制度の対象外になっている点に注意が必要です。

無料で太陽光発電設備を設置する場合、契約期間は10年間もしくは20年間がほとんどです。

この契約期間は、FIT制度の期間と同じようになっています。

新たに太陽光発電を設置すると、電力会社が「一定期間」「一定の単価」で電力会社が電力を買い取る義務があります。

つまり、事業者にとって長期間はある程度収入が保障されているのです。

しかし、無償譲渡後はFIT制度の期間が終了しているので、電力会社は国が定めた単価で買い取る必要はなく、必然的に単価が下がっています。

無償譲渡後は売電収入が自分のものになりますが、FIT制度期間ほどの売電収入にならない点には注意してください。

④撤去するにはお金がかかる

契約終了後の無償譲渡後は太陽光発電設備が自己所有になるので、撤去費用も自分持ちになります。

契約期間中であっても、契約期間後でも撤去に費用が掛かる点には注意が必要です。

撤去費用は、住宅用の太陽光発電でおおよそ15万円ほどです。

産業用太陽光発電の場合、数十万円~数百万円の廃棄費用が掛かります。

設置当初は予想もしていないコストになるので、必ず購入前に考慮するようにしましょう。

屋根貸しの賃料相場

屋根貸しの賃料相場はどれくらいなのでしょうか?地域にもよりますが、おおむね1㎡あたり年間100~300円程度です。

たとえば、工場などで100㎡の屋根スペースがある場合、おおよそ年間1万~3万円の賃料収入となります。

産業用太陽光発電の場合、契約期間が20年間なので、20年で20万~60万円の収入となります。

こうして見てみるとそれほど大きな収入ではないものの、屋根を有効活用して収益を得られるのは効率的な方法だと言えるでしょう。

屋根を貸すよりも自分で所有するのがおすすめ

屋根を貸せば利用者は初期コスト0円で太陽光発電を設置できるメリットがありますが、一方で売電収入を得られる、太陽光発電ならではのメリットが削がれてしまいます。

また、初期コストやメンテナンス費用は掛からないものの、売電収入が入らないので思わぬ収入を損している可能性があります。

自己資金に余裕がある場合、リースよりも所有して売電収入を得ることをおすすめします。

まとめ

太陽光発電へ屋根を貸す仕組みやメリット・デメリットなどを解説しました。

屋根を貸すことで設置費が無料になるので、初期コストを掛けずに気軽に導入できるメリットがあります。

またメンテナンス費用も掛からず、電気代が安くなるなどの、コスト面で多くの魅力があります。

一方で、売電収入を得られないことや、無償譲渡後は買取単価が下がるなどのデメリットもあります。

リースでは、太陽光発電ならではのメリットを享受できないのが難点です。

太陽光発電は、自己資金をもとに導入する方が、その恩恵を受けられるようになっています。

太陽光発電の導入を検討している方は、一度所有で考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。