稼働済み太陽光発電は売れる!売却価格相場と手続きにかかる期間【いますぐ現金化も可能】

太陽光発電の売却について

太陽光発電の売却を考えている方は、「できるだけ高く売りたい!」「高く売る方法は?」「早く現金化したい」など、太陽光発電をできるだけ “高値” で売るための方法・手段を知りたいと思っているのではないでしょうか。

『なるべく早く、どこよりも高値で売却する』には、最初の価格設定と買い手のオファーを考慮することがとても重要です。

ソルセルでは、売り手と買い手の双方に満足してもらえる太陽光発電の売却価格を3パターン設定しています!

太陽光発電を高値で売却するための秘訣が知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

この記事の目次

太陽光発電の市場動向【稼働途中でも売却できる?】

太陽光発電の売却

(画像引用:CHOOSENER+

結論から言うと、稼働済み太陽光発電の需要は年々高まっており、中古物件として売却可能です。

なぜなら、稼働済み太陽光発電は新たに太陽光発電を設置するよりも売電価格が高く、期待利回りが良いからです

稼働済み太陽光発電の場合、新規と比べて買い手の期待利回りが高くなっているので、中古の太陽光発電を売却するのであれば、新規の物件よりも買い手にとって良い条件にするのが一般的です。

現在、ソルセルでお預かりした稼働済み太陽光発電の売却成約率はなんと90%!

しかも毎月の成約件数のうち、90%以上が稼働済みの太陽光発電で、この比率は昨年度と比較すると、2倍以上の売却率なんです!

売電価格の低下により、今後はより稼働済み太陽光発電のニーズが高まっていくのは間違いありません!

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

太陽光発電の売却方法【仲介業者と買取業者どちらを選べばいい?】

太陽光発電の売却は手続きや名義変更が専門的なので、個人間で取引をするとトラブルに発展しやすく、買取業者や仲介業者を介して売却するケースが一般的です。

買取業者と仲介業者は取引の流れはもちろん、査定の方法も異なります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、解説していきます。

買取業者を利用して売却するメリット・デメリット

買取業者を介して太陽光発電を売却するメリットはすぐに現金化できること!

買取業者は購入希望者が決まっていなくても物件を買ってくれるので、早急に売って手元に現金を用意したい方は、買取業者を利用するのがおすすめです。

しかし、買取業者は太陽光発電にあまり精通していないことが多く、適正価格よりも安い金額で売却取引をされる可能性が極めて高いです。

本当は適正価格よりも高く売れるようなレア物件であっても、半分以下の価格で取引されることも稀ではないようです。

これは明らかな損失なので、買取業者に太陽光発電を売却しようと考えている方は複数の業者で見積もりを出してもらうようにしましょう。

仲介業者を回介して売却するメリット・デメリット

仲介業者に太陽光発電を売却するメリットは、

・適正価格で売却できる
・希望価格で売却しやすい
手続きや名義変更などの手続きを代わりにやってもらえる

といった点にあります。

当然仲介業者は太陽光発電について詳しく、実績があるので適正価格に見合った価格とお客様の希望価格をすり合わせながら売却価格を判断してもらえます。

太陽光発電を買いたい人との間を取り持ってくれるだけじゃなく、実際に現金が振り込まれるまでの手続き等もお任せできるので、手間もかからず安心して利用できます

ただし買取業者と違って、買主が決まっていなくても買い取ってもらえるというわけではなく、買主が決まり手続きが完了した時点で売却となるので、すぐに現金化ができない可能性もあります。

しかし、ソルセルでは、最短1週間で現金化できる実績もあります。

なるべく高値で売りたいけれど、すぐに現金化したい方はソルセルにお問い合わせください!

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

稼働済み太陽光発電の売却価格(売却益)とおおよその成約期間

稼働済み太陽光発電の売却価格は、発電実績や設置場所などによって決められます。

ソルセルなら物件価値と売電収入を合計すると、1年目から買った時よりも売却益は高くなる

ソルセルで太陽光発電を売却した時の売却益

このようにどのタイミングで売却したとしても、太陽光発電を購入したときよりも合計金額が高くなることは間違いありません。

太陽光発電の売却のベストタイミングは購入してから3年目以降です!

基本的に売却価格は、購入価格に表面利回りをかけた価格にの前後に落ち着くことがほとんどです。

3年目までは、基本的に売却価格がガクッと下がることはありません。

例えば3,000万円で物件を購入し、稼働3年目に太陽光を売却するとなると、おおよその売却価格は2,700円となります。(表面利回り10%で計算)

3年目以降に太陽光発電を売却する場合は、表面利回りに毎年1〜1.5%プラスした価格が売却価格になるケースがほとんどです。

3,000万円で購入した物件を、7年目に売却すると売却価格は、約2,300〜2,500万円程度となります。

もちろんこの価格で確定するわけではなく、物件のメンテナンス管理が行き届いているか、物件の所在地、過去の発電実績などによって最終決定されます。

あなたの所有している太陽光発電の売却益が具体的にいくらになるのか、まずは簡単にシミュレーションをしてみませんか?

シミュレーションをしたからといってしつこい営業は一切行いませんのでご安心くださいね。

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

また実際に太陽光発電をどのくらいの期間で売りたいかによって、価格の設定を変更することもあります。

例えば、なるべく早く現金がほしいという方は、概算価格よりも安い価格に設定して買い手を集めたり、成約が完了するまでの時間が長くてもいいからなるべく高い価格で売りたいという場合は、概算価格よりも高めに設定することもできます。

(買い手がつくかつかないかは別の話ですが…)

価格設定によって、どのくらいの購入希望者が検討段階に進むのか、より詳しく解説していきます。

①概算よりも安い価格で売却したい場合の成約までの期間

ソルセルでは過去の発電実績などから売却価格の概算を出していますが、

スピード重視で早く売りたい場合は、概算価格(適正価格)よりも若干安くした方が買い手がつきやすいので、売却益が得られるのが比較的はやいです。

適正価格より安く設定した場合、その物件をご案内したお客様50%のお客様が検討段階に進みます。

50%となると意外と少ないと思ったかもしれませんが、ほとんどの方が新規中古問わず複数物件を比較検討してより良いものを購入希望するため、すぐ売れる売却価格でもこれくらいの割合になるのです。

およそ3ヶ月以内に売却先が決まることが多いです

ソルセルでは最短で1週間の実績もあり、思ったより売却がスムーズに決まることもあります。

②概算よりとほぼ同じ価格で売却したい場合の成約までの期間

概算とほぼ同じ価格で売却する場合、20~30%のお客様が購入検討段階に進みます。

この場合、売却が決定するまでに3ヶ月~半年以内かかるケースが多いです。

名義変更にかかる期間と合わせると半年〜1年と考えたほうがよいでしょう。

③高めの金額で売りたい場合の成約までの期間

概算価格よりも高めの売却価格で出品する場合、5%のお客様が検討段階に進みます。

他の物件を複数比較検討するにあたって、値段が高めの場所となると購入を見送るケースがほとんどです。

運が良ければ売れる程度に考えておいたほうが良く、実際に売却先が決まる日数は半年以上かかることがほとんどです。

すぐ売却したい方にはおすすめしません。

とはいえ、太陽光発電の投資に踏み切るときや買い増しをするときは、「信販が利用できる」「現金で変える」「引き渡しまでの日数が短い」といった理由で購入を決めるケースも割と多いので、絶対に売れないというよりはどちらかというとタイミング次第です。

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

売却価格は途中で変更しないのが吉!

「太陽光発電の販売を開始したあと、一定の時間が経過しても売却できなかったら売却価格を見直す」という考え方は、とても良い案のように思えますが、必ずしもそうではありません。

ソルセルの経験上、最初の売却価格が高値の場合、そもそもの物件のお問い合わせが来ないので値段交渉をすることもできません。

太陽光発電が売れないからと言って、売却価格を少しずつ下げたとしても契約につながるような良いお問い合わせはこないのです。

やはり、最初から適正価格で売り出した物件の方がより早く、そして高値で売却することができます。

価格の折り合いがつかない場合は、ある程度時間をおいてから再度太陽光発電の売却を検討することをおすすめします。

SOLSEL(ソルセル)の売却実績例をご紹介!

ここまで稼働済み太陽光発電の売却価格について長々と説明してしまいましたが…(笑)

SOLSELで太陽光発電を売却していただいたお客様からの口コミで一番多いのが他社の見積もりの中で圧倒的に概算価格が高いという嬉しい口コミです!

稼働年数が経過していても、出力抑制の対象地域にある物件も満足できる価格で概算をお出ししています。

下記は一例ですが、実際の概算価格なのでぜひ参考にしてみてください!

​​Aさん(50代・男性)
売却理由 現金が必要になったため
物件所在地 千葉県
経過年数 5年
売電実績/年 1,785,000円
概算金額 12,870,000円
売却(現金化)までにかかった期間 1ヶ月半

 

​​B株式会社
売却理由 もともと節税のために購入したため
物件所在地 静岡県
経過年数 2年
売電実績/年 3,100,000円
概算金額 23,520,000円
売却(現金化)までにかかった期間 3ヶ月

 

​​Cさん(70代・男性)
売却理由 管理が大変になってしまった
物件所在地 宮崎県
経過年数 8年
売電実績/年 3,270,000円
概算金額 19,000,000円
売却(現金化)までにかかった期間 4ヶ月

いますぐ太陽光発電を売却する予定はないという方も、すぐにでも売りたいという方も、ぜひ一度売却金額を査定してみませんか?

査定は、

・稼働年数
・売電実績
・物件所在地

などの情報が必要となりますので、あらかじめ用意しておいていただくとより早く金額をお伝えすることができます♪

査定をご希望される方はこちらのページから「無料シミュレーション」をクリックし、必要項目を入力してください。

ちなみに10/31までに無料シミュレーションをした方は概算金額がアップされるキャンペーンを実施しています!

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

稼働済み太陽光発電を高額で売るためのポイント

太陽光発電を高値で売るためには、設備のメンテナンスが欠かせません。

事前にメンテナンスを完了させておきましょう。最低でもチェックしておきたい項目は以下の項目です。

  • フェンスが設置されているか
  • 監視装置の有無
  • 草刈りなどの手入れが行き届いているか
  • 防草シートがついているか
  • 高額な維持管理契約をしていないか
  • 鳥のフンやごみ問題がなくキレイに管理されているか
フェンスが設置されているか

安定した太陽光発電の稼働や感電防止のため、20kW以上の太陽光発電には必ずフェンスを設置しなければいけません。

フェンスが設置されていないと、固定価格買取制度の認定が取り消される可能性があります。

そもそもフェンスが設置されていない太陽光発電は、改正FIT法やガイドラインに沿った運用ができていないということです。

そうなると、当然買い手がつきづらくなります。

よって、売却前にはフェンスの設置が必須です。

ただし、第三者が立ち入らない私有地にある太陽光発電や、営農型太陽光発電をしている場合はフェンスは不要です。

監視装置の有無

最近、監視装置の必要性を感じている方が増えているので、監視装置が設置されている太陽光発電の方が購入対象者の幅が広がります。

実際、買主様の問い合わせでは監視装置がついているかの質問をされることが多いです。

しかし、必ずしも売却するにあたって設置する必要はありません。

「あったら嬉しいな」という程度で、設置しているから高値で売却できるというわけでもないのです。

草刈りなどの手入れが行き届いているか

いくら好立地で利回りのいい物件でも、草が生えていたり、周辺の木でパネルに影が入っていると買い手がつきづらいです

太陽光発電の売却前に必ず手入れをしておきましょう。

買主様の中には現地確認を希望される方もいるので、売却を検討しているのであれば、きちんと手入れをしてから売りに出すことをおすすめします。

防草シートがついているか

こちらも必須事項ではありませんが、防草シートがあることによって、トータルの年間維持管理費を安くすることができるため、維持費を抑えたい方には喜ばれます。

高額な維持管理契約をしていないか

せっかく安定的に稼げる太陽光発電でも、不当な維持管理契約がある場合は売れにくいです。

維持管理契約が付いている場合、途中で契約を破棄すること、または更新しないことは可能かどうかを事前に確認しましょう。

太陽光発電を維持・管理するために、最も大切なのは草刈と緊急時の駆けつけです。

特に、草刈は売電収入に関わるので、必ず定期的にしなくてはなりません。

もしものときのサポートは、太陽光発電を運用する上で大きな助けになることでしょう。

ソルセルでは、この2点を賄える維持管理契約の外注費は、上限年間収益の8%くらいまでが許容範囲と考えています。

鳥のフンやごみ問題がなくキレイに管理されているか

パネルに鳥のフンが付着していたり、中には、太陽光発電内に近所の方がゴミを捨てていたという驚きのケースもあるんです。

キレイに整備されていない物件は当然売却も難しくなります。

しっかりキレイに管理しておきましょうね。

【購入キャンセルも!?】現地のお手入れは入念に!

中古の太陽光発電を見に行かれる方は、利回りや過去の発電量には納得している方が多いので、購入まで繋がる方がほとんどです。

しかし、そんな方でも、現地を見た途端に「この物件はやめておこう……」と、気持ちがなくなってしまうことも珍しくありません。

他人が大切にしていなかったものを、高い値段では買いたくないと思う気持ちは誰しもあるものです。

せっかく見に来てくれたのだから気持ちよくお取引できるよう、太陽光発電のお手入れは入念にしておきましょうね!

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

太陽光発電仲介業者ソルセルでの売却の流れ・査定項目

ソルセルは中古太陽光発電の売買No1の実績を誇っています。

ソルセルでの査定〜売却完了までの流れは以下の通りです!

①まずはソルセルに売却価格のお問い合わせ
②所有している太陽光発電の売却価格をご提案
③売却価格が決まったら買い手を探す
④売却先が見つかったら名義変更
⑤名義変更の申請をして承認を待つ
⑥名義変更の申請が通ったら売却完了

①まずはソルセルに売却価格のお問い合わせ!

ソルセルでの査定の流れ

「太陽光発電を売りたい!」と思ったらまずはお問い合わせください。

太陽光発電の売却のお問い合わせ自体は30秒〜1分程度で完了します。

その際に、『いつまでに売りたいのか』を事前に考えておくのをおすすめします。

太陽光発電の売却についてのお問い合わせはこちらからできます。

②所有している太陽光発電の売却価格をご提案

お問い合わせいただいた情報を元にソルセルが、売却の相場価格をご提案させていただきます!

査定項目は以下の通りです。

経過年数
・物件所在地
・各年の売電収入

これらの査定項目から、シミュレーションをし、概算を出す流れとなります。

③売却価格が決まったら買い手を探す

売却価格が決まったらさっそく買い手を探します。

中古の太陽光発電の場合、実際に現地を見てから購入を決めたいという方も少なくありません。

いつ声が掛かっても良いように、現地のお手入れはしっかりしておきましょう!

④売却先が見つかったら名義変更

めでたく売却先が決まったら名義変更の手続きを行います。

太陽光発電の名義変更は手続きに必要な項目が多いため、かなりの時間と手間がかかります。

1人でやるのにはかなり体力のいる作業なので、是非とも代行を利用するのがおすすめです。

もちろん、ソルセルでもお手伝いできますので、ぜひ担当者にご相談してください!

太陽光発電の名義変更についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

⑤名義変更の申請をして承認を待つ

ここがかなりの落とし穴で、申請から変更完了までの期間は1〜3ヶ月程度かかることもあります。

書類漏れや確認事項があると、もっと期間が伸びてしまう可能性もあります。

極端な話、今日明日売れる価格に設定したとしても、名義変更に時間がかかるためすぐに売却益が手に入るわけではありませんので要注意です。

最低でも半年前には動いておくのが無難です。

⑥名義変更の申請が通ったら売却完了!

申請が通ったら売却の手続きは完了です。

1人で調べて行うのと業者を通すのとでは難易度が全く異なります。

一見難しそう・面倒くさそうに見えますが、仲介業者を介せば流れ作業でできるのでぜひとも活用するのをおすすめします。

まずは、お気軽にソルセルにご相談くださいね!

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

太陽光発電の売却益にかかる税金

一般的に、不動産を売却すると売却益に応じて所得税がかかります。

それと同様に、太陽光発電を売却すると売却収入が所得に含まれます

そのため、個人の売主でも法人の売主でも売却完了すると確定申告の義務が生じるので、納税しなければなりません

ただし、個人が太陽光発電を売却すると累進課税が適用されるので、売却益が大きければ大きいほど納税額が大きくなってしまいます。

また、個人で太陽光発電を売却する場合、法人とは違って譲渡所得とされることを覚えておきましょう。

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

太陽光発電の売却時には名義変更の手続きが必須

太陽光発電の名義変更が完了するまで数ヶ月の期間を要します

名義変更は、設置者・売電契約者・メーカー保証やメンテナンス事業者などが必要です。

なるべくスムーズに手続きを進められるように、必要な書類はすべて揃えてから売却するようにしましょう。

こちらの記事で、太陽光発電の名義変更について詳しく解説しているのでご確認ください!

太陽光発電の名義変更についての記事はこちら

▶︎太陽光発電の名義変更の方法を解説!代行手続きがおすすめの理由とは?

まとめ

中古太陽光発電のニーズは、どんどんと増えてきています。FIT価格が低下していくにつれて、さらに中古太陽光発電の市場は賑わいを見せることが予想できます。

すぐに売却を考えている方はもちろん、いずれ売却をしようかなと考えている方は、「売りたい!」と思ったときにすぐに売却できるように、常日頃から維持管理をしっかりとし、必要書類を揃えておくようにしましょう。

ソルセルでは、「太陽光発電の売却を考えている」「本当に売れるの?」「持っている太陽光発電の売却価格がどのくらいになるのか知りたい」などのご相談も承っております!

まずはお気軽にお問い合わせくださいね!

\〜10/31のお申し込みで買取価格UP/

【30秒で申し込み完了】
売却額の無料シミュレーションはこちら

電話問い合わせ:0120-314-589
(営業時間平日10〜19時)
※電話の際は「ソラチエを見た」と伝えるとスムーズです。

関連記事

▶︎【2021年版】公務員の副業におすすめの投資8選!安定して儲かるのはどれ?

▶︎太陽光発電所の売却方法を解説!太陽光が高値でも売れる価格とは?

▶︎太陽光発電投資でローリスクに稼ごう!失敗を防ぐ方法と利回りを解説

▶︎太陽光発電のメリット・デメリットを解説!将来性と今後の課題は?

▶︎太陽光発電はつけないほうがいい?おすすめしない人の5つの特徴

▶︎太陽光発電へ屋根を貸すのは本当にお得?仕組みや賃料など解説

▶︎太陽光発電(ソーラーパネル)の発電量計算方法と発電効率を上げる方法

▶︎太陽光パネルの価格相場と寿命は?国内産と海外産のメーカーを比較

▶︎太陽光発電に土地貸しするメリットやデメリット、賃料など解説

▶︎【太陽光発電】維持費はいくらかかる?投資にかかる費用を詳しく解説!

▶︎シン・エナジーは確実に電気代を安くしたい人から口コミで大人気!評判や料金プランについて解説

▶︎あしたでんきはガスとのセット割はないけどとにかく安いと口コミでも評判!料金・キャンペーンを解説

▶︎【ダブル発電とは】省エネと創エネで暮らしが快適になるメリット・デメリット

▶︎【東京ガスの電気プランの評判と口コミ】今なら基本料金3ヶ月無料のキャンペーン実施中!

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

太陽光発電の売却問い合わせ