太陽光パネルの価格相場は?国内産と海外産のメーカーを比較

太陽光パネルの寿命

太陽光パネルは発電量を左右するため、どれを選ぶかによって売電収入に大きく関わります。 そのため、なるべく多くの電気を発電するように発電効率が優れている太陽光パネルを選びたくなりますが、発電効率で選ぶと価格がグッとあがり初期費用が高額になってしまいます。 この記事では、太陽光パネルの価格相場や国内メーカーと海外メーカーの比較などを説明してきます。

 

太陽光パネルの仕組み

太陽光パネルは複数の太陽電池から構成されていて、その太陽電池は主に半導体で出来ています。

種類によって発電方法は異なりますが、2種類の半導体が太陽光に当たることで半導体がパネル上で動き、その運動により電気が生み出されるという仕組みです。

太陽光パネルの価格相場は?

太陽光発電パネルの価格相場

太陽光パネルの1枚あたりの大きさは約1.5m×1mほどで、パネル1枚の発電出力はメーカーによって異なりますが、200W~300W程度です。

太陽光パネルの価格は、1枚あたりの発電出力が大きくなるにつれて価格が高くなります。

パネルの価格は、メーカーや日本産か外国産かどうかによって異なるので、多少のバラツキはありますが、概ね70,000~160,000円ほどです。

10kW以上50kW未満の低圧の産業用太陽光発電の設置を考ているのであれば、パネル1枚の出力が180W~250Wで、100,000円程度のパネルをおすすめします

【徹底比較】太陽光パネルの種類による価格と寿命の違い

太陽光パネルの寿命

太陽光パネルの価格は、パネルの種類によって異なります。

主な太陽光パネルの種類は、単結晶シリコン、多結晶シリコン、アモルファスシリコン、ヘテロ接合型、CISがあります。

初期費用を抑えたい方は、単結晶シリコン・多結晶シリコン・アモルファスシリコンのパネルがおすすめです。

多少初期費用が高くなっても、発電効率を優先する場合は、CISのパネルが経年劣化も比較的遅いのでコスパが良いです。

「とにかく価格の安い太陽光パネルがいい!」と価格重視で選ぶ方も多いですが、価格があまりにも安いと経年劣化が早く、寿命短かったり、短期間で発電量が少なくなってしまう可能性があります。

価格と合わせて経年劣化や発電効率も抑えておくようにしましょう。

太陽光パネルの寿命と経年劣化については、以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてください。

有名太陽光パネルメーカーごとの価格帯

京セラや東芝、シャープ、パナソニックなど、有名メーカーで太陽光パネルが販売されていますが、産業用太陽光発電のためのパネルの場合、価格が公表されていないケースが多いです

どのような特徴のある太陽光パネルがいいかを決めた上で、施工会社に見積もりを出してもらい比較検討するようにしましょう。

施工会社によっては、同じメーカーの太陽光パネルを使用していても見積もりの価格が変わる場合もあります

価格の安い海外メーカーの太陽光パネルを選んでも問題ない?

価格の安い海外メーカーとの比較
SPV Market Research を元に資料作成

現在、太陽光パネルの生産国別出荷シェアは、ほとんどが中国産で、マレーシア・シンガポール・ベトナムなどのアジアが主体となって構成されています。

外国産のパネルの特長はなんと言っても、価格の安さです。

以前では、その安価さから「耐久性が低くて壊れやすい」「発電効率が良くない」と言われていましたが、中国製などの海外産パネルも、技術力が向上し「日本産とは大きな違いがある」という訳ではなくなってきています

当然ですが、太陽光発電は規模が大きくなればなるほど費用も増加します。

投資として太陽光発電の導入を考えるのであれば、低コストでも高品質な外国産のパネルを導入したほうが初期費用も抑えられ、結果として早く利益を生み出すことができます。

また、国産パネルメーカーの保証期間は10~20年なのに対して、外国産パネルメーカーは20~25年と比較的長いこともメリットと言えます。

しかし、外国産パネルメーカーの場合、国内の拠点が国産のパネルメーカーと比べると少ないため、修理や点検がスムーズに進まず、アフターケアやサポート対応に時間がかかります

そのため、参入してきて間もない外国メーカーより、カナディアンソーラーやQセルズなど日本でも導入されている外国メーカーを選ぶのが無難です。

外国産と国産のパネルメーカーを比較すると、このようになります。

価格の安さ 保証期間 対応スピード 安心感
外国産
国産

価格の安さや安心感など、何を重視するかによって外国産にするか国産にするか分かれます

まとめ

太陽光パネル

太陽光パネルは、パネルの種類やメーカーによって価格や発電効率が大きく異なり、最高品質で高価格なパネルもあれば、その半分以下の値段のパネルも存在します。

太陽光パネルを選ぶ際は、住宅用か産業用か、価格を重視するか発電効率を重視するかといったポイントで選択肢が変わります。

今回の記事を踏まえて、規模別おすすめの太陽光パネルは、

種類 国産or外国産
産業用の太陽光発電
(10~49.9kW)
シリコン系の単結晶
(50kWを超えるなら多結晶)
外国産
(価格の安いパネル)
住宅用の太陽光発電
(10kW未満)
シリコン系の単結晶 国産
(サポートが充実してるパネル)

となります。

「どのパネルにしようか迷ってる……」とお悩みであれば、一度ソルセルにご相談ください!

発電所の規模、設置する地域、発電量によってどのパネルが最適なのかアドバイスさせていただきます!

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。