太陽光パネルの寿命・耐用年数は何年?パネル種類によって経年劣化率が変わる!

太陽光パネルの寿命

太陽光パネルの寿命は決して法定耐用年数とイコールではありません。

できるだけ長い間、できるだけ多くの発電量を見込むためには、太陽光パネルの種類別の経年劣化率を知った上で太陽光パネルを選択することをおすすめします。

この記事では、太陽光パネルの寿命だけではなく、長く大切に使うためのメンテナンスや発電しなくなったときの廃棄方法・費用まで解説しています。

 

\専門スタッフが一括サポート/

太陽光パネル(ソーラーパネル)の寿命は10年以上!

太陽光パネルの法定耐用年数

太陽光パネル(ソーラーパネル)の法定耐用年数は、17年と定められています

ここでいう太陽光パネルの法定耐用年数とは、太陽光パネルを会社設備として考えた時に、17年で減価償却するように計算することを意味します。

この17年という年数は、太陽光パネルの本来の寿命ではなく、金属でできた電気設備であるという点から算出しているので、実際のパネルの寿命とは関係ありません。

そのため、いざ太陽光発電を稼働させてみると17年以上発電を続けることがほとんどです。

太陽光パネルの一般的な寿命

法定耐用年数は17年と定められていますが、実際のところ太陽光パネルは17年どころかそれ以上使用することができます。

一般的な太陽光パネルの寿命は、各パネルメーカーが提示している期待寿命を基準にしています。

パネルメーカーの算出しているデータを見てみると、太陽光パネルの期待寿命は20〜30年です。

しかし、あくまで20〜30年というのは期待寿命であり、現在稼働している太陽光発電所の中には30年以上発電している発電所も報告されています

例えば、京セラの太陽光パネルを設置している千葉の佐倉ソーラーセンターは36年間、シャープのパネルを使っている奈良の壷阪寺にある太陽光発電は37年間発電を続けているという実績があります。

\専門スタッフが一括サポート/

太陽光パネルの種類によって経年劣化に差が出る

経年劣化とは、年月とともにその物自体の価値が減少していくことをいいます

太陽光パネルが経年劣化する原因には、パネルの破損・故障はもちろん、パネルの汚染などが上げられます。

これらの原因の一部はメンテナンスによって防ぐことができますが、パネル自体の経年劣化は予防できません。

しかし、パネルの種類によって下記のように経年劣化率は異なります

(パネルの種類) 5年間 10年間 15年間 20年間
単結晶シリコン 3.2〜3.9% 6.4〜7.8% 9.6〜11.7% 11.8〜15.6%
多結晶シリコン 2.3〜2.8% 4.6〜5.6% 6.9〜8.4% 9.2〜11.2%
アモルファスシリコン 5.7% 11.4% 17.1% 22.8%
ヘテロ接合型 2.0% 4.0% 6.0% 8.0%
CIS・CIGS 1.5% 2.8〜3.0% 4.2〜4.5% 5.6〜6.0%

太陽光発電を長期間に渡って運用するのであれば、あらかじめ経年劣化しづらく、頑丈なパネルを選んでおいたほうがいいでしょう。

①多結晶シリコン

多結晶シリコンは、パネルの中でも比較的低コストで導入しやすいというメリットがあります。

多結晶シリコンの経年劣化率は5年で2.3~2.8%で、劣化による発電量は97.7〜97.2%に低下します。

②単結晶シリコン

単結晶シリコンは、他の太陽光パネルの種類に比べ発電効率が良いですが、多結晶シリコンよりもコストがかかる上に、劣化率は5年で3.2~3.9%、発電効率は5年で96.8〜96.1%に低下します。

多結晶シリコンと比較すると劣化速度が早いです。

③アモルファス

アモルファスは、経年劣化率が5年で5.7%となっており、他のパネルの種類と比べると寿命が長いというわけではありません。さらに、結晶のような規則性を持たない分、他のパネルと比べると発電効率が劣ります。

ただし、アモルフォスは低コストで製造することができるので、初期費用を抑えて、短期間で利益を出したい方にはおすすめです。

④ヘテロ接合

パナソニックの太陽光パネルHITの材料となっているヘテロ接合のパネルの劣化率は5年で2%です。

しかもヘテロ接合のパネルの発電効率は、単結晶シリコンよりも優れているので、まさに低劣化高発電効率のソーラーパネルだと言うことができます。

ただ、コストが高いため初期費用を抑えて導入したい方にはおすすめできません

コストを抑えたい方はアモルフォスか多結晶シリコンのパネルがいいでしょう。

初期費用が高くても、発電効率を上げて発電量を確保したいという方にとっては、ヘテロ結合のパネルを導入するとかなりメリットを感じることができるはずです。

⑤CIS

CISは、パネルメーカーのソーラーフロンティアが発売している次世代パネルで、徐々に人気を集めています。

CISパネルは、はじめの1〜2年間は太陽光を浴びることで出力係数が上がることから、この期間は他の太陽光パネルと比較すると発電効率がかなり良いという特徴があります。

CISの劣化率は5年で1.5%であり、5年間の劣化率だけでみると、他のパネルに比べて一番劣化しづらいパネルであるということがわかります。

\専門スタッフが一括サポート/

太陽光パネルを長く使うためにはメンテナンスが必要不可欠

太陽光パネルをできるだけ長く使うためにはメンテナンスが欠かせません。

先ほど説明したように、パネルの種類ごとに劣化率は異なりますが、パネル汚染や草木による影による故障といったパネルの経年劣化の原因となるような外的要因はメンテナンスで防ぐことができます。

資源エネルギー庁は、4年に1度の定期点検を推奨しています。

この定期点検は義務ではありませんが、パネルを長持ちさせるために業者による点検をしておくことをおすすめします。

定期点検以外にも、発電効率を低下させないように年に数回の草刈りとパネル清掃をするようにしましょう

草刈りの目安は、草高30cm程度です。

メンテナンスについては、こちらの記事で詳しく説明しているのでチェックしてください。

【太陽光パネルのメンテナンス費用相場】発電効率が落ちる原因

また、太陽光発電設備の不具合や発電効率の低下は毎日モニターをチェックすることで早期発見することができます

太陽光発電が自宅から離れた場所にある方はこまめにメンテナンスに行くのは難しいですよね。

そして施工技術についてですが、施工業者によってはパネルの取り扱い、基盤や架台の設置技術があまり優れていない業者もあります。

特に、訪問販売や電話営業の場合はこういったケースが多いです。

太陽光発電の設置を決めたら、まずは施工業者選びをしっかりと行うようにしてください。

「面倒だから」という理由で業者選びに手を抜いてしまうと、後から痛い目にあってしまう可能性も十分に考えられます。

見積もりサイトを利用したり、仲介業者に相談することをおすすめします。

\専門スタッフが一括サポート/

太陽光パネルの廃棄には費用がかかる

太陽光パネルの寿命は、冒頭で説明した通り20〜30年です。

30年以上発電を続けている太陽光パネルもありますが、だんだんと発電しなくなるものも当然あります。

発電しなくなったパネルは産業廃棄物として処分が必要となります

産業用太陽光発電の場合、パネルや設備の処分費用は1kWあたり約2万円程度です。

この費用がもったいないからといって、自分で処分しようと考える人もいますが、パネルの中には有害物質を発生する種類もあるので、素人判断で処分するのはとても危険です。

費用はかかりますが、専門の業者に依頼して処分するようにしてください。

資源エネルギー庁では、これまで努力義務であった廃棄にかかる費用の積立を2018年から義務化しています(10kW以上の太陽光発電が対象)

義務化に伴い、定期報告で積立の報告をしばければならないので、太陽光発電の所有者は計画的に費用を積立するようにしましょう。

https://solsell.jp/blog/6780/

まとめ

太陽光パネルの法定耐用年数が17年ということから、17年しか太陽光パネルは使えないと勘違いされていることが多いですが、こまめにメンテナンスをしながら運用することで法定耐用年数どころか期待寿命を上回る年数で発電を続けることができます。

太陽光発電設備を設置する際は、ニーズに合わせた太陽光パネル選びが必要です。

長期に渡って運用を考えているのであれば、CISパネルか多結晶パネルがおすすめです。

中古で太陽光発電の購入を検討している方も売電価格や利回りだけではなく、パネルの種類やメーカーにも着目するようにしてみてくださいね

\専門スタッフが一括サポート/

関連記事

▶︎SOLSEL「まとめてソーラー」はスマホでチェックできる無料発電量監視ツール!

▶︎【2021年版】公務員の副業におすすめの投資8選!安定して儲かるのはどれ?

▶︎太陽光発電所の売却方法を解説!太陽光が高値でも売れる価格とは?

▶︎太陽光発電投資でローリスクに稼ごう!失敗を防ぐ方法と利回りを解説

▶︎太陽光発電のメリット・デメリットを解説!将来性と今後の課題は?

▶︎太陽光発電はつけないほうがいい?おすすめしない人の5つの特徴

▶︎太陽光発電へ屋根を貸すのは本当にお得?仕組みや賃料など解説

▶︎太陽光発電(ソーラーパネル)の発電量計算方法と発電効率を上げる方法

▶︎太陽光パネルの価格相場と寿命は?国内産と海外産のメーカーを比較

▶︎太陽光発電に土地貸しするメリットやデメリット、賃料など解説

▶︎【太陽光発電】維持費はいくらかかる?投資にかかる費用を詳しく解説!

▶︎シン・エナジーは確実に電気代を安くしたい人から口コミで大人気!評判や料金プランについて解説

▶︎あしたでんきはガスとのセット割はないけどとにかく安いと口コミでも評判!料金・キャンペーンを解説

▶︎【ダブル発電とは】省エネと創エネで暮らしが快適になるメリット・デメリット

▶︎【東京ガスの電気プランの評判と口コミ】今なら基本料金3ヶ月無料のキャンペーン実施中!

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。