本サイトにはPRを含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。

初心者でも失敗しない20代の資産運用!おすすめの運用方法や注意点を紹介

20代の若いうちから資産運用について考えておけば、投資への理解や知見が高まり、将来的にお金の余裕が生まれます。

「資産形成」と聞くと難しいイメージを持ったり、「お金に余裕がある人がするもの」と間違ったイメージを持つ20代も少なくありません。

しかし、資産掲載は少額からも可能で、収入の少ない20代でも気軽に始められるのです。

そして、資産運用は始める年齢が若ければ若いほど多くのメリットが得られます。

この記事で紹介する資産運用がおすすめな理由や資産運用の方法、注意点を参考に、早速資産運用を始めてみましょう。

20代から資産運用をしている人の割合は多くない

金融庁が発表している「2021年度(令和3年) 証券投資に関する全国調査(個人調査)」では、将来・老後の生活資金のために金融商品を保有している割合が68.6%となっています。

中でも、株式が18.1%投資信託が14.5%と前回調査よりも上昇しています。

ですが、全体を見ると20代から資産運用をしている割合はそう多くないのが現状です。

20代で資産運用を始めている人は全体の1~2割程度で、他の年代と比べても資産運用をしている割合が少ないのが現状です。

8~9割程度の人が資産運用を始めていないからこそ、20代で資産運用を始めれば他の20代より大きな差を付けられる可能性があります。

20代から資産運用をするのがおすすめな理由

20代から資産運用をするのがおすすめな理由は、次の3つです。

  • 投資期間が長く複利効果が高い
  • 投資リスクを低減できる
  • リスクのある投資にも挑戦しやすい

20代の若いことから資産運用をしておくことで、早い段階で自分に合った投資方法を確立できます。

これにより、低いリスクで大きな運用利益を得られる可能性が高くなります。

投資期間が長く複利効果が高い

資産運用において投資期間が長いと複利効果が大きく、利息が利息を生みどんどんと資産を積み上げていくことができます。

20代ではまとまったお金をすぐに用意できない人がほとんどだと思います。

ですが、少額だとしても20代は定年までかなりの時間があるので、複利効果も他の年代と比べて高いです。

20代のうちから資産運用を始めていれば、大きく資産を増やせる可能性があるのです。

投資リスクを低減できる

資産運用は、基本的に短期間で大きく増やすよりも、長期間でコツコツ増やす方がリスクは少ないです。

もちろん、投資方法によっては大きく稼ぐことも可能ですが、その分資産が減ってしまうリスクもあります。

投資期間が長ければ値動きの幅は小さくなるので、リスクは低いです。

資産運用はそもそも長期的な運用で利益を得ることが目的です。

20代のうちから始めておけば、投資リスクを低減しながら資産を増やせるというメリットがあります。

リスクのある投資にも挑戦しやすい

20代の若いうちに資産運用をしておけば、リスクのある投資にも挑戦しやすいというメリットもあります。

30代、40代になると、結婚や子供の成長が影響してまとまった資金が必要になります。

そのため、リスクを取れずになかなか資産運用をするためのお金を確保できずにいる人も多いです。

ですが、20代であればある程度リスクをとっても今後の仕事や副業で損失が出た場合もカバーできます。

リスクを取った投資で大きく稼げるのは20代のうちといっても過言ではありません。

30代や40代になってリスクをとった投資はかなりハイリスクで今後の生活に支障が出てしまうでしょう。

家族がいるならなおさらです。

そのため、資産運用は20代の若いうちから始めるのがおすすめです。

セミナーバナー

▶︎▶︎▶︎セミナー詳細はこちら◀︎◀︎◀︎

20代がよく利用している資産運用方法は8つ

ここからは、20代がよく利用している資産運用方法を8つ紹介します。

  • 定期預金:少額でいいから資産を増やしたい人向き
  • 財形貯蓄制度:手元にお金があると使い過ぎてしまう人向き
  • 個人年金保険:半強制的に老後の生活資金を貯めたい人向き
  • 貯蓄型保険:万が一自分が死亡した際に金銭を残す必要がある人向き
  • 投資信託:初心者でとりあえず資産運用を始めたい人向き
  • 株式投資:配給や株主優待も受けたい人向き
  • 太陽光投資:リスクを最小限に抑えて副収入を得たい人向き
  • 不動産投資:頭金や保証人をつけて融資を受けられる人向き

定期預金

定期預金は、少額ながらも確実に資産を増やせる資産運用の一つです。

普通預金にお金を入れているよりも金利が高く設定されており、普通預金とは違い預け入れの期間は自由に引き出せないという特徴があります。

定期預金のメリット

  • 普通預金に比べると金利がやや高い
  • 元本は保証される
  • 将来の予定に合わせて期間を選べる

定期預金は1週間~10年程度の期間を自由に選ぶことがてき、預金としてお金を確保しながら資産の確保に向いています。

元本は保証されて、普通預金に入れているよりも資産形成が叶います。

また、期間は1週間など短い期間も設定できるので、収入が少なくこれからお金が必要になる20代でも始めやすいです。

定期預金のデメリット

  • 資産効率が悪い
  • 満期まで原則お金を引き出せない

定期預金は普通預金にお金を入れているとよりも金利が高いですが、他の方法と比べると資産効率が悪いです。

仮に定期預金の金利が0.01%だとしても、100万円を1年預入すると利益は100円にしかなりません。

また、定期預金に預け入れしたお金は原則として満期まで引き出しができません。

解約する際は元本割れのリスクもあるので、慎重に検討する必要があります。

財形貯蓄制度

財形貯蓄制度は、給与かた天引きで行う貯蓄制度で、「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3つがあります。

財形貯蓄制度のメリット

  • ライフイベントに備えて資産形成ができる
  • 財形給付金制度の対象となる
  • 自動的に貯蓄ができる

財形貯蓄制度は、給与天引きで貯蓄をするため最初からなかったものとして自動的に貯まる仕組みを作れます。

また、住宅購入や結婚、出産などのライフイベントごとに目的を意識した資産形成が可能で、効率良く資産を作れます。

企業が積み立てた給付金がもらえる可能性もあり、従業員と企業に双方のメリットがある制度です。

財形貯蓄制度のデメリット

  • 利用できる人が限られる
  • 所得控除の恩恵を受けられない

財形貯蓄制度は、そもそも勤務先が制度を用意している従業員しか利用できません。

勤務先に財形貯蓄制度がないのなら、利用したくても利用できません。

また、財形貯蓄制度はiDeCoのような全額所得控除の対象にはならず、受取時には税金が発生してしまう点がデメリットと言えるでしょう。

個人年金保険

個人年金保険とは、将来のための資金を計画的に準備できる保険です。

老後の必要生活資金に対して、公的年金に上乗せする目的です。

個人年金保険のメリット

  • 将来の生活資金を計画的に貯められる
  • 個人年金保険料控除を受けられる
  • 保険料を一括払いにすれば受取率が上がる

個人年金保険は、普段の生活で貯金が苦手でも半強制的に将来の生活資金を貯められます。

また、受取時は個人年金保険料控除は受けられます。

一定の条件を満たせば最高で年間4万円の控除が可能です。

すでに終身保険や定期保険に入っている人でも、個人年金保険料控除を利用すれば所得税や住民税を抑えられます。

個人年金保険のデメリット

  • 途中解約すると元本割れのリスクがある
  • 受け取った年金は課税対象

個人年金保険を途中で解約した場合、解約返戻金は払い込んだ保険料よりも小さくなり、元本割れしてしまいます。

個人年金保険の払込期間は20年以上になることも多く、その間にまとまった資金が必要になる可能性もあるでしょう。

そのため、バランスをみて積み立てることが大事です。

また、個人年金で受け取った年金には基本的に税金がかるので、注意してください。

貯蓄型保険

貯蓄型保険とは、自分が死亡した時に死亡保険金を受けられる保険です。

終身保険とも呼ばれ、万が一に備えながら将来のための貯蓄ができます。

貯蓄型保険のメリット

  • 支払った保険料よりも多く受け取れる
  • 万が一の時の備えられる
  • 今後のライフイベントに合わせて用途を選べる

貯蓄型保険は、支払った保険料よりも多くの保険金を受け取れます。

解約内容や解約の時期によっても異なりますが、小さなコストで大きなリターンが得られるのが特徴です。

また、貯蓄型保険は万が一のことが起こった場合に備えつつ、資産を形成できるのが大きなメリットです。

もしものことが起こった時に保険料が無駄になることがなく、貯蓄としても保障としても活用できます。

貯蓄型保険のデメリット

  • 掛け捨て型よりも保険料が高い
  • インフレに対応しにくい

貯蓄型保険は、掛け捨て型の保険と比べても保険料が高い傾向にあります。

保障だけでなく貯蓄機能も備わっているので、将来的に保険料の払込が難しくなってしまう可能性もあります。

また、利率固定型タイプの保険ではインフレが起きた時に資産価値が目減りする可能性もあるのがデメリットです。

投資信託

投資信託は、投資家から集めたお金を一つの資金としてまとめて運用のプロが投資・運用を行い、それで得た成果を投資家に分配する金融商品です。

投資信託のメリット

  • 少ない金額から購入できる
  • 株式や債券などに分散投資できる
  • 投資初心者でも安心

投資信託は、少ない資金で手軽に始められます。

また、投資の基本は分散投資ですが、投資信託では株式や債券などに分散投資ができるので、リスクを軽減して資産運用ができます。

運用は専門家が行うので、初心者でも利益を上げられる可能性が高いです。

投資信託のデメリット

  • 元本保証がない
  • 手数料がかかる

投資信託は、購入した時よりも値下がりすると元本割れのリスクがあります。

市場の動向はさまざまな要因で変わり、ときにはマイナスになってしまうこともあるのです。

また、投資信託の運用は複数の機関が関わるため、手数料が発生してしまいます。

NISAやつみたてNISAなどの税制優遇制度を活用すれば利益を非課税で受け取ることができるため、まずはNISAかつみたてNISAで始めるのがおすすめです。

セミナーバナー

▶︎▶︎▶︎セミナー詳細はこちら◀︎◀︎◀︎

株式投資

株式投資は、投資した企業の成長から得られる分配を受け取れる資産運用の方法です。

株式投資のメリット

  • 値上がり益が得られる
  • 配当金が得られる
  • 株主優待がもらえる

株式投資の最大のメリットは、購入した株の株価が上昇することで得られるキャピタルゲインです。

株を安く買って高く売ることで利益を上げられます。

その他、配当金や株主優待など、投資家にとって大きなメリットが挙げられる可能性が高いです。

株式投資のデメリット

  • 元本割れのリスクがある
  • 相場状況次第で売買できないこともある

株式投資は、株価が値下がりしてしまうと投資資金を失う可能性があります。

特に、知識がない状態で株式投資を始めても、資産を失うリスクの方が大きいです。

また、相場状況で売買したいタイミングで売買できないこともあるので、注意が必要です。

太陽光投資

太陽光投資とは、発電した電気を電力会社に売電することで利益を得る投資方法です。

太陽光投資のメリット

  • 売電収入が得られる
  • 安定した不労所得が得られる
  • 節税対策としても有効

太陽光投資は、太陽光で発電した電気を売ることで収益が発生します。

売電価格は年によっても異なりますが、稼働を開始してから20年は同じ価格で売電収入を得られます。

また、消費税還元が受けられるだけでなく、減価償却や特別償却の対象になるので、税金負担を抑えることも可能です。

太陽光投資のデメリット

  • 天候で発電量が左右される
  • 台風や地震などの影響を受ける可能性がある

太陽光発電の発電量を晴天時に100%とすると、曇りの日や雨の日は10%~40%と下がり、利益が変動してしまう可能性もあります。

また、太陽光活電システムは基本的に屋外に設置し、台風や地震などの影響で壊れたり、定期的なメンテナンスで利益よりも費用の方が高くなるケースもあります。

初心者向け!太陽光投資セミナーが熱い!

SOLSELのセミナーは初心者向けのセミナーです。

太陽光発電の基礎知識をはじめ、メリットやデメリット、リスクや対策、物件選びのポイントなどを初心者でも分かりやすいように解説しています。なぜ今太陽光発電が注目を集めているのか?など、太陽光発電に関する情報満載です。

セミナー後には質疑応答の時間を設け、どんな疑問や質問にも納得いくまで答えてくれ、不満や疑問をその場で解決します。

融資のコツや節税の裏技など、知れば知るほどお得な情報も聞けます。

セミナーに参加した方には、セミナー参加者限定の特典も用意しています。

「太陽光発電で投資を考えている人」や「投資とまでは考えていないけど太陽光発電は気になる」という方は、ぜひセミナーに参加してみてください。

 

不動産投資

不動産投資は、何らかの不動産を購入して第三者に貸し出すことで、その家賃を利益として受け取る投資方法です。

不動産投資のメリット

  • 節税効果を得られる
  • 保険の代わりになる
  • インフレに強い

不動産投資は、所得税・住民税の控除が受けられます。

手元にキャッシュを残しながら節税を受けられるのはメリットと言えるでしょう。

また、不動産は現物資産であるためインフレに強く、インフレによる目減りが少ない点もメリットです。

不動産投資のデメリット

  • 投資金額が大きくなる
  • 空室リスクがある

不動産投資では、他の投資商品と比較して投資金額が大きいです。

都内の中古マンションを購入する場合、1,000万円以上するケースがほとんどです。

そのため、そもそも高額で手を出せない人も多いでしょう。

また、不動産を購入しても入居者がいないと家賃収入は発生しません。

セミナーバナー

▶︎▶︎▶︎セミナー詳細はこちら◀︎◀︎◀︎

20代におすすめな投資サービスはこれ!

20代におすすめな投資サービスは次の3つです。

  • NISA・つみたてNISA
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • ソーシャルレンディング

NISA・つみたてNISA

NISAは「Nippon Individual Savings Account」の略で、購入した金融商品にかかる利益が全て非課税になる制度です。

NISA つみたてNISA
運用期間 5年 20年
非課税投資枠 120マ年 40万円
取り扱い商品 株式・投資信託・ETF 投資信託・FTF
口座開設手数料 無料 無料
途中の引き出し いつでも可能 いつでも可能

NISAの運用期間は5年と比較的短く、120万円という大きな非課税枠が特徴です。

一方で、つみたてNISAは20年間運用できる代わりに、年間上限投資額が40万円となっています。

NISA・つみたてNISAは2024年から新制度に生まれ変わり、非課税枠の増額や運用期間が無期限になるなど、投資で資産運用がしやすくなる仕組みに生まれ変わります。

最大のメリットは、投資で得た利益が非課税になるという点です。

通常であれば20.315%の税金がかかりますが、NISAでは全て非課税です。

利益分を運用に回して、複利効果を得ればより多くの収入が得られる可能性が高くなります。

また、最低購入額100円の金融機関を選べば、100円からの少額投資も可能です。

100円であれば誰でも気がるに始められるでしょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、公的年金にプラスして給付を受けられる私的年金です。

自身で申込、掛金を拠出して、自分の好きな運用方法で掛金を運用します。

iDeCo(個人型確定拠出年金)では掛金と運用益、給付を受ける時に税制上の優遇制度が講じられ、より豊かな老後生活を送るための資産運用ができます。

掛金は65歳になるまで拠出可能で、原則60歳になるまで受け取りはできませんが、年金として受け取る際は公的年金控除の対象になるので、大きな控除に期待できるのです。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、企業が不特定多数の出資者から資金を調達する融資型クラウドファンディングです。

基本的に募集される時に想定金利が決められており、投資家は金利を利益として受け取れる仕組みです。

ソーシャルレンディングの投資対象には、次のようなものがあります。

  • 不動産投資
  • 株式投資

平均の利回りが約4%と高い水準になっており、高利回りに期待できます。

また、投資は何十万円もかけて行うイメージが強いですが、ソーシャルレンディングは1万円からできます。

毎月1万円ずつ少額投資をするなどをしていけば、計画的に資産運用ができるのが強みです。

不動産クラウドファンディングおすすめ20社を比較!儲からないって口コミは本当?

20代から資産運用をする際の注意点

ここからは、20代から資産運用をする際の注意点を2つ紹介します。

  • 娯楽にかけられるお金が少なくなる可能性がある
  • 利益が出るまで時間がかかる可能性がある

娯楽にかけられるお金が少なくなる可能性がある

20代は収入が少なく、日々の生活や少額の貯金だけで精一杯という人も多いと思います。

そんな状況で資産運用をするとなると、これまで娯楽に費やしていたお金を削って資産運用に回す必要も出てくるでしょう。

飲み会やゲーム、友達との娯楽などに賭けられるお金が少なくなると、日々のストレス発散場所がなくなり、逆に大きな負担となる可能性も高いです。

そのため、自分の今の収入と支出状態を把握して、まずは少額から始めるのがおすすめです。

いきなり数万円以上の資金を資産運用のために充ててしまうと、娯楽にかけられるお金が少なくなるだけでなく、日々の生活にも影響してしまう可能性もあるので注意してください。

利益が出るまで時間がかかる可能性がある

短期的な利益を狙う資産運用もありますが、資産運用は基本的に長期的な目線で資産を増やす方法です。

そのため、利益が出るまで時間がかかる可能性があります。

投資は中長期にわたって行うことで、投資資金を運用して得た利益がさらに運用されていく複利の効果があります。

運用期間が長ければ長いほど大きな利益に期待できますが、すぐに資産が増えるわけではありません。

この点を誤解して後悔する20代が多いので、注意してください。

セミナーバナー

▶︎▶︎▶︎セミナー詳細はこちら◀︎◀︎◀︎

20代で資産運用を始める流れ

ここからは、20代で資産運用を始める流れを紹介します。

  1. 資産運用方法を決める
  2. 利用するサービスを選ぶ
  3. 口座開設や契約手続きをする

①資産運用方法を決める

まずは、資産運用方法を決めます。

この記事で紹介した通り、資産運用の方法はたくさんあり、それぞれでメリット・デメリットが異なります。

リスクをとってでも大きなリターンを得たいのか、コツコツと利益を積み上げたいのかによってもおすすめの補法が異なります。

自身の資産状況や性格に合った資産運用方法を選びましょう

②利用するサービスを選ぶ

次に、利用するサービスを選びます。

20代におすすめの投資サービスは、

  • NISA・つみたてNISA
  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • ソーシャルレンディング

の3つです。

投資信託や不動産、株式などさまざま金融商品に投資できます。

どのサービスを利用するかによっても投資対象が異なるので、目的に合ったサービスを選びましょう

③口座開設や契約手続きをする

利用する投資サービスを決めたら、口座開設や契約手続きをします。

株式投資や投資信託などで資産運用をするためには、証券会社での口座開設が必須です。

口座開設には運転免許証やマイナンバーカードなどで身分証明書が必要になるので、事前に用意しておきましょう。

口座開設や契約手続きは各サービスや証券会社によっても異なりますが、最短当日で取引ができる証券会社が多いです。

利用者の多いおすすめのネット証券

ここからは、利用者の多いネット証券を4つご紹介いたします。ネット証券の中でも特におすすめですので、口座を開設する前にぜひ参考にしてください。

SBI証券

SBI証券

口座数 1000万口座
NISA
積立NISA
IPO実績 89社(2022年)
投資信託 2,684本
外国株 5,400銘柄以上
ポイント Tポイント / Pontaポイント / dポイント / Vポイント(クレカ積立)

SBIホールディングス傘下の国内最大級のSBI証券は、取扱商品の豊富さや安い手数料、使い勝手など、メリットが多く利用者が多いことでも知られているネット証券です。

SBI証券での取り扱い商品は、SBI証券では、国内株式、外国株式(米国、ロシア、中国、韓国、その他アジアの5ヶ国)、投資信託、FX、先物取引、オプション取引など、多岐にわたります。

また、国内株式の売買手数料は業界最安水準で、初心者から上級者まで幅広いユーザーが利用しています。

マネックス証券

マネックス証券

口座数 216万口座以上
NISA
積立NISA
IPO実績 61社(2022年)
投資信託 1,300本以上
外国株 4,900銘柄以上
ポイント マネックスポイント

大手証券会社であるマネックス証券は、米国株の取引に強いことで有名な証券会社です。

マネックス証券では「マネックスアドバイザー」を提供しており、運用プランの提案から、自動的に積み立てる機能を活用するなど、投資初心者でも心配することなく投資をスタートできます。

マネックス証券にはマネックスアドバイザーが駐在しています。マネックスアドバイザーにより、運用プランを提案してくれます。

また、マネックスカードとも連動しているので、カードのポイントも貯まります。

 

松井証券

松井証券

 

口座数 145万口座以上
NISA
積立NISA
IPO実績 54社(2022年)
投資信託 1,600本以上
外国株 2,700銘柄以上
ポイント 松井証券ポイント

証券業界や投資家の間で老舗として有名な松井証券は、高い評価を得ている証券会社です。

業界でいち早くインターネット取引のサービスをスタートさせるなど、時代の変化に柔軟に対応してきている証券会社です。

松井証券では、投資に関する商品は基本的に全て取り扱いがあり、FXやNISA、iDeCoなどの新しい投資にもいち早く対応してきました。

キャンペーンも豊富に取り揃えており、キャンペーンを利用してお得に投資を始めましょう。

GMOクリック証券

GMOクリック証券FXネオ

口座数 100万口座以上
NISA
積立NISA
IPO実績 0社
投資信託  130本以上
外国株 4,900銘柄以上
ポイント

GMOクループが運営している証券会社が、GMOクリック証券です。

GMOクリック証券は、FX、CFD、株、バイナリーオプションなどの取引手数料が0円で取引できる証券会社です。

取引コストが安いことで有名で、口座開設・維持費用が無料なのはもちろんのこと、手数料無料で入出金もできます。

高機能の取引ツールが用意されているため、パソコンでもスマホでも、使いやすい方を選んで取引可能です。

20代の資産運用に関するFAQ

最後に、20代の資産運用に関するよくある質問に回答していきます。

次のような質問に回答していきますので、参考にしてください。

  • 資産運用のポートフォリオって何?
  • 月にいくら資産運用に回すのがいい?
  • 会社員におすすめの資産運用方法は?
  • 女性におすすめの資産運用方法は?
  • 絶対に失敗しない資産運用方法は?

資産運用のポートフォリオって何?

資産運用のポートフォリオとは、いろいろな資産の組み合わせを指します。

定期預金、株式、債券、不動産などの自分が保有する資産を組み合わせてポートフォリオを組んでいくことで、資産運用をしていきます。

ポートフォリオの中の資産配分を変えることで、資産運用の方向性が決まります。

ポートフォリオを組むのに正解はありませんが、一般的には、次の4つを考えて組んでいきます。

  • 年齢
  • 家族構成
  • 現状の貯金額
  • リスク許容度

月にいくら資産運用に回すのがいい?

一般的には、年収の約20~25%ほどを資産運用に回すと良いと言われています。

例えば、年収1,000万円の人は毎月の手取りが66万円ほどになるので、約19万円ほどを資産運用に回すのが良いとされています。

20代だと収入が少なく、貯金も少ない状況を考えると給与のうち約15%ほどを貯蓄の目安として参考にしてみてください。

会社員におすすめの資産運用方法は?

会社員におすすめの資産運用方法は、「株式投資」「投資信託」「ソーシャルレンディング」です。

特に、ソーシャルレンディングは少額投資が可能で、元本価額の変動がないことがメリットです。

女性におすすめの資産運用方法は?

女性におすすめの資産運用方法は、NISA・つみたてNISAです。

NISA・つみたてNISAなら株式投資も債権も少額から始めることができ、初心者でも比較的挑戦がしやすいです。

また、頻繁にチャートを見る必要もないので、気軽に資産運用を始められるというメリットもあります。

絶対に失敗しない資産運用方法は?

絶対に失敗しない資産運用方法はありません。

ですが、定期・財形等であればリスクが少なく失敗しにくいです。

財形貯蓄は給料から自動的に差し引かれるので、知らないうちにお金を貯められます。

定期預金は預入期間を決めて利用する預金で、普通預金にお金を入れているよりも金利が高く、収益性が高いです。

しかし、どちらも同様に利率が低いというデメリットがあるので、大きく資産を増やすことは難しいです。

セミナーバナー

▶︎▶︎▶︎セミナー詳細はこちら◀︎◀︎◀︎

まとめ

20代の若いうちから資産運用を粉えば、他の年代と比べても大きな利益に期待できます。

また、金融知識を早い段階から付ければ、今後の生活にも役立つでしょう。

まずは、どんな資産運用方法が合うのかを見極めて、少額から投資にチャレンジしてみることをおすすめします。

監修者コメント

若いうちから積み立て投資を始めるといわゆる福利効果で投資成果を大きくすることができます。

また一定額を投資し続けることにより安いときにはたくさん買い高いときにはあまり買わずに済ませられる(ドルコスト平均法)という形でリスクを低減させることもできます。投資に回せる金額は少なくてもコツコツ運用することで投資にも慣れることができますし、将来の資産形成に大きな差が出てきます。

この記事のおすすめ商品を参考にぜひ資産運用を始めてみてください。

監修者:志塚 洋介

志塚FP

証券会社で個人の資産コンサルティング業務を経験。不動産会社へ転職し管理不動産の入出金管理を行う。

その後独立し、行政書士として独立開業し、相続・遺言の手続き代行など民事を中心に、FPとしては証券会社での経験を活かし資産運用や不動産関連を中心にアドバイスやセミナー、執筆活動など幅広く業務を行っている。
また、YouTubeでの投資情報動画も好評。

専門・得意分野:資産運用・相続・遺言・許認可・各種文書作成

【保有資格の詳細】
・行政書士
・CFP®
・1級FP技能士
・宅地建物取引士
・マンション管理士

公式サイト

関連記事

太陽光発電

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOLSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。