遠隔監視システムは太陽光発電投資を成功させるために必須!選び方とおすすめメーカー

遠隔監視システムとは?

遠隔監視システムは太陽光発電投資を成功させるために必要不可欠なアイテムです。
毎日の発電量をスマホやPCで確認できるだけじゃなく、設備の故障や異常時にアラートを通知してくれることで損失を減らせるというメリットがあります。

この記事では、遠隔装置システムの種類・メーカー・選び方について解説します。
また、複数の太陽光発電所で複数の遠隔監視装置を使用しているオーナー様におすすめの一括管理システムについてもご紹介しています!

遠隔監視システムは太陽光発電投資を成功させるための重要アイテム!

遠隔監視システムとは?

遠隔監視システムは、所有している太陽光発電の発電量を監視するツールです。

遠くの太陽光発電所でも遠隔で監視できるので、故障などの異常事態や発電量低下にいち早く気付くことができ、損失につながるリスクを最小限まで抑えられます。

太陽光発電投資を行う方にとっては遠隔監視システムは必要不可欠なアイテムと言えます。

遠隔監視装置の監視方法

パワコンとの通信で監視する方法

RS485方式の通信方法で、通信機能付きのパワコンと通信することでデータを監視する方法です。

後ほど説明するCTセンサーで計測する遠隔監視システムに比べて導入費用がやや高くなりますが、CTセンサー計測の遠隔監視装置よりもよりデータが正確で、回路ごとの発電量などのデータを収集することができます。

パワコンと通信してデータを集めるため、パワコンの故障なども監視することも可能です。

CTセンサーの計測で監視する方法

CTセンサーでの計測は、パワコンから電力系統へ送電するための電線に電流量を測る器具を取り付けることで発電量を計測する方法です。

パワコンとの通信で監視する方法と比較すると低価格での導入が可能ですが、収集できるデータ量がRS485方式の通信方法よりも少なくなります。

とはいえ監視に必要な発電量などはチェックでき、さらに、通信機能がついていないパワコンや遠隔監視装置に対応していないパワコンを設置している場合でも使用することができるので、利便性は良いです。

3G回線対応の遠隔装置システムは使えなくなる…!4Gへの切替を忘れずに!

遠隔監視システムは3G回線か4G回線、もしくは3Gと4G両方に対応しているシステムがあります。

しかし、3G回線2026年末に停波することが決まっています。現状3G回線しか適応していない遠隔監視装置の場合、2026年末をすぎるとデータの獲得ができなくなってしまいます。

これから遠隔監視システムの設置を検討する場合は、はじめから4G回線対応の遠隔監視装置を選択しましょう。

現状で3G回線のみ対応の遠隔監視システムを使用している場合は、4G回線への切り替えを忘れずに行ってください。

発電量などのデータが取得できないと、太陽光発電所の異常事態や発電量が低下していることに気づけず、太陽光発電投資で失敗してしまう可能性があるので要注意です!

遠隔監視システムのメーカー

①みえるーぷ

(出典:みえるーぷ

太陽光発電の普及に力をいれているLooopが提供している遠隔装置システム「みえるーぷ」。

みえるーぷは、低圧だけではなく高圧の太陽光発電所まで使用することができます。

監視方法は、パワコンと接続してRS485で通信する方法です。

30台のパワコンまで接続可能となっています。

②エコめがね

(出典:エコめがね

エコめがねはNTTスマイルエナジーが提供する遠隔監視システムです。

対象となる太陽光発電所は50kW未満ですが、監視システムの種類が豊富なのでCTセンサーによる計測もパワコンに接続して監視することも可能です。

スマホからいつでも発電量や売電収入を確認することができ、毎月レポートとして記録してくれる機能や異常事態発生時にアラートを通知してくれる機能も搭載されています。

エコめがねの遠隔装置システムは、3G・4Gどちらの通信回線も使用でき、システム本体の費用と手数料、通信回線費用を含んだ10年プランと毎月費用を払うレンタルプランが適用されます。レンタルプランの場合、初期費用は無料でシステムの導入が可能です。

③ひだまりeyes

(出典:ひだまりeyes

ひだまりeyesの遠隔装置システムには、
・低価格
・監視できるパワーコンディショナの台数がRS485通信なら最大30台、CT計測なら最大99台!
・シンプルで発電量をチェックしやすい管理画面
という特徴があります。

万が一の異常時にアラートメールを送信してくれる機能が付帯しているため、遠方にお住まいの方やこまめに管理画面を確認できない方でも安心です。

また電気工事士の資格は必要ですが、遠隔装置システムの設置自体は簡単に行えるので設置した当日から監視システムを利用することができます。

導入価格は以下の通りで、比較的低価格での導入が可能です。

価格 198,000円(税別)※CTセンサーは除く
年間使用量 36,000円(税別)※低圧一区画の場合

また、価格は変わらず198,000円のままで監視カメラをセットで導入することも可能です。

④ソーラービューコンパクト

(出典:コンテック公式サイト

コンテック社から販売されているソーラービューコンパクトは、RS485通信のパワコンでの監視が可能です。

コンテック社のパワコンはもちろん、オムロンやパナソニック、HUAWEIなどの約20社のパワコンと接続できます。(接続可能なパワコンの詳細はこちら

他の遠隔監視システムと同様に、異常時にアラートを通知する機能やwebで履歴のチェックができる他、収集したデータをCSVに保存することでデータの分析や共有なども可能となっています。

公式サイトから165,000 円(税込)で購入できます。

遠隔監視システムの選び方

①スマホで管理できるシステムを選ぶ

太陽光発電は太陽が昇っている時間帯は発電し続けます。

24時間いつでもスマホで発電量を確認できる方がトラブルや故障に気付くことができますよね。

管理画面の操作が難しくないか

遠隔装置システムで、発電量や売電収入を確認する際に、操作が難しいと監視システムを見るのが面倒になったり、エラーを見つけられなかったりといった問題が生じる可能性があります。

操作も簡単で管理画面が扱いやすいかも選択肢として考えましょう。

太陽光発電オーナー必見!すべての情報をまとめて見える化

まとめてソーラーとは

遠隔装置システムは、太陽光発電所1基につき1台必要です。

複数太陽光発電を所有している場合は、1基ずつ登録し、1基ずつ管理画面を確認しなければなりません。

そのため、複数台所有しているオーナーからは「面倒くさい」「エラーの見落としがあってかなり損失を出してしまった」という口コミが聞かれていました。

このような遠隔遠隔での管理をより簡単に、より楽にしたのが、ソルセル開発の「まとめてソーラー」です!

まとめてソーラーは、これまで1台ずつ確認しなければならかった遠隔監視システムを、ひとつにまとめて1台で管理できるサービスです。

複数の太陽光発電を所有している場合は、1つずつログインして確認して、ログアウトして、またログインして…

この作業が必要でしたが、まとめてソーラーは1回のログインですべての太陽光発電の発電量・売電収入を確認することができるのです!

近日アプリもリリースされてより利便性が向上される予定の「まとめてソーラー」。

登録は無料なので、太陽光発電オーナーは一度試してみてくださいね!

まとめ

遠隔監視装置は太陽光発電投資を成長させるためには必要不可欠のツールです。

現状3G通信の監視システムを設置している場合は4Gへの切り替えを忘れずに行いましょう。

また、複数台所有していて管理が大変!面倒!という方はまとめてソーラーに登録し、より売電収益を増やしませんか?!

関連記事

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。