新電力の仕組みをわかりやすく解説!どうして電気代が安くなるの?

新電力の仕組み

「新電力に切り替えると電気代が安くなる」なんてことを聞いたことがある方は少なくないでしょう。

電気代を節約したいと考えている人にとっては新電力はとても気になりますね。

しかし、新電力とは何なのか分からなかったり、停電になったりしないか心配だったりするかもしれません。

そこで今回は、新電力の仕組みの基本的な解説と、新電力に関する疑問を取り扱っていきます。

【新電力とは?】電力自由化で電気事業に参入した電力会社

新電力の仕組み

新電力とは、2016年4月に一般家庭向けの電力小売自由化が開始して以降、新たに電力事業に参入した電力会社のことを指します。

電力自由化以前では、東京電力や関西電力などの大手の電力会社しか電気の販売ができなかったため、私たちは住んでいる地域の大手電力会社から電気を買うしかありませんでした。しかし、電力自由化により多くの新電力会社が登場したことで、私たちはどの会社から電気を買うか自由に選べるようになりました。

新電力からの電気供給の仕組み〜電気が作られてから届くまでの流れ〜

電力がつくられてから届くまでには「発電部門」「送配電部門」「小売部門」の3つの部門が関わってきます。

新電力の供給の仕組み

(出典:電力供給の仕組み|電力小売全面自由化|資源エネルギー庁

発電部門は、火力や太陽光など様々な発電所を運営し電気を作る部門です。

送配電部門は、発電所から各家庭など消費者のところまでの電線など送配電に必要な設備・システムを管理している部門です。電力の安定供給や停電の防止を担っており重要度が非常に高いため、電力自由化が全面的に実現した現在でも、この送配電部門は国や許可された10社など信頼性の高い組織のみが担当しています。

小売部門は、電力を消費者に販売する部門です。料金プランの設定や、電力契約を行なっています。私たち消費者が普段関わるのはこの小売部門であり、新電力会社はサービスの内容や価格などで他者と差別化しようと様々なプランを打ち出しています

大手電力会社から新電力にすると電気料金が安くなる理由

新電力にすると電気料金が安くなる仕組み

新電力の料金プランは、大手の電力会社より安く設定されているところが多いです。ここでは、なぜ新電力会社が電気料金を安くできるのかについて解説していきます。

①電力自由化により規制料金から自由料金へ

電力自由化が始まるまで、電気料金は法律に基づき規制料金(総括原価方式)が用いられていました。規制料金とは、電気を供給・販売するのに必要な費用に一定の利益を加えた額が、電気の販売収入と等しくなるようにする料金設定方法のことです。この方式により電力会社は一定の利益を保証されており、消費者にとっては有利なものではありませんでした。

しかし、電力自由化によって電気料金は自由料金となり、各電力会社は自由に電気料金を設定できるようになりました。

②新電力各社による価格競争

電力自由化以前、電気は各地域に1社しかない地域電力会社から買うしか選択肢がありませんでした。そのため、電気料金が高くても顧客を獲得でき、電気料金を下げる必要性もなかったのです。しかし、電力自由化以降、多くの会社が電力市場に参入しており、今では数百社もの新電力会社が存在しています。

たくさんの競合相手がいる中で、各電力会社には顧客を獲得していく必要が出てきました。そのため、各電力会社は自社のプランに乗り換えてもらうため、他社との差別化を図り、お得な料金プランを打ち出しています

③新電力と他サービスのセット販売

新電力会社には、携帯電話やガス、クレジットカードなど電力以外にメイン事業を持っている会社も多くあります。そのため、メイン事業と電気プランを一緒に契約すると割引になるサービスが提供されています。

また、メイン事業での収益もあるため電気事業のみで大きな収益をあげる必要がなく、電気料金を抑えることが可能になっています。

④経費を削減して運営している

新電力会社では、運営にかかるコストを削減することで電気料金を引き下げています。ここでは、その取り組みの一部をご紹介します。

検針票を発行しない

多くの新電力会社が紙の検針票を発行せず、請求額などはネット上で確認するシステムを採用しています。紙の検針票を発行するには手数料が100円程度かかる場合が多いです。

支払い方法が限定されている

新電力会社では、決済方法がクレジットカードに限定されていたり、コンビニ払いには手数料がかかったりします。コンビニ払いに対応するには、払込票の郵送やコンビニへの決済手数料といったコストがかかるため、これらのコストをなくすことで運営経費を削減しています。

初めての新電力におすすめの電力会社3選

ここまでで新電力がどのような仕組みで運営され、なぜ電気代を安くすることを実現したのかがわかりました。そこで、これから新電力に乗り換えようという人におすすめの電力会社を紹介していきます。

①Looopでんき

Looopでんき

Looopでんきの特徴は、基本料金が0円で従量料金が一定に設定されている点

基本料金が無料になるだけで、年間10,000万円ほどの電気代が節約できます。基本料金は契約アンペア数が大きければ大きいほど高くなるので、同じ時間に一気に電気を使う世帯人数の多いご家庭におすすめです。

供給エリアは、北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中部・四国・九州・沖縄エリア(一部諸島を除く)です。

全国で契約できるので、転勤族の方で住所が頻繁に変わるという方でも継続して利用することができます。

また、Looopでんきはセット割が充実しており、都市ガスだけではなく、太陽光発電や蓄電池とのセット割も利用できます。セット割に申し込むと、一定料金に設定されている従量料金が通常料金よりもさらに値下がりします

これらのセット割は組み合わせて契約することができるので、セット割の条件に当てはまれば当てはまるほど電気代が安くなります。

Looopでんきは電気使用量が多いご家庭や、太陽光発電や蓄電池などを設置しているご家庭、オール電化のご家庭におすすめの新電力です。

②エルピオでんき

エルピオでんき

エルピオでんきの特徴はなんといってもその電気料金の安さ。エルピオでんきは他の電力会社のようにポイントや特典などのサービスが一切ありません。その分電気代を安く抑えた結果、業界でもトップクラスの低価格の料金プランが提供できるのです。

エルピオでんきは、もともとプロパンガスを供給していたエルピオの電気事業なので、プロパンガス(LPガス)や都市ガスとのセット割も提供しています。

ポイントなどのサービスは不要で、とにかく電気代が安くなれば嬉しい!というご家庭におすすめのエルピオでんき。

今なら最大22,000円キャッシュバックキャンペーンも行っているので、新電力への乗り換えを検討している方はこのタイミングでの申し込みがおすすめです!

③CDエナジーダイレクト

CDエナジー

CDエナジーダイレクトの特徴は、電気使用量が少ないご家庭から電気をたくさん使うご家庭まで幅広く対応可能なプランを提供していること。

一人暮らしの場合、大手電力会社に契約しているよりもCDエナジーに乗り換えた方が確実に電気代が安くなります!

供給エリアは東京電力の管轄するエリアのみですが、ガスと電気の料金両方が東京電力エリアよりも安いです。そのため、東京電力エリア内ならCDエナジーに乗り換えることで確実に電気代とガス代を安くすることができるというわけです。

さらに、ポイント還元率が高いのも大きな特徴です。CDエナジーでは電気料金100円ごとに1ポイントが貯まり、そのポイントはnanacoやTポイントと交換できたり、電気代の支払いに使うことができます。

電気代を削減できてポイントも貯まる、お得なCDエナジーは新規契約で10,000円分のポイントがプレゼントされるキャンペーンを実施しています!

新電力に関するよくある質問Q&A

新電力に関するよくある質問Q&A

①新電力で停電は増えない?

新たに参入してきた新電力会社では停電が増えたり電力供給が不安定になるのではないかといった心配の声が聞かれます。しかし、新電力だからといって停電になりやすいということはありません。その理由は、新電力に切り替えた後も大手電力会社と同じ送配電システムを用いて電気が供給されるため、停電するリスクも大手電力会社と変わらず、新電力と大手との間で電力供給の品質に差はありません

②新電力会社が倒産したら?

新電力会社は小規模なものも少なくないため、倒産が心配になるかもしれません。実際に倒産した新電力会社もありますが、その場合でも電気の供給が止まることはありません

もし契約している新電力会社が倒産した場合、その会社は契約者にいつ電気が止まるのか通知を出します。その期限までに他の電力会社と契約すれば問題なく電気を使い続けられます。

また、他の電力会社と契約できなかった場合でも、地域電力会社が電気を供給してくれるため、電気が止まることはありません。

③乗り換え手続きは面倒?

大手電力会社から新電力に乗り換えを検討している方の中には、手続きが面倒くさそうという印象を持っている方もいるのではないでしょうか。

新電力への乗り換え手続きは想像しているよりも簡単で、インターネット申し込みを使えば5分程度で申し込みが完了します

手続きは、新しく契約する新電力に契約の申し込みをするだけ!

現在契約中の電力会社への解約手続きは電力会社同士が行ってくれるため、契約者がしなければいけない手続きはありません!

また、多くの新電力は解約金がかからないケースが多いので、新電力はどんなものかまずは契約してお試ししてみたい♪という方も気軽に契約をすることができますね。

(キャンペーンを利用して契約する場合は、契約の条件が提示されていることもあるので事前に確認しておくことをおすすめします!)

まとめ:新電力に切り替えてお得に電気を使おう!

新電力は、従来の電力会社よりお得に電気を利用することができる、私たちにとってとても嬉しい仕組みです。

新しい会社である分、電気供給の安定性や倒産が心配になることもありますが、電気の供給自体が変わるわけではないため、切り替えた後も安心して電気を使えます。

そして、新電力では様々なプランが提供されているため、自分にあったプランを選ぶことで電気代を節約したり、サービスが受けられたりします!

電気代についてお悩みの際は、新電力への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。