本サイトにはPRを含みます。なお、掲載されている広告の概要や評価等は事実に反して優遇されることはありません。

太陽光発電のO&Mとは?導入するメリットや費用、業者選びのポイントを解説

太陽光発電システムの持続可能な運用と最大限のパフォーマンスを求めるには、ただ設置するだけでは不十分です。

その成功の鍵を握るのが「O&M」という維持管理のプロセスです。

具体的にO&Mとはどのような作業を指すのでしょうか?

そして、なぜこれが太陽光発電システム導入において不可欠なのでしょう?

太陽光発電のO&Mについての基本から、導入するメリット、適切な費用の考え方、信頼できる業者を選ぶためのポイントまでをわかりやすく解説します。

太陽光発電の持続可能なオペレーションを目指し、効率的な運営を実現するための知見を手に入れましょう。

太陽光発電のO&Mとは

太陽光発電のO&Mとは、太陽光発電システムの運転管理と保守点検を一貫して提供するサービスのことです。

発電システムの性能を最大限に引き出すためには、定期的な点検や修理が必要ですが、それだけでは不十分です。

O&Mサービスでは、これらの業務を専門的な知識と経験を持つ業者に委託することで、発電事業の効率化と安定化を図ることができます。

太陽光発電のO&Mの業務について以下に説明します。

業務①運転管理(Operation)

運転管理業務とは、太陽光発電システムの発電効率を高めるために行う業務です。

この業務は「発電監視」と「障害対応」の二つの部分に分かれています。

発電監視とは設備の発電状況を常時モニタリングし、発電量の低下や異常を速やかに検知することが任務です。

障害対応では不具合が発生した際に迅速な原因究明と復旧対応が求められます。

業務②保守点検(Maintenance)

保守点検業務とは、設備の正常な稼働を確保するための業務です。

この業務には、定期点検とサイト管理の2つの種類があります。

定期点検では、半年や1年など一定の期間ごとに不具合や故障が発生していないかを調べ、必要に応じて修理や交換を行います。

サイト管理とは、太陽光発電システムが設置されている場所の環境整備を行うことです。雑草やゴミの除去、太陽光パネルの清掃などが行われます。

これらの業務は、太陽光発電システムの性能や寿命に影響する重要なものです。

太陽光発電のO&Mの必要性・導入するメリット

太陽光発電のO&Mの必要性・導入するメリットを次の通り説明します。

  • 太陽光発電のO&Mは法律で義務化
  • 定期的なメンテナンスで故障・不具合を防止
  • 安定した発電と収益の維持が可能

それでは詳しく見ていきましょう。

太陽光発電のO&Mは法律で義務化

太陽光発電のO&Mは、オーナーの自由裁量で実施するものではなく、法令によって義務付けられた点検です。そのため、O&Mを導入しないという選択肢はありません。

また、行政からの要請に応じてレポートを提出することも求められることがあります。これらの業務は、太陽光発電システムの安全性と効率性を確保するために重要です。

定期的なメンテナンスで故障・不具合を防止

太陽光発電システムは、太陽光パネルやパワーコンディショナーといった様々な機器から成り立っています。

太陽光パネルは、日光や雨風に晒されることで汚れや劣化が進みやすい部分です。汚れた太陽光パネルは、発電効率が低下する恐れがあります。

パワーコンディショナーは、太陽光パネルで作られた直流電力を施設内で使える交流電力に変換する装置です。内部の回路に不具合が生じたり冷却機能が正常に働かない場合には、変換できる電力が減少してしまいます。

太陽光発電システムは新品の時は問題が少ないですが、長期間使うと劣化して故障や不具合が起こりやすくなります

O&Mを行うことで故障を未然に防いだり、万一破損した際にも早く修理できるようになるのです。

安定した発電と収益の維持が可能

太陽光発電は環境に配慮したクリーンエネルギーとして注目されていますが、電気代の節約や売電による収入など、経済的なメリットも大きな魅力です。

しかし、太陽光パネルの汚れやパワーコンディショナーの故障などが発生し、発電量が低下してしまうと、期待した収益が得られなくなるリスクがあります。

そこで、O&Mを実施することで、発電状況の常時監視と問題発生時の迅速な復旧対応、並びに定期的な点検による故障の防止などが可能になります。

O&Mは安定した発電と収益の維持に寄与しているのです。

太陽光発電のO&Mにかかる費用

O&Mにかかる費用は、メンテナンスの種類によって異なります。具体的には、主に定期点検、太陽光パネルの洗浄、パワーコンディショナーの交換や修理、保険加入の4つがあります。

これらのメンテナンスにかかる費用の平均値を次に説明しましょう。

  • 定期点検
  • 太陽光パネルの清掃
  • パワーコンディショナー
  • 保険

それでは詳しく見ていきましょう。

定期点検

太陽光発電システムは長期間にわたって使用されるものですので、設置環境や設備の状態に合わせて定期的に点検を行うことが必要です。

太陽光発電システムの種類や規模によって定期点検の頻度や内容は異なりますが、一般的には1回あたり1〜2万円程度の費用がかかります。

定期点検では、太陽光パネルやパワーコンディショナーの性能や効率を測定したり、架台や配線などの劣化や破損のチェックを行います。
万一問題が見つかった場合は、追加費用で補修作業を依頼することができますから安心です。

太陽光パネルの清掃

太陽光発電効率を高めるためには、パネルの定期的な清掃が必要です。汚れが付着すると光の吸収が悪くなり、発電量が減少してしまいます。

汚れの種類によっては自分で清掃することもできますが、砂埃や鳥のフン、花粉などの頑固な汚れは、専門業者にお任せするのがおすすめです。

太陽光パネルの清掃費用は、業者によって異なりますが、一般的には基本料金とパネル単価で計算されます。

基本料金は1万円前後、パネル単価は500〜1,000円前後が相場です。パネルの枚数や面積に応じて費用は変わりますので、事前に見積もりを取ると良いでしょう。

パワーコンディショナー

パワーコンディショナーは、太陽光パネルで発電した直流電力を家庭用の交流電力へ変換する装置です。

パワーコンディショナーの寿命は一般的に10年から20年とされており、メーカーによっては保証期間が設定されています。

保証期間内であれば、故障や不具合が発生した場合には無償で修理や交換が行われます。

しかし、保証期間が切れた後にパワーコンディショナーが壊れた場合は、自己負担で修理や交換をしなければなりません。

修理費用はパワーコンディショナーの容量や故障の原因によって異なりますが、おおよそ数万円程度と見積もられています。交換費用は1台あたり20万円から30万円ほどかかり、高額になります。

保険

事業用太陽光発電の設置にあたっては、様々なリスクに備えるため保険に加入することが一般的です。

保険の種類や内容はさまざまですが、メーカー保証の範囲を超える事故や損害に対しても保険金が支払われます。事業用太陽光発電に関連する保険としては、次のようなものがあります。

  • 火災保険
  • 動産総合保険
  • 賠償責任保険
  • 休業補償保険
  • 出力抑制保険など

動産総合保険では、年間保険料は初期費用の2.5〜3.5%程度となっています。その他の保険では、初期費用の0.3〜3%程度が相場でしょう。

太陽光発電のO&M業者を選ぶ際のポイント

運営・保守(O&M)業者の選定にあたって、何を基準とするべきか悩まれるでしょう。

業者選びの難しさは専門業者の増加に起因していますが、自分の求めるサービスに精通した業者を見つけることが重要です。

太陽光発電のO&M業者を選ぶ際のポイントを、4つ紹介します。

  • 料金に見合ったサービス内容か
  • 点検項目は十分か
  • 営業所が近くにあるか
  • O&Mの実績が豊富か

それでは詳しく見ていきましょう。

料金に見合ったサービス内容か

O&Mのサービス料金にはいろいろなプランが存在し、その費用はかなり高額です。

価格にどのようなサービスが含まれ、価格に見合う品質かよく確認することが重要です。

特に、平均市場価格よりも高めに設定されている場合、その差額を正当化するメリットがあるかの見極めが必要です。

費用対効果が見込める優れたサービスを選択することにより、太陽光発電システムの長期的かつ安定した運用が実現します。

費用削減だけに目を向けがちですが、低価格ゆえに本来必要なサービスが省かれているかもしれません。

点検項目は十分か

安心して太陽光発電システムの運用を続けるためには、点検・保守作業が不可欠です。

4つの主要な点(発電状況のモニタリング、障害への対処、定期的なメンテナンス、発電所の環境管理)がしっかりと盛り込まれているかを確認することが必須となります。

自社のニーズに合わせて、カスタマイズ可能な追加オプションの有無もあらかじめ確認しておきましょう。

営業所が近くにあるか

どんなにすぐれた設備であっても予期せぬ故障や自然災害による影響を受けることは避けられません。

いざという時に素早い対応を望むなら、業者のアクセスの良さを重視しましょう。

営業所が遠方にあると発電所への対応に時間を要し、その間に発電ロスや損傷の拡大などのリスクが増大してしまいます。

したがって業者を選定する際には、営業所までの距離やトラブル発生時の対応時間などを調査し、慎重に判断することが肝心です。

O&Mの実績が豊富か

太陽光発電は長期の運用が前提ゆえ、O&M業者との契約も長期にわたります。

業者の信頼性や安定した運営実績は、契約を結ぶにあたって見過ごせない要素となります。

O&Mサービスを提供する企業が企業再編や倒産により、営業停止となるリスクも考慮すべきです。

支払い済みの費用が戻ってこない危険性もあります。

豊富な経験を持ち多くの実績を誇る業者は、さまざまなトラブルや問題に迅速に対応できるでしょう。

実績の少ない業者と比較してサービス品質の高さを期待できます。

太陽光発電のO&Mに関するよくある質問

太陽光発電のO&Mについて疑問に思う方が多い点について解説します。

太陽光発電のO&M費用はいくら?

2023年12月の資源エネルギー庁の資料から、太陽光発電の年間維持費を見てみます。

容量10kW未満の住宅用太陽光発電の場合、平均年間維持費は約5,800円/kWとなっています。5kWの太陽光発電設備では、年間29,000円程度かかる計算です。

これは、毎年出費があるわけではありません。3~5年ごとに1回程度行う定期点検は、1回当たり約4.7万円が相場です。また、20年の間に1度はパワコンの交換が必要になり、34.5万円程度が相場となっています。

容量10kW以上の産業用太陽光発電の場合、平均年間維持費は約5200円/kWです。100kWの太陽光発電所では、年間52万円の維持費がかかる計算になります。

参考:資源エネルギー庁|太陽光発電について 2023年12月

太陽光発電のO&M業者のランキングは?

太陽光発電O&Mサービスの契約量が多い企業に、「スマートエナジー」「東芝エネルギーシステムズ」「CO2OS」「リニューアブル・ジャパン」といったところがあります。

大手企業は実績が豊富で、拠点数が多いため、サポートに関しても信頼できるでしょう。

業者によってサービス内容が大きく異なります。駆け付けサービスの回数制限や、補償内容など、複数社を比較してO&M業者を選ぶようにしてください。

詳しくは、「太陽光発電のO&M業者を選ぶ際のポイント」を確認してみてくださいね。

太陽光発電のメンテナンスは義務化されている?

太陽光発電所のメンテナンスは、固定価格買取制度(FIT制度)や電気事業法によって、義務化されています。

もし法定通りのメンテナンスがされていなかった場合、FIT認定の取消や、改善命令と言ったペナルティが課される可能性もあります。

太陽光発電のメンテナンスの頻度は?

50kW未満の住宅用・低圧太陽光発電の場合、4年に1度の電気的点検が推奨されています設置1年後に初期不良を見つけるために点検を実施し、その後は4年ごとに実施するのが一般的です。

その他、必要に応じて清掃やスポット点検(異常が生じた際の臨時点検)を行います。

50kW以上の産業用太陽光発電の場合、受電設備は2~6ヶ月に1回、パネル・パワーコンディショナーは6ヶ月に1回の頻度で点検を行います。

その他、パネル清掃や除草作業も年に2~3回必要です。

参考:太陽光発電協会

太陽光発電のメンテナンスをしないとどうなる?

太陽光発電のメンテナンスをしない場合、以下のようなデメリットがあります。

  • 発電量が低下し収入が減る
  • 故障や劣化が放置され火災など大規模災害の原因になる
  • FIT認定を取り消される恐れがある

太陽光発電設備はメンテナンスの頻度が少なく、手間をかけずに運営することが可能です。しかし、必要なメンテナンスを行わないと、収入が減って経営が悪化したり、火災が発生したりする可能性もあります。

運営計画時からO&Mを理解し、必要経費として組み込んでシミュレーションを行ってください。

まとめ

太陽光発電システムの運用には、正常な動作や発電量の維持、トラブルの予防や迅速な対応が欠かせません。

O&Mはこれらのサービスを担うため、必要不可欠です。

太陽光発電システムを長期間稼働させるためには、初期投資や運用方法だけでなく、O&Mの内容や必要性についても把握しておくことが大切です。

法律で義務付けられたメンテナンスをしっかりと実施し、最大の収益を安心して得るためには、信頼できる専門業者に任せるのが良いでしょう。

関連記事

太陽光発電

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOLSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。