【ソーラーシェアリングとは】後継者問題や収入減少が解決できる嬉しいメリット

ソーラーシェアリングは農業と太陽光発電を組み合わせて、お互いの強みをブラッシュアップさせる取り組みです。

ソーラーシェアリングで太陽光発電を導入することで、収入が増えたり収穫物が増えるというメリットがあります。近年問題視されている後継者問題や農業の収益性を補うことができる可能性が高いソーラシェアリング。

この記事ではメリットやデメリットはもちろん、ソーラーシェアリングを始めるにあたって必要な一時転用許可と申請方法について解説しています。

ソーラーシェアリングとは

ソーラーシェアリングとは

(出典:ソーラーシェアリング協会

ソーラーシェアリングは営農型太陽光発電とも言われ、農業と太陽光発電事業を組み合わせることで、収穫量をアップさせる・太陽光発電により売電収入が得られるという農業面でも環境面にも、さらに金銭面にも優しい取り組みです。

近年SDGsやRE100の観点と、荒廃農地を活用できるといった点から注目を集めています。

ソーラーシェアリングは営農型太陽光発電とも言われていますが、農業地だけではなく、養蜂場や水産養殖場で導入されることもあります。

太陽光発電のために新しく土地を用意するのではなく、今ある土地を利用しつつ、農業も太陽光発電も成功させることができることがソーラーシェアリングの魅力です。

ソーラーシェアリングの5つのメリット

ソーラーシェアリングのメリット

①電気の自家消費ができる分電気代の節約が可能

太陽光発電で発電した電気は発電所の規模によって売電方法が異なります。

50kWh未満の太陽光発電所の売電方法は余剰売電、50kWh以上の太陽光発電所の売電方法は全量売電となります。

余剰売電とは、発電した電気を家庭や企業内で使い、余った分を売電する方法で、全量売電は発電した電気すべてを売電する方法です。

農業に使う機械の電源などに発電した電気を使えば(自家消費)、電力会社から電気を購入する必要がないので電気代を節約することができます。

②収入が増える

ソーラーシェアリングをすれば、これまでの農業での収益に加えて、太陽光発電で発電した電気を売電することで売電収入が得られます。

一般的に農業ができる土地は日当たりのいい土地が多く、これは太陽光発電をするのに適した土地でもあります。

そのため太陽光パネルを設置するだけで、これまでと同じように作業をしていれば収入が増えるというラッキーな話なのです。

③収穫量が増える

ソーラーシェアリングは、農地に支柱をたて、その上に太陽光パネルを並べます。

パネルが影になり、直射日光を避けることができるので葉焼けや高温障害を防ぐことができ、農作物の育成を後押しすることもあります。

そのため陰でも育つ作物や熱にあまり強くない作物であれば、収穫量を増やすことができます。

④環境にやさしい

地球温暖化対策のために、カーボンニュートラルといったことばを耳にする機会が増えましたが、太陽光発電は発電時に有害物質を発しないクリーンなエネルギーです。

さらに、火力発電で使われるような石炭や石油などとは違い、半永久的に資源が枯渇することもありません。

⑤後継問題が緩和される

農業は、

・重量労働
・収入が少ない、収入が変動する
・天候に左右される

このようなネガティブな理由で、若い世代に後を継がれないケースが多いです。

実際に後継されずに荒地となってしまう農地はかなり多いのですが、土地を所有していると固定資産税がかかってしまうので、収入を得られないにもかかわらず税金は払わなければいけないという”損”な状況になってしまいます。

この後継者問題を解決するためにおすすめな方法がソーラーシェアリングで、前述したように太陽光発電は年間を通して安定的に発電するので、売電収入が毎月手元に入ってきます。

不作の年であっても売電収入が得られるので、「収入が少ない」「変動する」といったマイナスイメージを払拭することができるのです。

ソーラーシェアリングに向いているおすすめの作物

ソーラーシェアリングに向いているおすすめの作物

(出典:ソーラーシェアリング協会

ソーラーシェアリングに適している作物は、日陰でも育つ光飽和点(植物の成長を促すのに必要な光の強さの限界)が低い作物です。

大根、さつまいも、にんじん、キャベツ、ピーマン、ナス、レタス、ぶどう、いちご、ネギなどが栽培におすすめです。

その他にも養蜂場での導入もおすすめです。

ソーラーシェアリングの課題・デメリット

ソーラーシェアリングの課題・デメリット

①一時転用許可を最短3年ごとに更新しなければならない

日本の土地は使用用途が決まっているため、農地を農業以外に使用したり、農地に支柱を立てて発電所を設置するためには一時転用許可を申請し許可を取らなければなりません。

許可を得ずに農地に太陽光発電を設置してしまうと罰則を受けることになるので要注意です。

また、所有している農地だけではなく周りの農地に影響を与える可能性がないか、という点も確認されます。近くに農地がある場合は事前に現地を視察してリスクがないかどうかを確認しておきましょう。

一時転用許可は3年ごとに更新する必要があり、更新の際には太陽光発電を導入したことによって農業での収入や収穫量が減ってしまったり、農作物の質が落ちてしまっていないか、太陽光発電の収益計画は妥当なのかを判断されます。

要は、太陽光発電の導入により本業の農業が疎かになっていないかという点を見られるのです。

許可の申請は3年ごとですが、年に1度は農業に影響を及ぼしていないかなどを報告しなければなりません。

報告内容の具体例として、周辺地域での平均収穫量の8割以上を収穫できているか、下回っている場合は改善できるかどうかという点が挙げられます。

報告は任意ではなく義務なので、忘れてしまうとソーラーシェアリングが継続できないということにもなりかねないので注意しましょう。

ソーラーシェアリングの一時転用許可は、一度承諾を得られても次の申請の際に許諾が得られない可能性もあります。

継続的に許可を得るためには、農業での収入を落とさないようにすることや周りの農地への影響を最小限に抑える必要があります。

②条件を満たせば一時転用許可を10年に変更できる

基本的に3年ごとに必要な一時転用許可ですが、下記の一定条件を満たせば3年ごとに必要な一時転用許可を10年の更新に変更することができます。

  • 担い手が所有している農地又は利用権等を設定している農地で当該担い手が下部農地で営農を行う場合
  • 農用地区域内を含め荒廃農地を活用する場合
  • 農用地区域以外の第2種農地又は第3種農地を活用する場合

第2種・第3種農地とは農地の区分方法です。

・第2種農地:
500m以内に駅や官公庁がある
10ヘクタール以上の集団的農地から外れた場所にある
市街地化が見込まれた地域にある

・第3種農地:
300m以内に駅や官公庁がある
500m以内に教育機関などの公共施設が2つ以上ある
市街地になっている地域にある

基本的に市街地近くのエリアに農地がある場合は、第2種・第3種農地に当てはまり、10年ごとの申請になるケースが多いです。

一時転用許可については農林水産省の公式サイトで詳細が確認できます。

③普通に太陽光発電投資を始めるより融資審査が厳しい

先ほど説明したように一度一時転用許可を得たとしても、次の更新の際に収穫量が減っていたりする場合は更新できない可能性があります。

この場合、ソーラーシェアリングを継続できなくなるので、融資を受けている場合は返済ができなくなってしまいます。

金融機関が大切にしているのは融資を受けた相手が信用できるかどうかです。返済能力がない人にお金を貸したいとは思いませんよね。

ソーラーシェアリングの場合、3年ごとに必要な一時転用許可がネックとなり融資をしてくれる金融機関が少なかったり、条件次第で融資をしてくれないというケースが多いです。

金融機関から融資を受けようと思っているのであれば、収益シミュレーションを念密に行い、担当者に「これなら融資をしよう!」と思わせることが重要です。

④ソーラーシェアリングに向いていない作物がある

先ほど説明したように、ソーラーシェアリングのおすすめの作物は成長にあまり光を必要としない作物です。

栽培に光が必要なきゅうりやトマト、スイカなどの夏に旬を迎える野菜や果物などはソーラーシェアリングには向いていません。

これらの野菜や果物をメインで育てている農家は、ソーラーシェアリングを導入したとしても収穫量が減ってしまったり、品質が落ちてしまったりするリスクが高く許可が得られない可能性も高いです。

ソーラーシェアリングを始めたい!申請方法・申請の流れ

ソーラーシェアリングを始めるためには、経済産業省へ事業計画認定申請をする必要があります。

実際の事業開始までのスケジュールは以下の通り。

①初期検討段階

・営農型太陽光発電を理解する
・営農、発電を相談できる者を探す
・電力系統に接続できるか確認する

②計画策定

・営農計画の策定
・土地の利用状況 や測量等現地調査 に基づく太陽光発 電システムの設計、 見積取得

③各種申請

・電力会社への接 続契約等申込
・FIT事業計画認定申請
・農地一時転用申請

④工事開始

・電力会社へ接続 のための工事費負担金支払
・工事契約
・工事

⑤事業開始

・営農の開始、継続
・電力供給開始
・農地転用許可権者への年次報告
・コミュニケーション

(引用:https://www.maff.go.jp/j/shokusan/renewable/energy/attach/pdf/einou-66.pdf)

一般人には難しい内容なので手続きに時間がかかる可能性もあります。なるべく早く事業に着手したい場合は代行サービスを利用して手続きを進めることをおすすめします。

まとめ

ソーラーシェアリングは、農業にも収入アップにも効果的に働きます。

手続きの面倒くささや初期費用の面がボトルネックになってしまう可能性はありますが、長期的な目で見ると収穫量も増え、収入もアップするため次世代の農業として今後さらに注目を集めていくでしょう。

後継者問題や農業での収入が減ってしまい悩んでいる方はソーラーシェアリングの導入を検討してみませんか。

関連記事

▶︎SOLSEL「まとめてソーラー」はスマホでチェックできる無料発電量監視ツール!

▶︎【2021年版】公務員の副業におすすめの投資8選!安定して儲かるのはどれ?

▶︎太陽光発電所の売却方法を解説!太陽光が高値でも売れる価格とは?

▶︎太陽光発電投資でローリスクに稼ごう!失敗を防ぐ方法と利回りを解説

▶︎太陽光発電のメリット・デメリットを解説!将来性と今後の課題は?

▶︎太陽光発電はつけないほうがいい?おすすめしない人の5つの特徴

▶︎太陽光発電へ屋根を貸すのは本当にお得?仕組みや賃料など解説

▶︎太陽光発電(ソーラーパネル)の発電量計算方法と発電効率を上げる方法

▶︎太陽光パネルの価格相場と寿命は?国内産と海外産のメーカーを比較

▶︎太陽光発電に土地貸しするメリットやデメリット、賃料など解説

▶︎【太陽光発電】維持費はいくらかかる?投資にかかる費用を詳しく解説!

▶︎シン・エナジーは確実に電気代を安くしたい人から口コミで大人気!評判や料金プランについて解説

▶︎あしたでんきはガスとのセット割はないけどとにかく安いと口コミでも評判!料金・キャンペーンを解説

▶︎【ダブル発電とは】省エネと創エネで暮らしが快適になるメリット・デメリット

▶︎【東京ガスの電気プランの評判と口コミ】今なら基本料金3ヶ月無料のキャンペーン実施中!

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。