【エルピオでんきと楽天でんき】より電気代が安くなるのはどっちの電力会社?

楽天でんきとあしたでんきの比較

電力小売業全面自由化により、多くの企業が電力の小売事業に参加してきました。

そのためどの電力会社を選べばよいか、決めることができずに悩んでいる方も少なくないと思います。

数多くある電力小売業者の中から自分に合った電力小売業者を選ぶためには、それぞれの業者の特徴やメリットとデメリットなどを知っておく必要があります。

今回は、エルピオでんきと楽天でんきの特徴や料金プラン、メリットとデメリットについて解説していきます。

この2つの電力小売業者のどちらを選ぶか迷っている方には、ぜひご覧いただきたい内容です。

エルピオでんきと楽天でんき、それぞれの違いをしっかりと把握して、自分に合った電力小売業者とプランを選択するための参考にされてください。

エルピオでんきの特徴

エルピオでんき

「エルピオでんき」は、もともと関東でプロパンガス事業を展開していた「株式会社エルピオ」が提供する新電力のサービスとなっています。「株式会社エルピオ」は千葉県に本社があり、千葉、埼玉、栃木を拠点にして約7万世帯へガスを提供しており、会社設立は1965念で、何と50年以上の歴史を有しています。

2016年に開始された電力小売全面自由化に伴って、「エルピオでんき」という名称で電力事業を開始しました。

株式会社エルピオによる電力の小売は今回が初めてですが、これまでのLPガス販売で培ったノウハウを活かして電力の販売を行っています。

「エルピオでんき」の電力供給エリアは東北、東京、中部、北陸、関西、中国、四国、九州電力管内となっています。

電気料金についても多くのプラン展開をしており、自分のライフスタイルに合った料金プランを選ぶことができる点も「エルピオでんき」も魅力のひとつです。

エルピオでんきの料金プラン

エルピオでんきの料金プランは、使用するエリアによって異なります。ここでは、料金プランおよびその料金プランが利用できる地域とその料金プランにおすすめの方について解説していきます。

スタンダードプランS

スタンダードプランSは、二人暮らしから大家族まで利用できる一般家庭向けのプランで、利用できるエリアは東北エリア、東京エリア、中部エリアとなっています。

それぞれのエリアの電気料金は、以下のようになっています。

東北エリア

契約アンペア 基本料金 1kWhあたりの電気使用量
30A 743.52円 23.42円
40A 937.04円
50A 1,171.29円
60A 1,497.22円

東京エリア

契約アンペア 基本料金 1kWhあたりの電気使用量
〜120kWh 121〜300kWh 301kWh〜
40A 1,086.8円 18.84円 23.03円 25.78円
50A 1,344.2円
60A 1,613.04円 18.65円

中部エリア

契約アンペア 基本料金 1kWhあたりの電気使用量
30A 743.52円 23.62円
40A 937.04円
50A 1,171.29円
60A 1,497.22円

スタンダードプランL

電力を多く消費する商店や飲食店、大家族が利用できるプランですで、東北エリア、東京エリア、中部エリアで利用することができます。電気料金は以下のようになります。

東北エリア

基本料金(1kVAにつき) kWhあたりの電気使用量
〜120kWh 121〜300kWh 301kWh〜
254.62円 20.87円 23.42円 25.15円

東京エリア

基本料金(1kVAにつき) 1kWhあたりの電気使用量
120kWhまで 121kWh〜300kWhまで 301kWh以上
268.84円 18.69円 23.3円 25.1525.78円

中部エリア

基本料金(1kVAにつき) 1kWhあたりの電気使用量
120kWhまで 121kWhから300kWhまで 301kWh以上
254.62円 20.87円 23.62円 25.15円

使った分だけS

使った分だけSは、二人家族から大家族向けの家庭向けプランで、基本料金は0円となっています。このプランは関西エリア、中国エリア、四国エリア、九州エリア、北陸エリアで利用することができます。

利用料金は以下のようになります。

エリア 1kWhあたりの電気使用量
関西 22.2円
中国 25.46円
四国 23.94円
九州 22.91円
北陸 21.3円

使った分だけL

多くの電力を消費する大家族のご家庭や、商店、飲食店向けのプランで、基本料金が無料となります。このプランは関西エリア、中国エリア、四国エリア、九州エリア、北陸エリアで利用することができます。料金は、以下のようになります。

エリア 1kWhあたりの電気使用量
関西 23.33円
中国 25.46円
四国 24.44円
九州 24.44円
北陸 24.4円

プレミアムプラン

中部エリアで利用することができるプランで、ペットを飼っていたり、家にいる時間が長い方におすすめのプランです。一定の量までは、どれだけ電気を使っても同じ料金となる点が特徴です。料金は、以下のようになります。

契約電流アンペア 基本料金 定額料金 従量料金
〜450kWh 451kWh〜
プレミアムプラン450kWhコース 0円 10,083円 30.55円
プレミアムプラン550kWhコース 0円 12,324円 30.55円

スタンダードプランライト30A

東京エリアのみで利用できるプランで、電気をあまり使わない方におすすめのプランです。

料金は、以下のようになります。

契約電流アンペア 基本料金 1kWhあたりの電気使用量
〜120kwh 121〜300kwh 301kwh〜
スタタンダードライト30A 858円 21.14円 23.03円 25.78円

スタンダードプランLL

毎月30kVA以上の電気を使用するオフィスビルや飲食店、業務店向けのプランです。

料金は、以下のようになっています。

基本料金(1kVAにつき) 1kWhあたりの電気使用量
〜1,000kwh 1,001kwh〜
268.84円 25.46円 22.89円

プレミアムプランA

一般家庭向けの一定の電力使用量までが定額制になっているプランで、3つの種類があります。

料金は、以下のようになっています。

プラン名 契約アンペア 基本料金 定額料金 従量料金
〜40kWh
プレミアムプランA300 30A 821.29円 6,385円 300kWhを超えて
1kWhにつき29.05円
40A 1,121.38円
50A 1,387.22円
60A 1,664.26円
プレミアムプランA400 30A 841.29円 8,835円 400kWhを超えて
1kWhにつき28.53円
40A 1121.38円
50A 1,387.22円
60A 1,664.26円
プレミアムプランA500 30A 841.29円 8,835円 500kWhを超えて
1kWhにつき28.02円
40A 1,121.38円
50A 1,387.22円
60A 1,664.26円

プレミアムプランB

プレミアムプランBは、東京エリアで飲み利用できる商店や事業者向けの一定の電力使用量が定額制になっているプランで、6つの種類があります。

料金は、以下のようになっています。

プラン名 基本料金(1kVAにつき) 定額料金 従量料金
プレミアムプランB300 277.42円 300kWhまで6,490円 300以上の場合1kWhにつき29.05円
プレミアムプランB400 400kWhまで8,943円 400以上の場合1kWhにつき28.53円
プレミアムプランB500 500kWhまで11,587円 500以上の場合1kWhにつき28.02円
プレミアムプランB600 600kWhまで13,888円 600以上の場合1kWhにつき28.02円
プレミアムプランB800 800kWhまで18,747円 800以上の場合1kWhにつき28.02円
プレミアムプランB1000 1000kWhまで23,748円 1000以上の場合1kWhにつき28.02円

低圧電力プランL

低圧電力プランLは、東京エリアでのみ利用できる商店や飲食業のを営んでいる方向けの動力プランです。

料金は、以下のようになっています。

基本料金 1kWhあたりの電気使用量
夏季 その他
契約電力×110kWhまで1kWhにつき 契約電力×110kWhを超えて1kWhにつき 契約電力×110kWhまで1kWhにつき 契約電力×110kWhを超えて1kWhにつき
967.59 17.02円 18.87円 15.4円 18.68円

業務用電力プラン

業務用電力プランは東京エリアでのみ利用できる、:スーパーやコンビニ、ビルなど高圧電力を使用するオーナー様向けのプランです。

料金は、エルピオでんきと相談の上決定されます。

お店応援!定額プラン

東京エリアでのみ利用できる、飲食店屋商店向けの定額制のプランです。

料金は、以下のようになっています。

プラン名 基本料金1kVAにつき 定額料金 従量料金
お店応援!定額プラン1,200 277.42円 1,200kWhまで29,573円 1,200kWh

を超えて1kWhにつき27.5円

お店応援!定額プラン1,500 277.42円 1,500kWhまで36,667円 1,500kWh

を超えて1kWhにつき27.5円

お店応援!定額プラン2,000 272.42円 2,000kWhまで49,907円 2,000kWh

を超えて1kWhにつき27.5円

お店応援!定額プラン2,500 272.42円 2,500kWhまで62,130円 2,500kWh

を超えて1kWhにつき27.5円

深夜お得プラン

深夜お得プランは東京エリアのみで利用できる、深夜の電気料金が従来と比べて最大31%節約できるプランです。

料金は、以下のようになります。

アンペア契約の場合 基本料金 1kWhあたりの電気使用量
6:00から23:00 23:00から6:00
40A 1086.8円 28円 20.87円
50A 1,344.2円
60A 1,613.04円
7kVAごとに 基本料金
1kVAごとに 268.84円

エルピオでんきのメリット・デメリット

ここでは、エルピオでんきのメリットとデメリットについて解説していきます。

デメリット

また、プランによっては30アンペア未満の場合には契約できないケースもあります。

これ以外にも、エリアによって料金体系が異なるため、分かりづらいといったデメリットがあります。

また、他の電力小売業者が提供していることが多いポイント付与サービスも無いため、ポイ活を行っている方には向かない電力小売業者であるといえます。

メリット

大手電力会社からエルピオでんきに乗り換えることで、確実に電気料金はお得になります。

エルピオでんきのサービスを展開している株式会社エルピオは、地域は限られますが都市ガスの販売も行っているため、エルピオ電気と都市ガスをセットで利用することで、双方の料金をお得にすることができます。またサポートも充実していて、停電からコンセントからごげ臭いにおいがするなど小さなトラブルに至るまで24時間365日対応してくれます。

さらに契約期間内に解約しても、解約時に解約金や違約金を支払う必要が無いため、急な引っ越しがの可能性がある方でも安心して利用することが可能です。

楽天でんきの特徴

楽天でんき

楽天でんきという会社は、楽天のグループ会社である楽天エナジーが提供する電力サービスです。

2016年に電力小売業が完全自由化されて以降、大手総合商社の丸紅の契約を取り次ぐ形を取り、全国で楽天でんきを利用できるようになりました。

2018年から電力の供給元を、楽天エナジーに切り替えそれとともにサービス内容も新しくして、今の形のの楽天でんきになりました。

楽天でんきは、J.D.パワーが2020年に行った新電力切り替え満足度調査のうち、関東エリアと中部エリア、関西エリアの全3エリアにおいて総合満足度1位になっており、さらにNTTコムオンラインNPSベンチマーク調査電力部門でも、2020年に1位を獲得するほど人気を集めています。

楽天でんきの料金プラン

楽天でんきの料金プランは、プランSのみとなっています。

このプランSは基本料金が0円となっており、従量料金(使用した電気量に応じて支払う料金)のみとなっています。

この従量料金は地域により異なり、以下の表の料金となっています。

地域 1kWhあたりの電気使用量
北海道電力エリア 30.00円/kwh
東北電力エリア 26.50円/kwh
東京電力エリア 26.50円/kwh
中部電力エリア 26.50円/kwh
北陸電力エリア 22.00円/kwh
関西電力エリア 22.50円/kwh
中国電力エリア 24.50円/kwh
四国電力エリア 24.50円/kwh
九州電力エリア 23.50円/kwh
沖縄電力エリア 27.00円/kwh

楽天でんきのメリット・デメリット

楽天でんきには、次のようなメリットとデメリットがあります。

デメリット

楽天でんきには、いくつかのデメリットがあります。電力使用量が少ない家庭の場合には大手電力会社より電気料金が高額になってしまうケースがあります。

大手電力会社の場合には、電気使用量が少ないと1kwhあたりの従量料金も安く設定されていたため、基本料金と合計しても安い金額で電気を使うことができます。

しかし、楽天でんきは従量料金が一律なので、電気の使用量によっては大手電力会社より高額の電気料金を支払う可能性が出てくることもあります。

楽天でんきに乗り換えることでお得に電気を利用したいと思う方は、月に300kwh以上の電気を使用しているかどうかを大まかな目安にするとよいでしょう。

また、20Aで電気を使用している方は、楽天でんきを利用できません。

さらに引っ越しのタイミングで、楽天でんきへの乗り換えをお考えの方は注意が必要です。

なぜなら引っ越し後一か月以上経過しないと、楽天でんきは利用できません。

他にも、支払い方法はクレジットカードのみなので、クレジットカードを持っていなかったり口座振替で料金の支払いを行いたいと思っている方は、楽天でんきには申し込みできないという点もデメリットの一つです。

メリット

電気を300kwh以上利用する家庭であれば、従量料金が一律なので電気料金を安く押さえることができます。

また、基本料金を支払う必要もなりためさらにお得に電気を使えます。

さらに電気料金200ポイントにつき、1ポイントの楽天ポイントが貯るので、このポイントを利用して電気料金を支払ったり、楽天市場や街の楽天Edyに対応しているお店でのショッピングに利用したりすることができます。

楽天でんきの支払いを楽天カードで行うことで、ポイントが電気料金100円につき1ポイ

ント貯まるため、ポイ活を行っている方には楽天カードでのお支払いがおすすめです。

また、電気料金をポイントで支払うこともできるため電気料金を節約することができ、非常にお得です。

【エルピオでんきと楽天でんき比較】結局どっちがいい?

ここではエルピオでんきと楽天でんき、それぞれに向いている方について解説していきます。

エルピオでんきがおすすめな方

エルピオでんきのメリットとデメリットを総合して判断すると、電気料金を安く抑えたいと思っている方の中で30A以上の契約をしている方、家族の人数が多いため電気の使用料も多い方、深夜の従量料金が安くなるプランがあるので、深夜に多く電気を使うオール電化住宅に住んでいる方はエルピオでんきがおすすめです。

また、2021年9月30日までキャッシュバックキャンペーンを行っているため、このような特典を活かして特をしたいとお考えの方にも向いています。

エルピオでんきが向いていない方

エルピオでんきはキャンペーンなどを行っていないため、このような特典を期待する方や、ポイント付与などのサービスもないため、ポイ活をしている人にも向いていないといえるでしょう。

楽天でんきがおすすめな方

楽天でんきをおすすめできるのは、楽天グループのサービスを利用している方です。楽天ユーザーはポイントが非常に貯まりやすくなります。

また従量料金が一定であるため、たくさんの電気を使用する方にもおすすめです。電気を使えば使うほど電気料金がお得になるため、ある程度電気を使う2人以上のご家庭におすすめです。

楽天でんきが向いていない方

楽天でんきが向いていない方は、毎月の電気使用量が少ない方です。基本料金が0円になったとしても、従量料金で以前より電気料金が高額になってしまうことがあります。

また、クレジットカードを持っていなかったり、利用したくないという方は楽天でんきを利用することができないため、向いていないといえるでしょう。

これ以外にも、引っ越し時に楽天でんきをすぐに利用したいと思っても、契約まで1ヶ月以上待つ必要があるため、おすすめできません。

まとめ

ここまで、数多くある電力小売業者の中から、エルピオでんきと楽天でんきに関する解説と比較を行ってきました。

この2つの電力小売業者の違いやメリットとデメリット、向いている人と向いていない人についてお分かりいただけたと思います。

現在、電力小売業には非常に多くの業者が参入しているため、それぞれの業者の特徴をしっかり把握し、自分に最も向いている電力小売業者を選ぶようにしましょう。

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。