【Looopでんきと東京電力を比較】料金が安くてサービスが充実しているのはどっちの電力会社?

looopでんきと東京電力比較。お得なのはどっち

「Looopでんきと東京電力の料金プランを知りたい!」
「Looopでんきか東京電力のどちらかを契約したいけど、実際どちらがお得なの?」
と気になる方も多いのはないでしょうか?

今回はLooopでんきの特徴と、東京電力エナジーパートナーの特徴をそれぞれまとめました。
違った特徴を持つ2社は、生活スタイルや家族構成によってどちらを選んだらよいか変わってきます。
毎月の使用量別に料金の比較もしてみましたので、ぜひ参考にしてください。

Looopでんきの特徴

Looopでんき

Looopでんきは、2011年から株式会社Looopによって提供されているサービスです。

太陽光発電や風力発電など、燃料費のかからない再生可能エネルギーの普及を目指しています。

・基本料金は無料
・従量料金単価は業界最低基準

料金が比較的安価であることから、すでに30万件以上の契約者数を誇ります

また電力会社のアンケートにおいても、

「価格満足度」「サービス満足度」で一位、「電力需要実績」でも独立系新電力会社の中で一位を獲得しています。(2020年2月実施)

(※独立系新電力会社とは、大手ガス・通信関連会社等の子会社以外の企業のこと)

Looopでんきの料金プラン

次に、Looopでんきの料金プランをご紹介します。

Looopでんきは基本料金が0円で、従量料金は地域によって変わります。

以下を参考にしてください。

エリア 従量料金(1KWhあたり)(税込)
北海道電力 29.5円
東北電力 26.4円
東京電力 26.4円
中部電力 26.4円
北陸電力 21.3円
関西電力 22.4円
中国電力 24.4円
四国電力 24.4円
九州電力 23.4円
沖縄電力 27.0円

ガスとの併用や太陽光発電システムの併用など、各種割引プランも充実しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

Looopでんき利用者のメリット・デメリット

Looopでんきのメリット・デメリット

Looopでんきのメリットとデメリットを解説します。

デメリット

Looopでんきのデメリットは、全部で4つ挙げられます。

  1. 支払い方法はクレジットカードのみ
  2. 知名度がやや低い
  3. 利用明細の確認方法はweb上だけ
  4. 一人暮らしだと割高になる可能性もある

それではひとつずつ解説します。

①支払い方法はクレジットカードのみ

Looopでんきの支払い方法は、クレジットカードしか選択できません。

他の方法は選択できませんがクレジットカードを利用すればポイントも貯まり節約にも繋がるので、持っていない方もこれを機にクレジットカードの申し込みも検討してみてください。

②知名度がやや低い

Looopでんきは2011年設立とまだ新しい会社で、知名度はやや低めです。

名前を聞いたことが無い方は不安に思うかもしれませんが、現在では30万件以上の家庭が契約しているので心配する必要はありません。

もちろん停電などの心配もなく、これまで同様に使うことが可能です。

③利用明細の確認方法はweb上だけ

Looopでんきの利用明細は、ウェブ上でしか確認できません。

利用明細書は発行できないので、どうしても紙で確認したいという方は向いていないといえます。

とはいえクレジットカードの明細でも確認できるので、そこまで不便に感じることは多くないでしょう。

④一人暮らしだと割高になる可能性もある

Looopでんきは基本料金が無料である分、従量料金が少し高めです。

1kWhあたりの料金は一定なので、一人暮らしなど電気使用量が少ない場合は割高になる可能性があります。

詳しくは、後半で解説しています。

メリット

Looopでんきのメリットは、3つあります。

  1. 価格サービスの満足度が高い
  2. 大家族など使用量が多い家庭は割安
  3. 品質はこれまでと変わらない

①ユーザーの満足度が高い

Looopでんきは

  • 価格サービス満足度一位
  • ウーマンリサーチ(サンケイリビング)関東エリアの女性が選ぶ新電力ランキング1位

に選ばれており、ユーザーの満足度が高いサービスです。

特に、価格の安さや対応などが高い評価を受けています。

②大家族など使用量が多い家庭は割安

一人暮らしの場合は割高になる可能性のあるLooopでんきですが、使用量が多い家庭では割安になります。

詳しくは、後半で解説します。

③品質はこれまでと変わらない

Looopでんきは地域の電力会社の送電網を使って電気を届けるため、電気の品質や信頼性はこれまでと変わらず安心して利用できます。

電気供給が不安定になることや、停電が増えてしまう心配はありません。

仮に事故等で電気設備の供給がストップしても、発電所からの電気を送り届けてくれるので安心です。

このように低価格でありながら、大手の電力会社と同様の品質や信頼性の高さも人気がある理由のひとつだといえます。

東京電力の特徴

東京電力

2016年、分社化した東京電力の小売事業を東京電力エナジーパートナーが引き継ぎました。

東京電力エナジーパートナーはこれまでのプランに加えてライフスタイルに合わせて選べる料金プランを豊富に用意し、お得に利用できるようリニューアルしています。

東京電力から引き継いだことによる知名度の高さだけでなく、プランの増加やエリア拡大などさらに進化しつづけていることが人気である大きな理由だといえます。

東京電力の料金プラン

東京電力エナジーパートナーの料金プランは、

  1. プレミアムプラン
  2. スタンダードプラン
  3. 夜得プラン
  4. スマートライフプラン
  5. アクアエナジー100

の5つです。

それぞれの料金は地域によって異なるので、今回は関東エリアについてご紹介します。

他のエリアで検討している方は、こちらからご確認ください。

プレミアムプラン

プレミアムプランは一定の使用量まで定額で、それ以上はお得になるプランです。

  • 家族が多い
  • 電化製品が多い 
  • ペットを飼っている

という方におすすめです。

プレミアムS

基本料金 (10Aにつき) 286.0円
従量料金 ~400kWhまで 9,879.63円(定額)
401kWh以上 29.58円/1kWh

 

プレミアムL

※主開閉器(漏洩遮断器)などの容量に応じた6kVA以上の場合の契約

基本料金  (1kVAにつき) 286.0円
従量料金 ~400kWhまで 9,879.63円(定額)
 401kWh以上 29.58円/1kWh

スタンダードプラン

スタンダードプランは、時間帯を気にせず使える標準的なプランです。

スタンダードS

基本料金  (10Aにつき) 286.0円
従量料金 ~120kWhまで 19.88円/1kWh
121kWh~300kWh 26.46円/1kWh
301kWh~ 30.57/1kWh

スタンダードL

※主開閉器(漏洩遮断器)などの容量に応じた6kVA以上の場合の契約

基本料金  (1kVAにつき) 286.0円
従量料金 ~120kWhまで 19.88円/1kWh
121kWh~300kWh 26.46円/1kWh
301kWh~ 30.57/1kWh

スタンダードXは新規加入者停止なので、割愛します。

夜トクプラン

夜とくプランは、夜間の電気使用量の割合が高くなるほどお得になるプランです。

  • 日中は不在が多い
  • 夜に炊飯器や食器洗い乾燥機を予約する方

におすすめです。

夜特トク8

基本料金  (1kW) 214.50円
午前7時~午後11時  32.74円/1kWh
午後11時~翌午前7時       21.16円/1kWh

 

夜トク12

基本料金  (1kW) 214.50円
午前9時~午後9時  34.39円/1kWh
午後9時~翌午前9時       22.97円/1kWh

スマートライフプラン

スマートライフプランは、オール電化向けの家庭を対象としたプランです。

夜間の利用頻度が高くなるほど、お得になります。

スマートライフS

基本料金  (10Aにつき) 286.00円
午前6時~翌午前1時  25.80円/1kWh
午前1時~午前6時       17.78円/1kWh

 

スマートライフL

※主開閉器(漏電遮断器)の容量に応じた6kVA以上の場合の契約

基本料金  (1kVAにつき) 286.00円
午前6時~翌午前1時  25.80円/1kWh
午前1時~午前6時       17.78円/1kWh

スマートライフプランは現在停止中なので、割愛します。

アクアエナジー100

アクアエナジー100は、水が生み出すエネルギーを電気として利用するプランです。

発電の際に二酸化炭素を排出しないため、環境に配慮したいという方におすすめのプランです。

・基本料金

10A 561.00円
15A 841.50円
20A 1122.00円
30A 1683.00円
40A 2244.00円
50A 2805.00円
60A 3366.00円

・従量料金

~300kWh 23.83円/1kWh
300kWhを超える 30.57円/1kWh

アクアエナジー100の料金は、基本料金と電気量料金に併せて再生可能エネルギー発電促進賦課金が必要です。

再生可能エネルギー発電促進賦課金に関しては、こちらをご覧ください。

旧プラン 従量電灯B

従量電灯Bは、従来からある一般家庭向けのプランで使うほど金額が上がるシンプルなシステムです。

対象は東京電力のみとなります。

・基本料金(1契約につき)(税込)

10A 286円
15A 429円
20A 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円

・従量料金

~120kWh(第1段階料金) 19.88円
120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金) 26.48円
上記超過(第3段階料金) 30.57円

東京電力に契約するメリット・デメリット

東京電力のメリット・デメリット

東京電力エナジーパートナーのメリットやデメリットについて、解説します。

デメリット

東京電力エナジーパートナーのデメリットとして挙げられるのは、「料金プランが多すぎて複雑」ということです。

上記で紹介したプラン以外にも、ガスとの併用割引ができるプランもあります。

プランを選ぶ手間を省きたい方や、毎月の利用料金が大きく変動する家庭にはおすすめできません。

ただしホームページには、現在の電気代からおすすめのプランを教えてくれるシミュレーションページがあります。

こちらから確認できるので、気になる方はチェックしてみてください。

メリット

東京電力エナジーパートナーのメリットは、2つあります。

企業として安定している

東京電力エナジーパートナーは東京電力から分社化した企業であり、運営や実績が安定しています。

最近では新しい電力会社も増えていますが、「とにかく有名な電力会社を安心して利用したい」という方にはおすすめです。

ポイントがたまり 交換できる

電気料金の支払いでポイントを貯めることができます。

貯まったポイントは300円から交換でき、交換先も以下のように豊富にあります。

  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • waonポイント
  • nanacoポイント
  • dポイント

【Looopでんきと東京電力比較】結局どっちがいい?

looopでんきと東京電力比較。お得なのはどっち

ここまで、Looopでんきと東京電力エナジーパートナーの特徴をそれぞれまとめました。

ここでは「どちらかを選んで利用したいけど、どちらが良いか分からない」という方へ向けて、選ぶポイントを解説します。

Looopでんきがおすすめな方

Looopでんきは、

・プランを選ぶのが面倒くさい
・とにかく一日中たくさん電気を使う

という方におすすめです。

Looopでんきの料金プランは1種類とシンプルなので、契約までの手間を省くことができます。

またとにかく電気をたくさん使う方は、Looopでんきの方がお得です。

ここで東京電力エリアにおいて、使用量別にLooopでんきと東京電力エナジーパートナーの電気料金を比較しました。

 ※日中に電気をよく使う場合

1カ月に120kWhを使用したときの電気代は、以下の通りです。

Looopでんき 3,168円
東京電力(スタンダードS(20A)) 2,957円

 

1カ月に500kWhを使用したときの電気代は、以下の通りです。

Looopでんき 13,200円
東京電力(プレミアムS(50A)) 11,605.43円

 

1カ月に700kWhを使用したときの電気代は、以下の通りです。

Looopでんき 18,480円
東京電力(プレミアムS(60A)) 20,469.63円

この表から分かるように、1ヵ月に700kWhほど電気を使う家庭はLooopでんきがお得です。

目安としては、毎月の電気代が15,000円から17,000円程度の場合が該当します。

Looopでんきが向いていない方

Looopでんきが向いていない方は、

・一人暮らしで電気をあまり使わない
・紙の請求書が欲しい
・名前を知らない会社にお願いするのが不安

という方です。

上記の表から分かるように、Looopでんきは大家族やペットを飼っているような電気代が高い家庭におススメの電力会社です。

一人暮らしなどあまり電気を使わない方にとっては、割高になってしまうこともあります。

シミュレーションを使って、契約前に必ず確認しましょう。

また紙の請求書が無いことや新しい会社にお願いすることが少しでも不安に思う方は、向いていないといえます。

東京電力がおすすめな方

東京電力エナジーパートナーは、

・企業として安定している会社にお願いしたい
・月々の電気代が15,000円以下である場合
・夜の方がよく電気を使う

の方におすすめです。

先ほどまとめた表からも分かるように、電気使用量がそこまで多くない家庭は東京電力エナジーパートナーの方がLooopでんきよりも料金を抑えることができます。

また東京電力エナジーパートナーには夜トクプランがあるので、「夜に電気を使用することが多い」という家庭にも利用をおすすめです。

東京電力が向いていない方

東京電力エナジーパートナーは、「プランを選ぶのが面倒くさい」と感じる方には向いていません。

また各プランにおいて対象外の地域もあり、住んでいる場所によって契約できないことがあります。

利用を考えている方は一度確認してみてください。

まとめ

今回はLooopでんきと東京電力エナジーパートナーの特徴を紹介し、比較を行いました。

料金や知名度、請求書等の発行方法など異なる点はさまざまです。

それぞれの家庭によってどちらがお得か異なるので、シミュレーションページをうまく活用して比較してみてください。

関連記事

▶︎シン・エナジーは確実に電気代を安くしたい人から口コミで大人気!評判や料金プランについて解説

▶︎あしたでんきはガスとのセット割はないけどとにかく安いと口コミでも評判!料金・キャンペーンを解説

▶︎【ダブル発電とは】省エネと創エネで暮らしが快適になるメリット・デメリット

▶︎【東京ガスの電気プランの評判と口コミ】今なら基本料金3ヶ月無料のキャンペーン実施中!

▶︎Looopでんきとエルピオでんきはどちらがお得?電力会社の乗り換えで悩んでいる方必見!

▶︎新電力の仕組みをわかりやすく解説!どうして電気代が安くなるの?

▶︎Looopでんきは電気使用量が多いほどお得!利用者の評判・口コミと最新キャンペーン情報

▶︎【オール電化向けのおすすめ新電力】乗り換えで電気代が節約できる電力会社を厳選紹介

▶︎SOLSEL「まとめてソーラー」はスマホでチェックできる無料発電量監視ツール!

▶︎【2021年版】公務員の副業におすすめの投資8選!安定して儲かるのはどれ?

▶︎太陽光発電所の売却方法を解説!太陽光が高値でも売れる価格とは?

▶︎太陽光発電投資でローリスクに稼ごう!失敗を防ぐ方法と利回りを解説

▶︎太陽光発電のメリット・デメリットを解説!将来性と今後の課題は?

▶︎太陽光発電はつけないほうがいい?おすすめしない人の5つの特徴

▶︎太陽光発電へ屋根を貸すのは本当にお得?仕組みや賃料など解説

▶︎太陽光発電(ソーラーパネル)の発電量計算方法と発電効率を上げる方法

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。