【ZEH住宅建設時に申請できる補助金制度はある?】交付金額と注意点

「ZEH」という言葉を知っていますか?

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称で、消費するエネルギーと創るエネルギーの収支がゼロになる家のことです。

光熱費が削減できて、経済的なだけではありません。高断熱で快適に住め、地球にも優しい、現代の技術が詰まった住宅です。 しかし、高性能な機器や設備を導入する必要があるので建築費が高くなってしまうのが悩みどころ。
憧れるけど、なかなか手が出せないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、補助金制度を利用することです! 今回は、ZEHの補助金について詳しく説明していきます。補助金の要件や、金額、申請方法まで紹介しますので、新築を検討中のかたは、ぜひチェックしてみてください。

ZEHとは?

ZEHとは?

具体的な特徴は、次の3点です。

①高断熱

壁や窓枠に断熱性能が高いものを導入することで、冷暖房に消費するエネルギー量を基準値以下にする必要があります。

外気の影響を受けにくくなり、家の中を快適に保てるのは大きなメリットです。室内の寒暖差が原因となる急激な血圧上昇「ヒートショック」や、結露によるカビの発生を防ぎ、健康への好影響が期待できます。

②省エネ

エネルギー消費の大半を占める空調・照明・給湯・換気の4項目で、基準より2割以上省エネ効果の高い設備が必要です。さらに、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)を使って、家全体のエネルギーの流れをモニターで見えるようにしたり、機器を自動で制御したりして、省エネ効果を高めます。

③創エネ

太陽光発電システムなどの、エネルギーを作り出す設備を導入します。自宅での消費量以上に、発電できる容量が必要です。家庭用燃料電池や蓄電池などを併せて導入すれば、夜間や災害時にも活躍が期待できます。

補助金がもらえる「ZEH支援事業」とは?

補助金がもらえる「ZEH支援事業」とは?

政府は「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という目標を掲げています。

(参照:ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について – 省エネ住宅 | 家庭向け省エネ関連情報 | 省エネポータルサイト)

その達成に向けて、一定の条件を満たすZEHを新築する際に補助金を申請できる制度があります。

個人の新築住宅が対象の補助事業は、「ZEH支援事業」(環境省)「次世代ZEH+実証事業」(経産省)の2つです。「先進的再エネ熱等導入支援事業」(環境省)の補助金も併せて申請できます。

【2021年(令和3年)度】補助金の要件と交付金額

ZEH支援事業・次世代ZEH+実証事業

ZEH種類 対象・交付要件のポイント 補助金額
ZEH支援事業
ZEH 一般的なZEH(一定以上の断熱性能・一次エネルギー消費量20%以上・再生可能エネルギー導入100%以上) 60万円 / 戸
Nearly ZEH 寒冷地・低日射地域・多雪地域のみ対象。断熱性能・省エネ性能はZEHと同等。再生可能エネルギー(太陽光発電システムなど)が75%以上導入で可。
ZEH oriented 都市部狭小地や多雪地域のみ対象。断熱性能・省エネ性能はZEHと同等。再生可能エネルギー(太陽光発電システムなど)を未購入でも可。
ZEH+ ZEHの条件に加えて、一次エネルギー消費量25%以上削減。さらに次の項目のうち2つ以上を導入。
①外皮性能の更なる強化
②高度エネルギーマネージメント
③電気自動車を活用した充電設備または充放電設備
105万円 / 戸
Nearly ZEH+ Nearly ZEHの条件に加えて、一次エネルギー消費量25%以上削減。さらに次の項目のうち2つ以上を導入。
①外皮性能の更なる強化
②高度エネルギーマネージメント
③電気自動車を活用した充電設備または充放電設備
次世代ZEH実証事業
ZEH+ 上記のZEH+の条件に加えて、以下のいずれか1つ以上を導入。
①蓄電システム
②燃料電池
③V2H充電設備(充放電設備)
④太陽熱利用温水システム
105万円 / 戸
①2万円/kWh、経費の1/3または20万円のいずれか低額の方
②定額2万円加算
③経費の1/2または75万円のいずれか低額の方
④液体式:17万円、空気式:60万円
Nearly ZEH+ 上記のNearly ZEH+の条件に加えて、以下のいずれか1つ以上を導入。
①蓄電システム
②燃料電池
③V2H充電設備(充放電設備)
④太陽熱利用温水システム

先進的再エネ熱等導入支援事業

対象の設備・建材 補助額
直交集成板(CLT) 90万円/戸
地中熱ヒートポンプ
PVTシステム 液体式:65万円/戸もしくは、80万円/戸
空気式:90万円/戸
液体集熱式太陽熱利用システム 12万円/戸もしくは、15万円/戸
蓄電システム 2万円/kWh、補助対象経費の1/3又は20万円のいずれか低い額を加算

(参照:ZEH補助金について ZEH補助金について

2022年(令和4年)度はどうなる?

2022年度も、「地域脱炭素ロードマップの実践」の施策として予算要求されており、補助が行われる予定です

補助額は少し下がりますが、おおむね同じような補助が受けられそうです。

対象 補助額
①戸建住宅(注文・建売)において、ZEHの交付要件を満たす住宅を新築・改修する者に対する定補助 55万円/戸
②ZEH以上の省エネ、設備の効率的運用等により再エネの自家消費率拡大を目指した戸建住宅(ZEH+)に対する定額補助 100万円/戸
①、②に系統連系対応型蓄電池を設置、低炭素化に資する素材(CLT(直交集成板)等)を一定量以上使用、又は先進的再エネ熱利用技術を活用する場合に別途補助 蓄電池2万円/kWh(上限額20万円/台)等
既存戸建住宅の断熱リフォームに対し1/3補助 上限120万円/戸
蓄電池、電気ヒートポンプ式給湯機への別途補助

(参照出:令和4年度環境省重点施策集

戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業(経済産業省・国土交通省連携事業

ZEHの支援事業の申請方法

ZEHビルダー・ZEHプランナーとして登録されたハウスメーカーのみが、補助金を申請可能です。

申請書類もZEHビルダー・ZEHプランナーが作成するので、施主はその書類にサインや押印をするだけで申請できます。どの補助金が対象になるかは、住宅の設備によって変わりますので、ハウスメーカーと相談してみてください。

ZEHビルダー・ZEHプランナーは、一般社団法人環境共創イニシアチブ(以下SII)によって登録されており、公式サイトから確認できます。

(参照:ZEHビルダー/プランナー

ZEH支援事業のスケジュール

2021年度の公募スケジュールは以下の通りでした。2022年度の公募スケジュールは、まだ発表されていません。

ZEH支援事業

1次公募:2021年5月6日 ~ 2021年6月18日17:00必着
2次公募:2021年7月5日 ~ 2021年8月20日17:00必着
3次公募:2021年8月30日~ 2021年9月24日17:00必着

先進的再エネ熱等導入支援事業に併願申請
2021年5月6日 ~ 2021年11月19日

次世代ZEH+実証事業

1次公募期間:2021年5月17日 ~ 2021年8月20日 17:00必着
2次公募期間:2021年8月27日 ~ 2021年11月19日 17:00必着

先進的再エネ熱等導入支援事業に併願申請
2021年5月17日 ~ 2021年11月19日

【補助金申請時の注意点】補助金をもらえないことはある?

補助金の基準を満たしていない、書類に不備がある、公募のスケジュールに間に合わないなどで、補助金がもらえない可能性はあります。

補助金がもらえるよう、次のことに注意してください。

信頼できるZEHビルダー・ZEHプランナーを選ぶ

ZEHビルダー・ZEHプランナーのみが補助金を申請できます。しかし、SIIに登録されていても、ZEHをあまり建てていないハウスメーカーがあるのも事実です

いくつかのハウスメーカーと話をして比較しながら、補助金申請に自信をもっているところを選びましょう。

SIIの公式サイトでは、企業が受注した住宅の中でZEH住宅が占める割合を見ることもできます。実績が多いほど、補助金の申請にも慣れている可能性が高いので、参考にできます。

(参照:ZEHビルダー/プランナー

申請スケジュールに合わせて工期が決まる

前述の通り、補助金申請はいつでも申請できるわけではなく、公募期間があります。施工は、公募に通過してから始められます。

また、補助金申請をする際には「建築確認申請」の提出も必要です。つまり、間取りや設備などを、申請前に決定しておかなければなりません。

新築を建てたい時期が決まっている方は、余裕をもってスケジュールを建てるようにしましょう。

申請は先着で受理される

2021年度の補助金申請の受理は先着順でした。公募スケジュールが発表されたら、初日に到着するように郵送しておけば、予算オーバーで公募に落選することはありません。

まとめ

ここまで、ZEHの補助金申請について解説しました。

ZEH住宅は、自宅で使うエネルギーを自宅で創る、エネルギー収支ゼロの家です。ZEHビルダー・ZEHプランナーに、補助金申請を依頼することで、補助金を受けることができます。

補助金額は、住居に導入する設備の性能によって異なります。

公募スケジュールに合わせて工期が決まるので、余裕をもって計画を立てましょう。

この記事を、マイホームの建築にぜひ役立ててくださいね。

関連記事

▶︎SOLSEL「まとめてソーラー」はスマホでチェックできる無料発電量監視ツール!

▶︎【2021年版】公務員の副業におすすめの投資8選!安定して儲かるのはどれ?

▶︎太陽光発電所の売却方法を解説!太陽光が高値でも売れる価格とは?

▶︎太陽光発電投資でローリスクに稼ごう!失敗を防ぐ方法と利回りを解説

▶︎太陽光発電のメリット・デメリットを解説!将来性と今後の課題は?

▶︎太陽光発電はつけないほうがいい?おすすめしない人の5つの特徴

▶︎太陽光発電へ屋根を貸すのは本当にお得?仕組みや賃料など解説

▶︎太陽光発電(ソーラーパネル)の発電量計算方法と発電効率を上げる方法

▶︎太陽光パネルの価格相場と寿命は?国内産と海外産のメーカーを比較

▶︎太陽光発電に土地貸しするメリットやデメリット、賃料など解説

▶︎【太陽光発電】維持費はいくらかかる?投資にかかる費用を詳しく解説!

▶︎シン・エナジーは確実に電気代を安くしたい人から口コミで大人気!評判や料金プランについて解説

▶︎あしたでんきはガスとのセット割はないけどとにかく安いと口コミでも評判!料金・キャンペーンを解説

▶︎【ダブル発電とは】省エネと創エネで暮らしが快適になるメリット・デメリット

▶︎【東京ガスの電気プランの評判と口コミ】今なら基本料金3ヶ月無料のキャンペーン実施中!

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。