【電力自由化とは】電気代削減のために知っておきたい乗り換えのメリットとデメリット

電力自由化とは

新電力の電気使用料が安い理由や、新電力の仕組みとデメリット・メリット、新電力への切り替えを検討している方が抱くであろう疑問に対してのQ&Aについて詳しく解説しています。ライフプランに合ったプランで新電力をお得に利用しましょう。

【なぜ安くなる?】電力自由化とは

従来まで家庭などの電力は各地域の東京電力や関西電力などの大手電力会社のみが販売していて、電力をどこから購入するかは各家庭などで選ぶことができないシステムになっていました。

しかし、平成28年4月1日より電力の小売り事業が全面自由化されたため、家庭などの消費者が電力会社やそのプランを自由に選ぶことができるようになりました。

ここでは、この電力自由化について詳しく解説していきます。

電力自由化の仕組み

新電力の仕組み

(画像引用:電力供給の仕組み|電力小売全面自由化|資源エネルギー庁 )

電力自由化の仕組みは、先にも触れましたが従来までは住んでいる地域ごとに決められた電力会社からしか電力を買うことができなかったものが、それ以外の電力会社からも電力を買うことができるようになったというものです。

電力自由化により事業者が新たに参入できるようになったのは、上の図の小売部門です。

この電力自由化により東京電力や関西電力などの大手電力会社以外にも、ガスや石油会社、鉄道会社、商社、ハウスメーカーなどが続々と電気事業に参入してきています。

このような電力小売業者を、家庭などの消費者は自由に選ぶことができるのです。

このように、電力自由化後新たに電気事業に参入した企業を「新電力」と呼びます

電力自由化の3つのデメリット

電力自由化には、以下の3つのデメリットがあります。

  1. 会社数や料金プランがたくさんありすぎてわからない
  2. 乗り換えで電気代が高くなってしまうリスク
  3. 経営状況によっては倒産するかもしれない

①会社数や料金プランがたくさんありすぎてわからない

電力自由化によって電気事業に参入した企業は2021年4月27日現在、東京電力圏内だけでも62社もあり、プランの数に至っては270プランもあります。

この膨大な数の電力会社やプランの中から、自分にぴったりのものを選ぶのは至難の技です。

②乗り換えで電気代が高くなってしまうリスク

現在の電力会社から電気料金の安い他の電力会社に乗り換えを行う場合に、気を付けなければならないのは電力会社の中には料金プランの中に、一定の契約期間を定めているケースがあるという点です。

この契約期間の満了を待たずに他の電力会社に乗り換えを行ってしまうと違約金が発生することがあり、結果として電気料金が高額になってしまうというリスクがあります。

転勤が多い仕事をしている人や引っ越しの予定がある人は、料金プランの詳細をしっかりと確認しておきましょう。

③経営状況によっては倒産するかもしれない

新しい電力会社の中には規模が小さい会社もあり、経営状態によっては倒産してしまうことも考えられます。

契約している電力会社が倒産しても電気の供給が止まってしまう恐れはありませんが、新たに他の電力会社と契約を行うまでは既存の電力会社から電気の供給を受ける必要が出てきます。

このことにより、電力会社に支払う電気料金が高額になる可能性があります。

電力自由化の3つのメリット

電力自由化には、以下の3つのメリットがあります。

  1. ぴったりの料金プランに契約できれば電気代は安くなる
  2. ポイント還元やキェンペーンなどのサービスを受けられる
  3. 電気使用量が可視化しやすい

①ぴったりの料金プランに契約できれば電気代は安くなる

電力自由化により多くの他業種の会社が電力事業に参入し、プランも豊富になりました。

このような豊富なプランの中から自分のライフスタイルに合ったものを選び利用することで、電気料金を低く抑えることができます

例えば昼間は仕事などで家を空けることが多いため昼間の電力使用量が少ないという方は、昼間の電気料金は高くても夜間の電気料金が低く設定されているプランを選ぶことで電気料金を低く抑えられます。

また、携帯電話会社やガス会社なども電力事業に参入しており、これらのサービスと合わせて電力会社を選べば、電気料金やその他のサービスの料金がお得になるといったプランもあります

多くの新電力が提供するサービスは多種多様なので、どの電力会社を利用するかは各電力会社の公式ホームページや比較サイトなどを見ながら内容をしっかりと把握して、慎重に決めることをおすすめします。

②ポイント還元やキェンペーンなどのサービスを受けられる

新しく電力事業に参入した業者は、新規利用者を獲得するためにさまざまなキャンペーンを実施している会社もあります

これらのキャンペーンには期間が決められていないものもありますが、中には期間が限定されているものもあるため、お得に電力会社を乗り換えたい場合は、乗り換えの時期についても慎重に決めるようにしましょう。

キャンペーンの例としては、以下のようなものが挙げられます。

おうちでんきでは、2020年2月1日土曜日よりキャンペーン実施中に「おうちでんき」に申し込み、かつ申し込みから6か月以内に「おうちでんき」が開通し電気の需給が開始された方に限り初月の電気料金が0円になるキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンは今後も継続の予定ですが、キャンペーン終了時にはその2週間前までにソフトバンク株式会社の公式ホームページで告知が行われるので、「おうちでんき」への加入を検討している方はこの公式ホームページをチェックしておきましょう。

おうちでんき以外にも各電力会社がそれぞれ顧客獲得のために実施しているキャンペーンをチェックし、自分の電気利用状況やその他ライフスタイルなどに照らし合わせて一番お得に電気を利用できる電力会社を選びましょう。

③電気使用量が可視化しやすい

これまでの電気使用量は、各家庭に設置されているアナログの「機械式メーター」よって計測されていました。

そのため、電気料金請求のお知らせが来て初めてその月に使った電気使用量を知る人がほとんどでした。

しかし、今後は電力使用量をデジタルで計量する通信機器が搭載された電力メーターである「スマートメーター」が普及してくると考えられています。

アナログの機械式メーターをスマートメーターに付け替えることで、電力の「見える化」を実現することができます。

機械式メーターとスマートメーターの大きな違いは、通信機能の有無です。

スマートメーターは機械式メーターと異なり通信機能がついているため、毎月の電気使用量のチェック(検針)や電流のON/OFFを遠隔操作で行うことができます

また、利用している電力会社のホームページやアプリを利用すれば、電気使用量がグラフなどの分かりやすい形で表示されるため、自分の家でいつ、どれぐらいの電力を使用したかが分かります

さらにHEMSという家庭のエネルギー管理システムをスマートメーターと併せて設置することで、さらに電力使用量の見える化を進めることができ、家電のコントロールを行うことができるようになります。

電力自由化に関するQ&A

ここでは、よくあるが電力自由化に関しての疑問に関して解説していきます。

①賃貸マンションやアパートも電力自由化の対象?

結論から言えば、賃貸マンションやアパートでも自由に電力会社を選ぶことが可能です。

その理由は電力メーターが大家の持ち物ではなく、電力会社の持ち物であるためです。

ただし、高圧一括受電契約を行っているマンションは分譲マンションであっても個別に電力会社を切り替えることはできません

電力会社によっては高圧一括受電を行っているマンション向けのプランを用意しているケースもあるため、プランの変更を希望する場合には現在利用している電力会社のホームページを調べたり、問い合わせを行うことをおすすめします。

②オール電化でも新電力にすれば安くなる?

オール電化とは、給湯・調理・冷暖房などのエネルギーを全て電力でまかなう「オール電化住宅」のことをいいます。

オール電化ではない住宅のほとんどでは電力とガスを利用していますが、オール電化住宅にすることによりエネルギーの料金を全て電力にまとめることができ、経済的になるというメリットがあります。

電力自由化により新たに電力事業に参入した会社の中には、オール電化プランを提供している会社もあります。

オール電化プランに切り替えを行う場合には、一般的なプランより割安になることがあるため、検討する価値は十分にあります

オール電化プランに切り替えを行うと、電気料金が割安になる以外にもWAONポイントやnanacoポイントなどが付与されたり、電気自動車を持っている場合には「カーオプション」を選択することで所有している車の種類により、ガソリン代の割引を受けたり電気料金の割引を受けたりすることができます。

そのため、新電力のオール電化プランに切り替える際も自分のライフスタイルに合った電力会社のプランを選択することが重要です。

③新電力に乗り換えても停電リスクはないの?

新電力に乗り換えた場合、乗り換えた電力会社の経済規模が小さいと、その会社が倒産してしまう可能性がないと言い切ることはできません。

そのような場合には、電力の供給がストップしてしまい停電になってしまうのではないかと心配される方もいらっしゃると思います。

しかし、電力会社が倒産しても電力の供給がストップすることはありません

電力会社が倒産しても、代わりに従来の大手電力会社が電力の供給を行うため、新電力会社の倒産により停電になる心配は必要ないといえます。

ただし、自然災害などによる停電のリスクはありますが、このリスクの大きさは大手電力会社から電力の供給を受けている場合と同じです

④新電力にするために工事は必要?

新電力に切り替える際には基本的に工事は必要なく、手続きのみで電力会社の乗り換えが可能です

ただし、スマートメーターの設置が行われていない住宅の場合には、機械式メーターとスマートメーターの取替工事が必要になります。

スマートメーターへの取替工事を行うのは新電力会社ではなく、東京電力や関西電力などの従来利用していた大手電力会社で、工事費用は無料です。

スマートメーターに取り替えることにより、自宅の消費電力の見える化を実現することができるようになります。

⑤大手電力会社と新電力の電気の質は同じ?

新電力は大手電力会社に比べて利用料金が安かったり、各種優待があったりするため、「安かろう、悪かろう」といった感じで電力の質も劣るのではないかと疑問に思われている方もいらっしゃると思います。

新電力の電力が送られてくる仕組みや品質は、これまで利用していた大手電力会社のものとまったく変わらないため、電力が弱かったり停電が多かったりなどといったデメリットはありません

まとめ

ここまで、新電力の仕組みとデメリット・メリット、新電力への切り替えを検討している方が抱くであろう疑問に対してのQ&Aについて記述してきました。

新電力に関する理解を深めていただけたことと思います。

大手電力会社の電力を利用している方もまだ少なからずいらっしゃることと思いますが、ご自身のライフプラン合っているかや、ついていると嬉しいキャンペーン、特典などを良く調べて、数多くある新電力の中からメリットの多いプランを利用することで、お得に電力を利用するようにしましょう。

関連記事

太陽光投資

記事一覧へ
記事一覧へ

節税・税金

記事一覧へ
記事一覧へ

投資・資産形成

記事一覧へ
記事一覧へ

年収・節約

記事一覧へ
記事一覧へ

SOLACHIE presents

  • 太陽光投資の「失敗確率を下げるノウハウ」を一冊の本に!無料の限定資料をプレゼント

  • 投資スタートした場合の、実際の利回りシミュレーションをプレゼント

  • 太陽光投資プラットフォーム「SOSEL」非公開物件をご紹介

SOLSELコンシェルジュに
太陽光投資の相談

コンシェルジュがサポートいたします。
まだサイトに掲載されていない投資物件も多数ございます。
ぜひお気軽にお問い合わせください。