太陽光発電とは

Solar Power


太陽光発電でできること

太陽光発電の3つの側面

投資目的に最適です!

2012年7月から国が制定・施行したFIT(電力固定価格買取制度)により、その投資性が確保されるようになり、拡がりを見せています。固定価格買取制度とは、電力会社が自然エネルギーで発電された電力を一定期間、同じ金額で買い続けてくれる制度です。
この買取価格は年々下がっているものの、いまだにその利回りは十分に採算が取れる水準にあり、人気の高い投資となっています。
太陽光発電には、大きく分けて2種類あります。

住宅用(10㎾未満)の太陽光発電

畳1畳分くらいの大きさのパネル40枚程度までがこのシステムに該当します。住宅用の屋根への設置が主で、発電した電気を主に自宅で消費します。発電の方が多いタイミングでは、電力会社に勝手に売られていきます。余剰電力買取制度が適用され、FIT適用期間は10年で、産業用に比べ買取価格は高いです。

産業用(10kw以上)の太陽光発電

20年全量売電制度が適用され、電力を販売するために作るのがこの産業用太陽光発電です。
工場の屋根や地面への設置はもちろん、池の上などにも拡がりを見せています。
当社では、この産業用の発電所を土地とセットでご案内しています。
投資の規模も様々で、400万円前後の投資物件から、数百億円の物件まで幅広いのも特徴です。
小規模の投資物件でもしっかりと利益が出やすく個人単位での投資も盛んに行われています。

環境に優しい自然エネルギーです

CO2を出さない発電所として、環境保全に貢献できます。
太陽光発電所のオーナーになると、何もしなくてもCO2削減に貢献している事に繋がります。
未来にきれいな地球を残すためにも化石燃料に代わるエネルギー源として世界中で注目を集めています。
エネルギー自給率が非常に低い日本では、特に電力の自給率を高める事は必要な施策でもあります。

手軽に行えることも一つの特徴です

今では、住宅用では100万円を切る事もあり、投資用でも400万円程度の物件から販売されています。
400万円から、しっかりと安定した収益を生み出せる収益物件を保有出来るという手軽さと確実さから、収益物件としての人気が高くなっています。

太陽光発電の仕組み

電力は電圧の高い方から低い方に流れます。その仕組みを使って電力は売られていきます。
太陽光発電所から電線に流れた電力量は、電力メーターによって計測され、毎月、その電力メーターの指示数値によって電力会社からお金が振込まれます。
また、太陽光パネルで発電された電力は、パワーコンディショナーやインバーター、変圧器により、調整され、送電網に送られていきます。
そのおかげで、火力発電所などで発電された電力と同じように各需要家が自然に使える電気に変換されているのです。

他の再生可能エネルギーと太陽光発電

再生可能エネルギーには大きく分けて、下記の5種類があります
もちろん、どの発電にも良いところも悪いところもあります。
その中で、太陽光発電がこれだけ早く拡大している背景には、開発や稼働許認可の取りやすさや小規模から取り組むことが可能な点が挙げられます。

物件紹介

和歌山、滋賀、京都、兵庫など物件複数あり!

1600~2500万円

岐阜、愛知、東濃・西濃エリア、三重など

1600~2500万円

SOLxSELL
株式会社イードリーマー
〒150-0011
東京都渋谷区東3-14-15
MOビル5F
TEL/ 03-5778-3398(部門直通)
FAX/ 03-5778-3003