太陽光発電の保険~ソーラーの維持管理①

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

突然ですがみなさん、

 

 

「太陽光発電所の保険はしっかりと入ってますか?」

 

 

 

なぜ、いきなりこんな質問をしたかというと、最近立て続けに2件、太陽光設備への落雷の話が出たからです。

 

 

たまたまかも知れませんが。。。意外と少なくない様ですね。

 

落雷イメージ画像

※写真はイメージです

 

 

落雷の被害を受けた場合どうなるかと言うと、かなりの枚数のソーラーパネルの交換を要します。

パワコンは、一度の落雷までならブレーカーが保護する仕組みの物が多いですが、その修繕は行わなければなりません。

50kwの低圧発電所でも、

 

 

その被害額はおそらく300~600万円

 

 

くらいになるのではないでしょうか。

 

 

修繕できなければソーラーの再稼働は出来ず、売電の停止。そんな中、借入金の支払があったとすると。。。

少し恐ろしいですね。

 

私の経験上、太陽光発電は、必ずしも余剰資金で投資しているわけではなく、売電収入が途切れるとお支払が企業活動(個人の場合は生活)を圧迫する事も少なくない様に思います。

 

 

保険に入っていれば、その修繕に要した費用は勿論、発電所停止期間中の売電収入も補填されるサービスもあります。

 

SOLSELLでは、そういった再稼働が困難な状況の発電所も適正価格での仲介が可能です。

 

また、保険代理店資格も取得しており、保険加入のご相談にも個別に対応しております。

 

 お困りの時、ご心配な時。 お気軽にご相談

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

物件紹介