Loading...

太陽光発電の仲介業者って何?特徴や買取業者との違いなどを解説

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

土地付き太陽光のソルセルブログ太陽光発電売却太陽光発電の仲介業者って何?特徴や買取業者との違いなどを解説

太陽光発電の売買を検討する中で、「仲介業者」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

仲介業者とは、私たちが太陽光発電を取引する中で重要な役割を果たしています。

そこでこの記事では、仲介業者の特徴や「買取業者」との違い、メリット・デメリットなどを解説します。これから太陽光発電の取引を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

太陽光発電所を”売る”方法は2つ

太陽光発電所を”売る”方法

まず、太陽光発電所の売却方法は2つあります。

それは「買取業者に売却する」か「仲介業者に売却する」かです。次から詳しく見ていきましょう。

中古の太陽光発電所を売却できる「買取業者」

1つめは、買取業者へ直接売却する方法です。

仲介せずに、自分で買取業者を見つけてきて太陽光発電所を売却します。

仲介する必要がない分、引き渡しまでの期間がスピーディーに進むので、現金化は早いメリットがあります。

また、仲介業者を介さないので、仲介手数料が掛かることはありません。

ただし、買取業者の買取額は相場より低いことが多く、仲介業者へ依頼するよりも売却額は少なくなる欠点があります。

売買を仲介する「仲介業者」

2つめの売却方法が、仲介業者のネットワークを利用することです。

仲介業者は購入希望者と売却希望者の間に立ち、中古物件の売主探しや価格交渉などを代行します。

現代では仲介サイトを用意する仲介会社がほとんどで、Web掲載をしたり、購入希望者がインターネットで簡単に物件を探したりできるようになっています。

ソルセルも、太陽光発電所の購入希望者と売却希望者をつなぐ仲介プラットフォームです。

特に中古物件の取り扱いに強いので、気になる方は気軽にお問い合わせください。

太陽光発電所を”買う”ならば「仲介業者」を利用

太陽光発電所を”買う”ならば「仲介業者」を利用

太陽光発電の売却には2つの方法がありますが、一方で購入の場合は「仲介業者を利用する」ことが基本です。

施工店から直接購入する方法もありますが、太陽光発電に馴染みのない方には難易度が高く、あまりおすすめできません。

仲介業者の場合は専門家がいるので、太陽光発電に詳しくない方でも気軽に相談できるようになっています。

また、仲介プラットフォームを利用すれば、施工店から直接買い付けるよりも適正価格で取引できる可能性が高いのでおすすめです。

こちらについては、次から詳しく説明します。

仲介業者で売買する2つのメリット

太陽光発電所の売買で、仲介業者を利用するメリットを2つ紹介します。

適正な価格で取引できる

多数の購入希望者と売却希望者が取引できる仲介プラットフォームを利用すれば、適正な価格で取引できます。

たとえば、太陽光発電所を売却するために、直接買取業者と取引する方法があります。

仲介業者を利用しないため仲介手数料は掛かりませんが、一方で適正価格を知らないので相場の価格よりもかなり低くなってしまうことがあるのです。

特に、買取業者のビジネスモデル上、太陽光発電を高い金額で買い取ることは難しく、売却希望者にとっても希望額で売れないことが起こり得ます。

一方で、仲介業者を利用する場合は専門家がついているので、悪質な業者に引っかからない限りは、相場よりも極端に低い価格で取引されることはないでしょう。

また、多くの購入希望者がいる仲介プラットフォームでは、市場原理が働き適正な価格で売却できます。

そのため、太陽光発電所の売却を検討している方は、多くの人が参加する仲介プラットフォームを選ぶのがおすすめです。

面倒な手続きを丸投げできる

仲介業者を利用する場合、必要書類の作成や価格交渉など、面倒な手続きを業者へ丸投げできます。

また、自分が準備しないといけない作業もサポートしてくれるので、希望売却額の相談や現地視察など自分が必要なことに集中できるのです。

太陽光発電所の売買には、成約までに多くの書類作成や手続きが必要です。たとえば購入の場合、太陽光発電所の情報収集から融資先の検討など、売却の場合は提案書の作成や登記の手続きなど、非常に面倒な作業が付きまといます。

多くの方は太陽光発電に多く関わった経験がないので、何がどうなっているのかよくわからないでしょう。

そこで、仲介業者を利用する場合、売買経験の豊富な担当者がこれらの作業を代行やサポートをしてくれます。

そのため、売却希望額の相談や購入物件の視察など、本当に自分が必要なことに集中できるのです。

仲介業者を利用するデメリット

続いて、太陽光発電所の売買で仲介業者を利用するデメリットには何があるのでしょうか?

売却して現金化するまでに時間が掛かる

仲介業者を介して太陽光発電所を売却すると、現金化に時間が掛かってしまいます。

なぜなら、仲介業者は購入希望者と売却希望者の間に立って調整しているからです。

仲介業者を利用すると、どれだけ早くても引き渡しまで3ヶ月以上掛かります。

さらに、高めの価格で売却したい場合は、半年間を見積もっておくのが賢明です。

まずは物件を出品して、購入希望者が現れるのを待つことになります。

よほど優れた物件か、売却額をかなり低く設定していない限り、売却先が見つかるまでに時間が掛かります。

また、買取業者のように直接やり取りできるわけではないので、購入希望者との契約や名義変更などの手続きにどうしても時間を要してしまうのです。

すぐに太陽光発電所を現金化したい場合は、売却額は低くなりますが、買取業者を利用する方がよいでしょう。

仲介手数料が掛かる

当然ですが、仲介業者を利用すれば仲介手数料が掛かります。

不動産の売買と違って仲介手数料に上限はないものの、おおむね3%程度が相場です(ソルセルも3%で設定しています)。

太陽光発電所は数百万~数千万円で取引されるので、3%でも多額の仲介手数料が掛かります。

たとえば、2,000万円で太陽光発電所を売却する場合、仲介手数料は60万円です。

ただし売却においては、直接買取業者とやり取りすると、仲介業者よりも安い金額で売ることになる可能性が高くなります。

一方で仲介業者の場合は、購入希望者とのネットワークをもっているため、仲介手数料を含めても高く売れるでしょう。

仲介業者で売買する際の手続き

仲介業者で売買する際の手続き

太陽光発電を仲介業者で売買する際の手続きについて解説します。

購入の手続き

太陽光発電を購入する際は、次のようなフローで手続きを進めます。

太陽光発電購入の手続き
  • ①仲介業者へお問い合わせ
  • ②希望の物件を探す
  • ③現地を視察
  • ④太陽光発電所を確定
  • ⑤融資や契約など
  • ⑥成約、引き渡し

太陽光発電の購入を検討している方は、まずは自分が選んだ仲介業者へ問い合わせます。

業者を選ぶ際は、過去の取引実績などを参考にして、なるべく信頼の高いところを選ぶようにしましょう。

また仲介業者ならば、物件探しや融資探し、契約書作成などのサポートを受けることが可能です。

面倒な書類作成も、仲介業者へ任せてしまいましょう。

売却の手続き

売却の手続きも、購入の場合とほとんど変わりません。

太陽光発電売却の手続き
  • ①所有する太陽光発電の売却査定を依頼する
  • ②担当者と相談し売却価格を決定する
  • ③販売を開始する(Web掲載など)
  • ④購入希望者が見つかれば契約へ進む
  • ⑤成約、引き渡し

売却も購入と同様、多くの書類作成や煩雑な手続きはありますが、仲介業者が代行やサポートをしているので安心して取引できます。

まとめ

太陽光発電の売買において、仲介業者の特徴や買取業者との違い、メリット・デメリットなどを解説しました。

仲介業者を利用するメリットは、適正価格で取引できる点や、面倒な手続きを丸投げできることがあります。

一方で、買取業者と違って売却に時間を要する点や、仲介手数料が掛かる点には注意が必要です。

仲介業者を介して太陽光発電所を売買する場合、書類作成や融資探し、契約に至るまで、一連の流れを丁寧にサポートしてくれます。

安心して取引できますので、太陽光発電について気になる方は気軽に問い合わせてみましょう。

無料E-Book
『太陽光発電投資 完全成功マニュアル』

太陽光に関する無料E-book

太陽光発電について気になるけど、
覚えることが多くて、
情報がまとめられない

…と悩んでしまいませんか?

そんな投資やメリット、その他のお悩みを
解決するのがこのE-Bookで、

  • 太陽光発電投資の将来性を担保する4つのメリット
  • 業者選びやシミュレーションで失敗しないための、5つの注意ポイント
  • 仲介料・掲載料・代行料オールゼロ!な面倒ごと丸投げサービス

と、太陽光発電や投資、注意ポイントなどと
働かないで副収入を得られる太陽光投資をしたい!」
考えている方に嬉しい
1冊になっています!

無料E-Bookであなたも太陽光オーナーに!

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

物件を探すのが不安な方向けに
セミナー開催!

物件を探すのが不安な方向けにセミナー開催!