消費税還付とは?太陽光発電でも申告すれば消費税が戻ってくる仕組みを簡単に解説!

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

土地付き太陽光のソルセルブログ税金や消費税還付について消費税還付とは?太陽光発電でも申告すれば消費税が戻ってくる仕組みを簡単に解説!

太陽光発電を導入すると、購入金額に応じて消費税が戻ってくることをご存じでしょうか?

そこで、今回は消費税還付の詳細と、太陽光発電で消費税が戻ってくる場合について解説します!

消費税還付とは?

消費税還付とは、課税仕入で支払った消費税が、課税売上で預かった消費税額を上回った時、その差額を還付してもらえる制度です。課税仕入や課税売上とは、消費税の課税対象となる取引のことを指します。

事業者は、取引で預かった消費税をすべて国へ納付するのではなく、基本的には、課税売上で預かった消費税から課税仕入で支払った消費税額を差し引いて納付します。

<事業者が納付する消費税>

納付額=課税売上で預かった消費税-課税仕入で支払った消費税

例えば、ある会社の課税期間で、課税売上による消費税が500万円、課税仕入による消費税が100万円だとします。この場合、差額の400万円を国に納付することになります。

逆に、課税仕入による消費税額が課税売上の消費税額を上回った時は、その差額を還付してもらうことができます。これが「消費税還付」です。

消費税還付を受けるには?

課税仕入で支払った消費税額が、課税売上で預かった消費税額を上回れば、その差額が還付されます

では、消費税還付を受けられるケースについて詳しく見ていきましょう。

例えば、雑貨屋が1年間で1個100円(税抜)のコップを200個販売したとします。この時、税抜の課税売上高は20,000円になり、預かった消費税は2,000円になります。

<雑貨屋が売上で預かる消費税>

課税売上高:100円×200個=20,000円(税抜)

預かった消費税:10円×200個=2,000円

一方で、雑貨屋はコップを仕入れるために、卸売業者から年間で1個50円(税抜)のコップを200個と、コップを店頭に並べるための商品棚を1個50,000円(税抜)で購入しました。すると、仕入で支払った消費税は以下のようになります。

<雑貨屋が仕入で支払う消費税>

コップ:5円×100個=500円

商品棚:5,000円×1台=5,000円

支払った消費税:500円+5,000円=5,500円

よって、雑貨屋の年間の消費税額を計算すると、以下のようになります。

<雑貨屋が仕入で支払う消費税>コップ:5円×100個=500円

商品棚:5,000円×1台=5,000円

支払った消費税:500円+5,000円=5,500円

つまり、この雑貨屋は課税仕入で支払った消費税額が3,500円超過していることになります。そのため、確定申告することでこの超過分3,500円が国から還付されます。

このように、事業者は消費税還付を利用することで、課税仕入で支払った消費税額を還付してもらえるケースがあります。

太陽光発電も消費税還付の対象になる!

実は、太陽光発電も消費税還付の対象となり、事業者が節税対策の一環として太陽光発電を購入する場合でも、消費税還付を受けられます

太陽光発電で消費税還付を受けられるのは、太陽光発電による課税仕入の消費税額が、売電収入の消費税額を上回った時です。

<太陽光発電で消費税還付を受けられるのは>

太陽光発電関連で支払った消費額>売電収入で預かった消費税

※太陽光発電に関連する課税仕入の一例→太陽光発電の工事代金、点検、清掃など

例えば、太陽光発電設備の導入による工事金で500万円の消費税を支払い、その事業年度の売電収入で100万の消費税を預かったとします。この場合、課税売上よりも課税仕入で支払った消費税の方が多いので、差額の400万円が還付されることになります。

<太陽光発電で消費税還付を受けるケース>

・太陽光発電の工事で支払った消費税(課税仕入)=500万円

・売電収入で預かった消費税(課税売上)=100万円

500万円-100万円=400万円(課税仕入による消費税額の超過)

このように、太陽光発電設備に関わる仕入の消費税が売電収入の消費税を上回れば、その分が還付の対象となります。

消費税還付の対象は課税取引だけ

消費税還付の対象になるのは、消費税の課税対象となる取引のみです。言い換えれば、非課税の取引は消費税還付の対象とはなりません

以下は、非課税取引の一例です。

<非課税取引の一例>

・土地の譲渡や貸付

・有価証券(株式や債券など)の譲渡

・預貯金や貸付金の利子

・郵便切手や収入印紙 など

例えば、太陽光発電に関連して非課税取引になるのは「土地の譲渡や貸付」です。太陽光発電を新たに設置するために取得した土地は非課税になるので、そもそも消費税還付に含まれません。

非課税取引は消費税還付の対象ではありませんので、消費税還付の計算をする際には注意が必要です。

会社員は消費税還付の対象にならないことが多い

給与所得で生活するサラリーマンは、原則として消費税還付の対象にはなりません

なぜなら、課税対象になる取引は「反復・継続・独立して行われる」ような、事業性のあるものに限られるからです。

例えば、サラリーマンが家庭用の太陽光発電を設置し、余剰電力から得た売電収入は非課税になります。これは一見すると課税取引のように思えますが、「生活用資産(非課税資産)で取引している」という捉え方になるので、事業性はなく消費税の課税対象とはなりません。

ただし、会社員の方でも、事業性の認められる取引をしている場合は課税取引の対象になります。例えば、サラリーマンが産業用の太陽光パネル(10kW以上)を設置し、全量売電(発電電力をすべて売却する)で売電収入を得る場合は、課税取引の対象になります。

この場合は確定申告が必要になるため、消費税の還付を受けることも可能です。

課税事業者になるための条件

消費税の還付を受けられるのは、課税事業者です。課税事業者とは「消費税を国に納付する義務がある事業者」のことを指します。

課税事業者になるための条件は、以下の通りです。

以下のいずれかを満たす

①前々事業年度(基準期間)の課税売上高が1,000万円を超える

②前事業年度の上半期(特定期間)で課税売上高が1,000万円を超える

③資本金または出資金が1,000万円以上

④免税事業者が自ら課税事業者になることを選ぶ

上の①~③のいずれかの条件を満たせば、意思に関わらず課税事業者となります。また、④にあるように、免税事業者でも自ら課税事業者を選ぶことも可能です。

課税事業者になると、課税期間における消費税を国に納付する必要があります。一方で、課税事業者には消費税の還付を受ける権利が与えられます。

課税事業者には届出が必要

課税事業者の条件に該当する場合は、速やかに所轄の税務署に届出が必要です。

課税事業者に必要な届出は以下の通りです。

<課税事業者に必要な届出>

課税事業者になる条件 所轄の税務署に必要な届出
①前々事業年度(基準期間)の課税売上高が1,000万円を超える 「消費税課税事業者届出書(基準期間用)」を、速やかに提出する
②前事業年度の上半期(特定期間)で課税売上高が1,000万円を超える 「消費税課税事業者届出書(特定期間用)」を、速やかに提出する
③資金または出資金が1,000万円以上 「消費税の新設法人に該当する旨の届出書」を速やかに提出する※
④免税事業者が自ら課税事業者になることを選んだ時 「消費税課税事業者選択届出書」を提出する

※既に、「法人設立届」に課税事業者の旨を記載している場合は届出不要

課税事業者になるケースに応じて、所轄の税務署へ届出を行う必要があります。

免税事業者で消費税の納付を免除できる!

実は、免税事業者になると、預かった消費税を国に納める必要がなくなります。

免税事業者とは、「国に消費税を納付する必要がない事業者」のことです。

免税事業者の大きなメリットとして、預かった消費税をそのまま自社の売上できることが挙げられます。太陽光発電で言えば、売電収入で預かった消費税がそのままポケットマネーになるということです。

免税事業者になるには、以下の要件を満たす必要があります。

<免税事業者になる条件>

以下のすべてを満たす

①前々の事業年度(基準期間)の課税売上高が1,000万円以下

②前事業年度の上半期(特定期間)の課税売上高が1,000万円以上

③資本金または出資金が1,000万円未満

<令和2年 個人事業主の場合の基準期間と課税期間>

(画像引用:消費税のしくみ|国税庁

上の図は個人事業主の場合ですが、原則は基準期間の課税売上高が1,000万円を超えるかどうかによって、免税事業者の判定がされます

言い換えれば、開業から2年を経たない事業者は参考にする基準期間がないため、自動的に免税事業者となります。ただし、前事業年度の上半期(個人事業主は前年の1月1日~6月30日)で課税売上高が1,000万円を超えた時や、資本金が1,000万円以上の場合は、2年に関わらず課税事業者となります。

課税事業者か免税事業者のどっちがお得?

課税事業者か免税事業者のどちらが会社にとってお得なのでしょうか?

太陽光発電に限った話だと、売電収入で預かった消費税が課税仕入で支払った消費税より多い場合は、免税事業者の方がお得です。課税事業者だと預かった消費税は国に納付する必要がありますが、免税事業者はそのままポケットマネーにできます。

一方で、輸出業者の場合は一般的に課税事業者になる方が得になります。

国内の仕入には消費税がかかりますが、海外の輸出は「海外で消費される」ので、国内の消費税の対象になりません。従って、国内の課税仕入のほとんどが消費税還付の対象になります。輸出業者は免税事業者の条件を満たしても、あえて課税事業者になることが多いです。

課税事業者か免税事業者のどちらが良いかは会社によって異なるので、一概には言えません。また、消費税の還付を受けれらる課税事業者ですが、一度課税事業者になると、すぐに免税事業者に戻ることができません

課税事業者か免税事業者で悩んでいる場合は、一度税理士に相談してみましょう。

課税事業者になるとすぐに免税事業者に戻れない

消費税の還付を受けられるという点では、課税事業者にメリットがあります。

しかし、いったん課税事業者になると、すぐに免税事業者に戻れないといったデメリットもあります。

免税事業者が課税事業者になった場合、原則として該当の課税期間から2年間は免税事業者に戻れません。さらに、調整対象固定資産の取得によって、該当の事業年度から3年間は免税事業者に戻ることはできません

<課税事業者が免税事業者に戻れない期間>

◎免税事業者になることを選択した日から2年間の事業年度

◎以下の①②のいずれかを行った場合、その日から3年間の事業年度

①課税事業者となった事業年度の開始日から2年の間に、調整対象固定資産の課税仕入を行う

②資本金1,000万円以上の事業者が、調整対象固定資産の課税仕入を行う

※調整対象固定資産→棚卸資産以外の資産で、工具や車両、運搬具などの資産のこと。消費税に相当する額を差し引いた金額が100万円以上のものが該当する。

調整対象固定資産には、太陽光発電設備も含まれます。

例えば、以下のようなケースでは、5期目になるまで免税事業者に戻ることはできません。

<調整対象固定資産を購入するケース>

事業年度 納税義務の有無
前期 免税事業者
1期目 課税事業者を選択する ※2期目まで免税事業者に戻れない
2期目 課税事業者。当期で太陽光発電設備(調整対象固定資産)を1,000万円で購入する ※4期目まで免税事業者に戻れない
3期目 課税事業者
4期目 課税事業者
5期目 課税事業者か免税事業者を選択できる

このように、課税事業者になるとすぐに免税事業者に戻れないため、免税事業者が課税事業者になるかどうかを決めるには、慎重な判断が求められます。

太陽光発電を利用して消費税還付を受けよう!

課税仕入で支払った消費税額が課税売上による消費税額を上回れば、消費税の還付を受けられます。太陽光発電の場合、太陽光発電関連の仕入で支払った消費税額が、売電収入による消費税額を上回った時には、消費税還付を受けることが可能です。

ソルセルでは、ご予算やご希望の条件をお伺いして、お客様が納得されるようなご提案をさせて頂きます。ぜひ予算や税金関係でお悩みの方は、一度ソルセルまでご相談ください!

無料E-Book
『太陽光発電投資 完全成功マニュアル』

太陽光に関する無料E-book

太陽光発電について気になるけど、
覚えることが多くて、
情報がまとめられない

…と悩んでしまいませんか?

そんな投資やメリット、その他のお悩みを
解決するのがこのE-Bookで、

  • 太陽光発電投資の将来性を担保する4つのメリット
  • 業者選びやシミュレーションで失敗しないための、5つの注意ポイント
  • 仲介料・掲載料・代行料オールゼロ!な面倒ごと丸投げサービス

と、太陽光発電や投資、注意ポイントなどと
働かないで副収入を得られる太陽光投資をしたい!」
考えている方に嬉しい
1冊になっています!

無料E-Bookであなたも太陽光オーナーに!

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

物件を探すのが不安な方向けに
セミナー開催!

物件を探すのが不安な方向けにセミナー開催!

太陽光物件紹介