エコキュートで電気代を安くしよう!価格やメリット・デメリットを徹底検証

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

土地付き太陽光のソルセルブログ太陽光発電の基礎知識エコなどの情報エコキュートで電気代を安くしよう!価格やメリット・デメリットを徹底検証

家計がおトクになると話題の「エコキュート」。しかし、導入費用に最大60万円程度かかってしまうため、本当に導入すべきかどうか悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、エコキュートの価格や仕組み、エコキュートのメリット・デメリットなどをわかりやすく解説していきます!

エコキュートとは

エコキュートとはヒートポンプという省エネ技術を活用した電気給湯機のこと。元々は関西電力の登録商標で、正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」と言います。今では関西電力に限らず各電力会社や給湯器メーカーが本商標を使用しています。

普段私たちが使用している「給湯機」は、水を温めて蛇口から温水が出るようになっていますよね。そんな便利な給湯機は、主に「ガス給湯器」と「電気給湯機」の2種類に分けられます。「電気給湯機」は、火を使わないので火事の危険性もなく、電気料金の安い深夜の電力を使用して夜間のうちに温水を作れるので、電力会社の深夜割引プランと組み合わせて使うことで光熱費が抑えられるというメリットがあります。

エコキュートは「電気給湯機」に分類され、ヒートポンプ技術により通常の電気給湯機よりもさらに光熱費を安くすることができるんです。

エコキュートの仕組み

エコキュートの仕組み

出典:Panasonic「エコキュートの仕組み」

エコキュートのヒートポンプ技術は、電力だけでなく室外のファンによって吸収した外気の熱も使ってお湯を温める仕組みになっています。

外気の熱もエネルギーとして有効活用するため、電力の節約だけでなく環境問題の改善にも貢献できる魅力的なシステムなんです。

エコキュートで電気代が安くなるってホント?

下記でも詳しく解説していきますが、結論から言うと「エコキュートで電気代が安くなる」は「真実」です!

特に、現在プロパンガスを契約している方はエコキュートにすることによって電気代節約効果がかなり高くなります。
プロパンガスの場合、年間で10万円近く電気料金が安くなる場合もあるんです。

初期費用こそかさんでしまいますが、エコキュートを継続的に使用することで月々・年間のランニングコストを抑えられ、エコキュート設置にかかった初期費用を回収することができます。

エコキュートは長期的な目で見ると家計がかなりおトクになる優れものなんです。

それでは、さっそくエコキュートの価格や設置費用について解説していきます!

エコキュートの設置費用相場

エコキュート設置費用の相場は業者や機種にもよりますが、基本的に工事費と本体価格込みで30万~60万程度です。エコキュート本体はメーカー希望小売価格で80万~100万程度が提示されているため、相場の安さに驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそこから50%~80%程値下げした価格で流通しているケースが多いです。

実際にダイキン製商品で例を挙げると、3~5人向けのフルオートタイプはメーカー定価だと税込1,045,000円。しかし、価格比較サイトで見ると税込240,000円程度で販売されています。

工事費用は既存の給湯機が電気かガスかといった点でも変わってきます。基本的には下記の①から③の順番で工事費用が高くなるとお考え下さい。

  • ①エコキュート同士の交換工事(本体処分&置き換え工事)
  • ②電気温水器からエコキュート(①+ヒートポンプユニット架台)
  • ③ガス給湯器からエコキュート(②+追い炊き配管・浴槽アダプタ・タンク基礎・電気配線工事)

エコキュートの電気代シミュレーション

「エコキュートを設置すると電気代が安くなるのは分かったけど、実際に支払う金額はどれくらいになるの?」という疑問を抱いた方のために、ここではエコキュートを設置した場合の電気代を具体的にご紹介していきたいと思います。

今回は4人~7人家族向けのダイキン製パワフル高圧オートタイプ角型460Lで電気代のシミュレーションを行いました。

導入前 導入後
【都市ガス家庭想定】

電気料金:14,000円/月
ガス代:5,000円/月

168,500円/年 164,500円/年※4,000円おトク!
【LPガス家庭想定】

電気料金:14,000円/月
ガス代:9,000円/月

203,300円/年 181,000円/年※22,300円おトク!

このように、プロパンガスを使用している家庭や既存の光熱費が高ければ高い程エコキュートを導入するとおトクになります。上記はほんの一例にすぎませんので、それぞれのご家庭に合わせてシミュレーションを行ってみてくださいね。

ダイキン製のエコキュートのシミュレーションはこちらの「エコチェック試算」からおこなえます。

エコキュートのデメリット

エコキュートを設置する場合、下記のようなデメリットがあります。

  • 【デメリット①】設置費用が高い
  • 【デメリット②】お湯の使用量の管理が必要
  • 【デメリット③】タンク内の掃除が手動
  • 【デメリット④】騒音が目立つ
  • 【デメリット⑤】水圧が弱くなる
  • 【デメリット⑥】入浴剤の使用が制限される

順番に解説していきます!

【エコキュートのデメリット①】設置費用が高い

エコキュートのデメリット

エコキュートの設置費用は、本体購入に15万~30万円、そして取り換え工事にも15万~30万前後とトータルで30万~60万程度かかってしまいます。気軽に設置できるお値段ではありませんよね。

しかし、エコキュートのメリットでもご紹介したように、自治体から補助金が貰える場合もあります。例えば東京都の新宿であれば10万円の補助が出ます。電気代が安くなるというメリットもありますので、導入時に発生したコストはエコキュートを長く活用することでしっかり回収できるんです。

三菱電機のHPではエコキュートを使用した場合の電気料金を簡単にシミュレーションできますので、ご自宅で使用している電力会社や給湯機とで費用をしっかり比較した上で導入することをおすすめします。もう少し詳しくシミュレーションしたいという方は、エコキュートを扱うダイキン社のHPでより詳細な金額をシミュレーションすることができますので、機種や家族構成・プラン毎の見積もりを出したい方は是非参考にしてみてくださいね。

エコキュートの初期費用を抑えるならリースも可能

どうしても初期費用を用意することができない…という場合にはリースも可能です。購入とは違い、一定の期間でエコキュートを借りる契約を結び、期間満了後は業者に本体を返却するという方法で、初期費用が抑えられる他にリース期間中の修理が無料で受けられるといったメリットがあります。

しかし、リース期間中に解約する場合は手数料が発生してしまいます。契約期間中は引っ越しや災害などの事情も一切考慮されないため、そういったリスクがある場合にはおすすめできません。また、基本的には10年契約であることが多いです。電気料金とは別に月々5,000円前後のリース料を支払うことになるため、エコキュートを購入した場合よりもトータルの費用がかさんでしまう点は注意が必要です。

【エコキュートのデメリット②】お湯の使用量の管理が必要

エコキュートのデメリット

エコキュートは基本的に夜間にお湯を沸かし、貯めたお湯を日中に使用するという仕組みになっています。そのため、夜間の間に貯めておいた量以上のお湯を使用してしまうとお湯切れが発生してしまいます。

エコキュートには学習機能があるため、基本的にはお湯が少なくなった時点で自動的に給湯を行ってくれますが、来客や追い炊きの乱用によっていつもより余計にお湯を使用する場合、エコキュートが対応しきれずお湯切れになってしまいます。

お湯切れを防ぐためには、適切な量のタンクを選ぶこと、そして突発的にお湯の使用量が増えそうな場合にはエコキュートの設定を「自動おまかせ」ではなく「満タン」に変更するといった対応を取ることが必要です。

【エコキュートのデメリット③】タンク内の掃除が手動

最近のエコキュートは耐食性が強く錆びにくいステンレスを採用していることが多いため、タンク内が錆びる心配はありません。しかし、水に含まれるミネラルや殺菌の為の塩素などがタンク下部に貯まってしまうので、定期的な清掃が必要です。

…とは言え、エコキュートのメンテナンスは年に2~3回程度の「水抜き」だけ。汚れが酷い場合には業者に清掃を依頼する必要がありますが、基本的には水抜きだけで十分汚れが落ちますので大掛かりな清掃は必要ありません。

【エコキュートのデメリット④】騒音が目立つ

エコキュートのデメリットとしてよく挙がるのがこの「騒音」。

出典:YouTube「恐ろしいエコキュートの低周波音」

上記の動画でも分かるように、ヒートポンプユニットの稼働音が目立つといったデメリットがあります。加えてエコキュートの稼働は基本的に電気料金が安い深夜の時間帯。設置場所によっては隣家から苦情が来てしまう可能性もありますので、設置場所は自宅の寝室や隣家との距離も頭に入れておきましょう。

【エコキュートのデメリット⑤】水圧が弱くなる

エコタイプの給湯機は、減圧弁の使用により水圧が通常よりも3分の1程度まで下がってしまいます。そのため、シャワーの水圧が弱いといったストレスを感じてしまうこともあるでしょう。最近では高圧タイプのエコキュートも販売されていますので、お湯の同時使用が多いご家庭では製品選びの際にこの点も注意が必要です。

【エコキュートのデメリット⑥】入浴剤の使用が制限される

追い炊きの際にお湯を循環させる仕組みを持つフルオートタイプのエコキュートは、炭酸ガスや硫黄を含むタイプなど一部の入浴剤、または全ての入浴剤の使用を制限している場合があります。

これは、配管やポンプの詰まりを防ぐためです。追い炊き機能の無いエコキュートであればこういった制限はありませんが、追い炊き機能付きを検討されている方は購入前に使用できる入浴剤をしっかり確認しておくことが必要です。

エコキュートのメリット

一方で、設置した方がいいというメリットもあります。ここからは、エコキュートのメリットを見ていきましょう。

  • 【メリット①】電気代が安くなる
  • 【メリット②】補助金が貰える
  • 【メリット③】省エネで環境にやさしい
  • 【メリット④】タンクの水を非常時に使用できる

それでは、順番に解説していきます!

【エコキュートのメリット①】電気代が安くなる

前述したように、エコキュートは主に電気料金が安く設定されている夜間にお湯を温めます。それにより、通常の給湯機でお湯を沸かす場合よりも電気料金が安くなるんです!

特に、都市ガスよりも高いプロパンガスを使用する地域では節約効果が大きくなります。

エコキュートを使用した場合の電気代

出典:ダイキン「エコキュートで光熱費を節約

エコキュートを扱うダイキンの試算によると、エコキュートを使用した場合年間で5万円近くも電気代を節約することができます。

エコキュートの寿命は10年~15年。工事費込みで30万~60万円程度が初期費用の相場とされているので、年間5万円浮くケースだと6~12年以上の使用で元を取ることができます。長い目で見れば電気代がおトクになるんです。

【エコキュートのメリット②】補助金が貰える

エコキュートは環境問題に大きく貢献する設備。そのため、設置にあたって補助金を得ることができます。

以前は国から補助を受ける事が可能でしたが、残念ながら国が実施していた補助金制度は2010年をもって終了してしまいました。しかし、自治体毎ではまだまだ補助金制度を導入している地域も多いんです。

例えば東京都新宿区のエコキュート補助金は、10万円で補助総額150万円(先着15件)、大阪府泉大津市のエコキュート補助金は上限2万円(予定台数160件)というように、地方や自治体によって補助の範囲は様々です。

補助金制度を知らない方も多いですが、補助金をもらうことでエコキュート設置の初期費用を安くできるといったメリットがあります。エコキュート設置前にはお住いの地域でどのような補助があるのかしっかりチェックしておきましょう。

地域ごとの補助金内容は、こちらの「エコキュート関連補助金」サイトで一覧を確認することができます。

【エコキュートのメリット③】省エネで環境にやさしい

冒頭でも解説しましたが、エコキュートは通常の電力だけでなく、外気の熱をもエネルギーに変えてお湯を温める仕組みを持っており、従来の電気給湯機と比較すると電気の使用量を1/3にまで抑えることができるとされています。エコキュートのようにCO2を排出しないクリーンな「再生可能エネルギー」は、地球温暖化対策に有効で世界からも注目されています。

エコキュートを設置するだけで環境問題に貢献できるというのも大きな魅力です。

【エコキュートのメリット④】貯水タンクの水を非常時に活用できる

電気温水器には、タンクに水を貯めてからお湯を沸かす「貯湯式」と、装置の中を通った瞬間にお湯を沸かす「瞬間式」の2種類があります。そして、エコキュートは貯湯式の電気温水器。「貯湯ユニット」と呼ばれるタンク内には、常に大量のお湯または水が貯まっているため、災害や断水時にはこの水を取り出すことも可能です。そのままの状態で飲用水として使用することはできませんが、生活用水が補えるというのは心強いですよね。

 

エコキュートの注意点

メリット・デメリットを踏まえた上で「エコキュートを導入してみたい!」とお考えの方のために、エコキュートを設置する前に押さえておきたい注意点をまとめました。

【エコキュートの注意点①】悪質な業者

流通価格よりも高い定価の値段を提示してくるような悪質な業者も存在します。そういった業者に騙されないように、事前にエコキュートの流通相場をしっかりと押さえておく必要があります。

もしも相場よりも高い金額を提示された場合は悪質な業者である可能性が高いため、契約には注意が必要です。手間ではありますが、エコキュート導入の際はなるべく2社以上の業者で相見積もりを取ることをおすすめします。

【エコキュートの注意点②】設置場所

エコキュートを設置するためにはある程度のスペースが必要です。加えて騒音などの問題から隣家・寝室との配置にも配慮する必要があります。エコキュートには薄型タイプの製品もありますので、設置場所の都合やお湯の使用量などを踏まえて工事業者としっかり摺合せして決めると確実です。

【エコキュートの注意点③】電気の契約プラン

エコキュートの導入と共に、電気料金の契約プランも変更する必要があります。エコキュートは「電気料金が安く設定されている夜間」に電気を使用してお湯を沸かす特性を持っていますが、ご家庭で夜間が安くなるプランに加入していなければ意味がありません。

例えば東京電力であれば、エコキュートに適したスマートプランなどが用意されています。工事業者によっては電気の契約プラン変更も合わせて手続きを行ってくれるところもありますので、契約時に電気の契約まで代行してもらえるのかをしっかり確認しておきましょう。

エコキュートまとめ

騒音やメンテナンスといったデメリットはありますが、導入すれば電気料金が最大で年間10万円ほどおトクになるエコキュート。「現在プロパンガスを使用している」「家族が多く、月々の電気代が馬鹿にならないから少しでも家計を楽にしたい」「長い目で見ればおトクになるなら、初期費用も気にしない」という方々には特におすすめです。

ご家庭の状況とエコキュートを使用した場合の電気代をしっかり比較した上で導入を検討してみてくださいね。

無料E-Book
『太陽光発電投資 完全成功マニュアル』

太陽光に関する無料E-book

太陽光発電について気になるけど、
覚えることが多くて、
情報がまとめられない

…と悩んでしまいませんか?

そんな投資やメリット、その他のお悩みを
解決するのがこのE-Bookで、

  • 太陽光発電投資の将来性を担保する4つのメリット
  • 業者選びやシミュレーションで失敗しないための、5つの注意ポイント
  • 仲介料・掲載料・代行料オールゼロ!な面倒ごと丸投げサービス

と、太陽光発電や投資、注意ポイントなどと
働かないで副収入を得られる太陽光投資をしたい!」
考えている方に嬉しい
1冊になっています!

無料E-Bookであなたも太陽光オーナーに!

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

物件を探すのが不安な方向けに
セミナー開催!

物件を探すのが不安な方向けにセミナー開催!

太陽光物件紹介