☀太陽光発電所の工事トラブルの事例で学ぶ、大事な3つのポイント!

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

土地付き太陽光のソルセルブログ太陽光発電やエコに関するお役立ちブログ太陽光発電所の投資家さま向け情報☀太陽光発電所の工事トラブルの事例で学ぶ、大事な3つのポイント!

太陽光発電所の物件や施工会社選びに失敗してしまうと、後々思いもよらないトラブルが発生する可能性があります。
トラブルの中には、無理な設計や、ずさんな設置工事によるものも多くあります。

トラブルが生じてしまうと、稼働当初に思い描いていた「太陽光発電投資で収益を得る!」というよりも、修繕費がかさんだり売電ができなくなったりと、むしろマイナスになってしまうことも考えられます……。

事前に工事の仕上がりに問題がないかを確認するのはもちろんですが、トラブルが発生した時の解決策を頭に入れておくことが大切です。

この記事では、工事トラブルによって生じた事例と解決策をご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてください。

【失敗事例から学ぶ】太陽光発電所の工事でトラブルにならないための3つのポイント

昨今、至る所で太陽光発電所の開発がされていますが、計画自体が、ずさんで無理な設計や施工で設置されている太陽光発電所もあるのです。

このように設置された太陽光発電所は後々トラブルが生じてしまうので、行政や電力会社への確認はもちろん、工事の仕上がりの確認も忘れずにする必要があります。

物件選びに失敗すると、事業開始後に思わぬトラブルが発生したり、発電量や売電収入にマイナスが出てしまう可能性もあります。

最低でも20年間は稼働する太陽光発電設備。太陽光発電所の工事でトラブルが発生した3つの事例と実際に解決した方法をご紹介します。

①太陽光発電所の排水計画の甘さが招いた土地トラブル

排水計画は太陽光発電所設計時の重要なポイントの1つ。

元々、土地の雨水処理が完璧な土地は良いのですが、地盤が弱い場所や大掛かりな開発をした場所は要注意です。

下の画像のように、想定外の場所に雨水が流れることにより、もともとはなかった水路が新たにできて地盤が削られてしまうこともあります

次は、水路により更に土が削られている画像です。

これは、事前の設計にも問題があるのですが、全てが事前の計画通りに行くのはかなり難しいことです。そのため、購入前にここまでの判断を下すのは不可能だと言えます。

<解決策>

雨水の流れをコントロールする必要があるので、地盤の改良とU字溝を設置し、雨水の流れをコントロールできるようにしました

この対策によって、雨水の通り道が定まり、土砂の流出や土地の不安定さを払拭することができました。

②太陽光発電所の小さすぎた調整池が招いた雨水処理トラブル

続いて、太陽光発電所の中にある調整池の大きさと設計が不十分のために生じた、調整池のトラブルをご紹介します。

調整池の大きさ不足や、土留め処理が不十分なことにより、調整池が機能しなくなると、発電所の外に泥水が流れ出たり、鉄砲水の様な雨水流出が発生したりします

これが、思わぬ近隣トラブルや行政指導などに発展してしまう可能性もあります。

<解決策>

雨水の流れるポイントを増やし、調整池を可能な限り大きくします。

雨水の流れを分断して、複数箇所から雨水が流れ出る様に設計しました。

ここが雨水の出口です。泥が外に流れ出ないように土嚢を積んで対策しています。

調整池も大きくなりましたが、水流を複数個所に分け、調整池に流れる水量を少なくすることにより、流れる雨水を振り分けることができるので、調整池にかかる負担が軽減されます

③斜面の保護対策の甘さが招いた崩落危機のトラブル

最近は、山林を切り開いて太陽光発電所を開発している地域も多くなってきています。

そこで懸念されるのが、法面(人工的な斜面)の保護対策の甘さによる斜面の崩落です。

芝がうまく根付かずに、崩れ落ちそうになったり、

完全に土地が空洞化している箇所もあります。

<解決策>

土壌を改良し、土の盛り直しをします。その上から植生シートを使用し、土地を抑えるように覆います。

植生シートは、雨が降ると種子が土に自動的に撒かれて2~3ヵ月で根を張るという優れものです。

植生シートを使用してから3ヵ月後にはこんな状態に!

まとめ

維持管理にかかるコストを極力抑えるというのは、太陽光発電所への投資で一番肝要なことです。

設置工事のコストを削減するために工事に手を抜くと、後々修理代などの費用がかかってしまうかもしれません。

太陽光発電による投資で売電収入を得るのであれば、必要な箇所にはしっかりとお金をかける必要があります

最近では、このような欠点やトラブルがあった場合、FIT(固定価格買取)の売電権利自体が剥奪されてしまうかもしれないという話も出ているようです。

施工会社に是正対応を迫るのは当然の対応ですが、なかなか話が進まないケースもあります。

トラブルが起きた原因全てが施工会社の責任の範囲に当たるかどうかも議論の分かれるところです。

そのため、太陽光発電所を設置する場合は、修繕積立費用をしっかりと計算し、現実に即したシミュレーションを行うようにしましょう

 

太陽光発電所の修繕・トラブルなどもお気軽にソルセルにご相談ください。

修繕のご相談・増設のご相談はこちら

太陽光物件ご紹介

現在売り出し中の物件はこちら

無料E-Book
『太陽光発電投資 完全成功マニュアル』

太陽光に関する無料E-book

太陽光発電について気になるけど、
覚えることが多くて、
情報がまとめられない

…と悩んでしまいませんか?

そんな投資やメリット、その他のお悩みを
解決するのがこのE-Bookで、

  • 太陽光発電投資の将来性を担保する4つのメリット
  • 業者選びやシミュレーションで失敗しないための、5つの注意ポイント
  • 仲介料・掲載料・代行料オールゼロ!な面倒ごと丸投げサービス

と、太陽光発電や投資、注意ポイントなどと
働かないで副収入を得られる太陽光投資をしたい!」
考えている方に嬉しい
1冊になっています!

無料E-Bookであなたも太陽光オーナーに!

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

物件を探すのが不安な方向けに
セミナー開催!

物件を探すのが不安な方向けにセミナー開催!

コメントを残す

太陽光物件紹介