メガソーラー20年継続運用でしっかり確認しておきたい3つのこと

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

昨今、メガソーラーの開発もいたるところで見られるようになりました。

計画自体が杜撰な為、無理な設計・施工で行われているメガソーラーもあります。

行政との確認や電力会社への確認は当然必要ですが、それ以外にも、工事の

仕上がりの確認が大切です。

今回は、工事の仕上がり部分についてのトピックをまとめています。

物件選びを失敗すると、事業開始後に思わぬトラブルが発生する事もある様です。

20年は最低でも使う太陽光発電設備。

対策には費用は掛かりますが、壊れてからでは尚更大変です。

売電も止まってしまいます。

少しでも心配になったら早めの対応をお勧めします。

今回は対策を含め、トラブルの一部をご紹介いたしつつ、提供した解決方法をご紹介します。

ちなみに本物件のEPC(設計、調達、施工)は社名は伏せますがかなりの大手EPCです。

発覚後の対応も杜撰なもので、私もかなり強く言ったのですが、逃げの一手でした。

大手=安心という訳ではないのですね。

では、実際に起こっていた現場のトラブルを1つ1つ見ていきましょう。

1⃣太陽光発電所の排水計画の甘さが引き起こす土地のトラブル

排水計画は太陽光発電所設計時の重要なポイントの一つです。

元々、土地の雨水処理が完璧な土地は良いのですが、地盤が弱い場所。

または大掛かりな開発を行った場所は要注意です。

想定外の場所に雨水が流れることにより水路が出来てしまい地盤が削られてしまった様子。

こちらは、水路により更に土が削られている様子。

事前の設計に問題があるのはもちろんなのですが、全てを計算通りに行うのはかなりの熟練でも難しいですし、購入前にここまでの判断を下すのは不可能です。

改善策

雨水の流れをコントロールすることが肝要です。

しっかりと雨水の通り道を作ってあげましょう。

地盤の改良とU字溝の設置により、雨水の流れをコントロール。

この対策により、雨水の通り道が定まり、土砂の流出や土地の不安定さを払拭することができました。

2⃣太陽光発電所の調整池の計算ミスにより引き起こされるトラブル

続いて、太陽光発電所の中にある調整池の大きさ、設計が不十分のためにおこる調整池のトラブルです。

調整池の大きさ不足や土留め処理の不足により機能しなくなった調整池。

こうなっては、発電所の外に泥水が流れ出たり、鉄砲水の様な雨水流出が発生したりします。

思わぬ近隣トラブルや行政指導などに発展する可能性もあります。

改善策

雨水の流れるポイントを増やし、調整池を可能な限り大きくする。

雨水の流れを分断して複数個所から流れ出る様に設計!

雨水の出口。泥が流れ出る事がない様に対策しています。

調整池も大きくなりました。

雨水の流れを分断。

水流を複数個所に分け、調整池に流れる水量を少なくする。

これにより、雨水を振り分け、調整池にかかる負担を軽減。

排水状態も良好になりました。

3⃣法面の保護対策の甘さが引き起こした崩落危機

最近は山林を切り開いての開発も多くなってきています。

そこで懸念されるのが、法面の保護対策の甘さによる崩落です。

芝がうまく根付かずに、崩れ落ちそうな法面。

完全に土地が空洞化している箇所も・・・・・

対策

土壌改良&土の盛り直し、その上で植生シートを使用して土地を抑える様にします。

植生シート。

雨が降ると種子が土に自動的に撒かれて2~3ヵ月で根を張るという優れものです。

植生シート3ヵ月後。

ざっと、今回はこの様な対策を行い、改善されました。

正直な私の気持ちをお伝えすると、、、

「本能的にやばそうだと思っていた『太陽光発電所』」が

「本能的に安心できる『太陽光発電所』」に変わりました。

維持管理にかかるコストを極力抑えるというのは、太陽光発電所への投資で

一番肝要な事です。

しかし、必要な時にはお金をかける。

これもまた、太陽光発電所の運営に必要な事です。

最近では、このような瑕疵に対して、FIT(固定価格買取)の売電権利自体がはく奪されるという話も出ています。

まずは施工会社に是正対応を迫る。というのは当然です。

なかなか話が前に進まない事もあります。

瑕疵責任の範囲に当たるかどうかも議論の分かれるところです。

マンション投資でも、必ず修繕の積立費用はある程度勘案しておくものです。

太陽光発電所も、修繕積立費用をしっかりと計算し、現実に即したシミュレーションを行うようにしましょう。

太陽光発電のこと、FIT(固定価格買取制度)のことなど。過去ブログもぜひご覧ください。

過去ブログはこちら。

ソルセルは、太陽光発電所の仲介を通じて、みなさんの資産運用のお手伝いをいたします。

現在売り出し中の物件はこちら。

また、太陽光発電所の修繕、増設などもお気軽にご相談ください。

修繕のご相談・増設のご相談はこちら

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

太陽光物件紹介