今年も行ってきました。2016年PV EXPO

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

毎年、2月末~3月頭の3日間、東京ビックサイトで開催されるPV EXPO。

今年は3月2日~3月4日に開催されており、私たちも3月3日に行ってきました。

 

 

 

パネルメーカー、部材メーカー、施工会社、メンテナンス会社、リサイクル会社などなど

様々な職種から今年は1430社が出展しており、来場者は7~10万人規模の大イベントです。

 

 

ちなみに、過去の出展社・来場者数は・・・?

2009年 出展社数: 452社     来場者数: 37,352人

2010年 出展社数: 77社?      来場者数: 80,045人

2011年 出展社数: 659社       来場者数: 90,011人

2012年 出展社数: ???    来場者数: 93,497人

2013年 出展社数: 1585社   来場者数: 76,328人

2014年 出展社数: 1592社   来場者数: 67,371人

2015年 出展社数: 1513社   来場者数: 71,665人

※JETRO~世界の見本市・展示会情報より~

 

 

FIT制度の開始から緩やかに人数は減少しているものの、まだまだ太陽光発電には十分に注目度が高いことが伺えますね!

 

 

今年は、例年に比べると随分と来場者数が少ない印象でした。

それでも、会場内では発電所の売買など、数千万~時には数億円の商談が展開されておりました。

 

目についたのは、新電力やバイオマス発電、風力発電の出展が増えていた事でしょうか。

新たなビジネスを。と思いいろいろと探しましたが。なかなかそう簡単にはいかないもんですね。

その中で、農地活用ソリューションで『太陽光+キノコ栽培』と『植物工場』のビジネスは近い将来に展開致します。

 

 

農地をお持ちの方には、ぜひご紹介したいと思いますので、もうしばらくお待ちください!

既存の太陽光発電事業もさらなる発展のために、お取引先様のブースに挨拶に伺ったり、興味があるブースには立ち寄り、お話を伺ったりして参りました。

 

 

特に我々が気にして聞いていたのは各メーカーにメーカーとしての拘りを確認しに行ったり、将来のビジョンに関するお話しです。

 

 

当然、製品の事、設計の事などいろいろと勉強させていただくお話しも多く、発電所選びの相談相手として良きアドバイザーになれるよう、知識を吸収したり。

 

発電所設計のお手伝いをさせて頂く際に参考になる情報を熟練の施工会社さまから伺ったり。

ソルセルのサービス向上のための勉強の場としても実りある1日になりました。

コロナビール

写真はお取引先様のブースで頂いたコロナビール。最高のひと時ですね^^

お昼からすいません!!

会場の雰囲気など、写真は撮り忘れました!!!!!すいません。。。

 

 

 

最後、会場を出た後に部下に

『何が楽しかった?』と聞いたところ、、、、、、

『コンパニオンさんの、おしりと脚に目が行っちゃいますね。(笑)』と。。。。。。。。。

育成方法を間違えましたかね…

まぁ、若いし、、、それくらい元気がある方が良いという事で(笑)

 

 

 

ソルセルでは再生可能エネルギーやエコ、投資に関する情報を発信しております。

過去ブログ一覧

 

 

 

 

 

弊社取扱い物件の一部をご紹介しています。

物件一覧はこちら

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

物件紹介