ソーラーフロンティアの進化

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

ソーラーフロンティアといえば、実発電量NO.1、影に強い、曇りの日にも、熱にも強い!

など、実力の高さから人気のあるメーカーですが、ここにきて低価格化が進んでいます。

 

 

実際、当社取扱い物件の中でもソーラーフロンティアのパネルで構成された発電所は人気があり、メーカー指名でリクエストが寄せられることも少なくありません。

 

そんなソーラーフロンティアですが、欠点は建築コストが高くなることと、土地の面積を多く必要とすることです。

 

結晶系のパネルに比べると、まだまだ変換効率で劣るソーラーフロンティアは、架台の数量と必要となる土地の面積が1.2倍程度になり、結果、割高になり易い傾向があります。

 

 

そんなソーラーフロンティアですが、パネルの価格自体は低価格化が実現されつつあるようです。

ソーラーフロンティアの製造価格が世界一低価格に?!

これからは、新規の産業用案件は減少の一途をたどり、住宅用でのシェア拡大がメーカーにとっては死活問題になると思います。(または海外という方向もありますが)

 

 

そんな中、ソーラーフロンティアが価格競争力を持つという事は、業界にとっても非常に良いニュースです。

 

 

海外に目を向けてもアジアの市場、とりわけ、高温多湿地域においてはCISモジュールは大変な強みを発揮するものと思われ、今後の活躍が期待できる日本メーカーの一つと言えそうです。

 

 

変換効率の向上、パネル以外の部材の低価格化など、まだまだ課題は残ると思いますが、個人的には大注目のソーラーフロンティアです。

 

 

ソルセルでは、太陽光発電を、エコ、投資、市場など様々な側面から考察していきます。

ブログ一覧

 

 

 

 

 

 

ソルセルは太陽光発電所の仲介サービスです。

取扱い物件一覧

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

物件紹介

和歌山、滋賀、京都、兵庫など物件複数あり!

1600~2500万円

岐阜、愛知、東濃・西濃エリア、三重など

1600~2500万円