太陽光発電物件の落とし穴!?予想発電量と表面利回りに潜む怖いワナ

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

土地付き太陽光のソルセルブログ太陽光発電やエコに関するお役立ちブログ太陽光発電所の投資家さま向け情報太陽光発電物件の落とし穴!?予想発電量と表面利回りに潜む怖いワナ

 

太陽光発電物件を探す上で、重要な数値といえば “予想発電量” と “表面利回り” です。
この2つの指標があることで、太陽光発電投資で「大体どのくらいの利益を生み出せるのか」を予想することができます。

しかし、この予想発電量と表面利回りは、損失係数を少しいじるだけでも、大きく結果が変わってしまうのです。つまり、業者は、お客様が太陽光発電所を『買いたい!』と思うような数値を故意に作り出せます。

そのため、『思ったより利益が出ない……』という事態になってしまう可能性があります。今回は、そんな事態にならないために、業者が嘘の高利回りをアピールできるカラクリについて解説していきます!

その太陽光発電所の予想発電量と表面利回りは大丈夫?

売主様と発電所を購入したい人の双方が損しないために、ソルセルでは、取扱い物件は全て統一した基準を用いて、予想発電量・経年劣化・利回り算出を行っています。

そんな中、物件探しをしていると、購入希望者にとって不利益になってしまうような落とし穴がたくさんありました……。

予想発電量は、新エネルギー・産業技術総合開発が提供する日射量データベース(NEDO)を元に計算しても、ある程度業者がコントロールできてしまいます

そのため、公表している表面利回りがあてにならないケースがあるのです。

自社にとって都合の良い情報をアピールし、購入してもらうという悪質な業者は、まだまだ存在します。

その事実を知らずにいると、業者から提示された情報を信じてしまい、『太陽光投資で利益が出ない……』という事態に陥ってしまうこともあるのです。

予想発電量と表面利回りを過剰に見積もることができるカラクリとは?

基本的な発電量の計算は、

年間発電量 = 

平均日射量 × ソーラーパネル出力 × 365日 × 損失係数(通常0.8~0.87の間くらい)

で算出できます。

 

また、1年の収益は、

年間利益 = 年間発電量 × 売電単価 となります。

 

損失係数とは、温度・汚れによるロス回路の設計・ケーブル等の劣化パワーコンディショナーによる変換効率の低下などを考慮に入れた数値です。

高温な地域やパワコンの変換効率が低い場合は、損失係数を0.8として計算するので、年間発電量が多少低くなってしまいます。

また、『シミュレーションを低く見積もってほしい』といった方もいるので、予想発電量が最低ラインに設定される場合もあります。

 

この損失係数は、通常0.8~0.87ですが、0.90以上といった高めの数値も問題なく使用できるのです

資源エネルギー庁が以前に提供していた発電量シミュレーターでも、0.93という高い損失係数からシミュレーションを行えます。

 

とある物件を例にすると…

売電単価 38.88円(税込)
合計費用 2,200万円
設置場所 東京都世田谷区
設置角度 20度
方角 真南
発電出力 50kW

 

年間発電量は、

3.8(平均日射量)×  50(㎾)×  365(日)×  0.8~0.87  = 55,480kwh~60,334kwh  が適正な数値です。

 

数ある物件の中には、損失係数が0.93で計算されている物件もありました。

この0.93という数値は、パワコンの変換効率の低下分だけを差し引いた値で、パネルの汚れケーブルの劣化などから生まれるロス一切考慮していません

この損失係数の差は一見大したことのないように思えますが、利回りと年間利益を算出するとかなり悪質な行為だということが判明します

 

【損失係数0.93の場合】

年間発電量 3.8  × 50(㎾)× 365(日)×  0.93  = 64,495(kwh)

年間利益 64,495(kWh)×  38.88円 = 2,507,585円 

表面利回り 11.39%

 

【損失係数0.8の場合】

年間発電量 3.8  × 50(kW)× 0.8  =  55,480(kWh)

年間利益 55,480(kWh)×  38.88円 = 2,157,062円

表面利回り 9.8%

 

同じ物件ですが、損失係数を少し変えるだけで、35万円もの差が生じます

どちらも、日射量データベースを用いているのにも関わらず、この差が生まれてしまうのです……。

さらに、契約書には「発電量はあくまで予想で、補償しません」との旨が記述されており、後から気づいても手遅れとなります。

とても悪質なケースと言えますね。

こういう悪質な物件があることに、物件探しをしている最中に気づいたので、まだまだ過剰に予想発電量や表面利回りを見積もっている会社は多いのではないかと考えられます。

太陽光発電所の “仲介” として提供できる価値

今回の件で、ソルセルは強く決心しました。

ソルセルのサービス運営にあたり、 “発電所の仲介” でしか提供できない付加価値、誰もが不利益を被らない透明性の高い取引を、改めて徹底していきます

・売主様、買主様の中立的な立場にある者として安心を提供する

・しっかりとした知識に裏付けされる透明性の高いサービスを行う

表面利回りの算出方法は、明確に定められている訳ではなく、各社独自の数値で計算しているのが現状です。

表面利回りが9%で公表され、運用を開始してからは実質利回りが9%を超えることもあれば、表面利回り12%という高い数値から一転、運用では実質利回りが5~6%にまで下落する事態もあります。

太陽光発電所を購入する前に、「この会社が提供する利回りは、多く見積もっていないのかな?」と一度疑ってみる必要があります!

それこそが、太陽光投資で成功するための1つの秘訣なのです

「この利回りで問題ないか不安……」とお悩みの場合は、ぜひソルセルまでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまでどうぞ。

無料E-Book
『太陽光発電投資 完全成功マニュアル』

太陽光に関する無料E-book

太陽光発電について気になるけど、
覚えることが多くて、
情報がまとめられない

…と悩んでしまいませんか?

そんな投資やメリット、その他のお悩みを
解決するのがこのE-Bookで、

  • 太陽光発電投資の将来性を担保する4つのメリット
  • 業者選びやシミュレーションで失敗しないための、5つの注意ポイント
  • 仲介料・掲載料・代行料オールゼロ!な面倒ごと丸投げサービス

と、太陽光発電や投資、注意ポイントなどと
働かないで副収入を得られる太陽光投資をしたい!」
考えている方に嬉しい
1冊になっています!

無料E-Bookであなたも太陽光オーナーに!

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

物件を探すのが不安な方向けに
セミナー開催!

物件を探すのが不安な方向けにセミナー開催!

コメントを残す

太陽光物件紹介