海をきれいに。太陽光はここでも貢献しています。

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

海に浮かぶプラスチックごみ。

どこから流れてくるのか、漁業ごみ、家庭ごみ、廃材まで幅広く 海の上を漂ってます。

また、海のしけ(波が高い日)の後は、海岸には多数のペットボトルやブイ(沖に浮いてる目印です)建築廃材などが漂着しています。

この浮遊ごみを自動で回収できる巨大な機械が開発され、注目されています。

実はこの海に浮かぶゴミたち。

8割はプラスチックゴミらしく、その被害は世界規模では1兆円を超えると 言われています。

そこで、このごみ回収マシンの誕生です。

最終的には100kmを繋ぐ海門のように大規模なものを構え、太陽光で発電した電力でごみを回収できる仕様を目指すみたいです。

しかもこれ、波や風の水流を利用してごみを集めるため、エコなんです。

こういった取り組みは、魚がごみと一緒に絡まってしまったりと課題の多い取組だったのですが、この装置、魚を始めとした生態系への影響が殆どないとか。

今回、そのプロトタイプが対馬に設置され、話題になっています。

対馬ごみ収集

ちなみにこの企画、当時まだ19歳のオランダ人青年が発起人で、現在も若干20歳の青年がクラウドファンディングで資金を集めて推進しています。

http://www.theoceancleanup.com/

TEDでも賞賛されたこの企画。

いつ実用化されるか、太陽光はごみを拾い上げる動力に使われるようですが、

どの様に使われるのでしょうか。

TEDでのプレゼン動画

ソルセルは太陽光発電所の仲介サービスです。

トップ

売却希望の方

購入希望の方

過去のブログ一覧

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

太陽光物件紹介