九州電力(川内原発再稼働)の太陽光発電への影響について

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

私見です。

 

 

昨年から、九州電力の太陽光の申請がストップしたり、抑制がかかったりと

九州電力管内における太陽光発電の稼働状況に関して、不安に思っておられる方も多いことと認識しております。

 

 

 

九州電力には、

川内原発の1号(89万kw)、2号(89万kw)玄海原発の1号(55.9万kw)、2号(55.9万kw)、3号(118万kw)、4号(118万kw)

の6基の原発があり、その総出力は525.8万kwです。

 

 

そのうち、玄海原発1号機は廃炉がすでに決まっており、2号機も再稼働の見込みは当面ないとみられています。

 

 

JPEAの試算によると、ベースロード電源全体で出力は最大でも477万kwと算出されており、

それに火力の最低稼働を入れて607万kw。これが原発が再稼働した場合の太陽光や風力発電

以外の発電設備での発電量です。

 

 

現在の太陽光稼働数517万kw。

 

 

 

ベースロードと太陽光の全てが100%の稼働をしたとしても1127万kw。

 

 

 

 

原発の未稼働分が残り388万kwあると考えると、ベースロード+太陽光の出力は最大で739万kw。

 

 

太陽光が仮に100%稼働だとしても抑制には至りません。

 

 

現段階では、心配するほどの状況ではないことが分かります。

現在の状況、太陽光の申請済み案件で、稼働に至らない案件がかなり多い事を鑑みると、JPEAの想定どおり、それほどの抑制は発生しないと考えられます。

 

 

 

ソルセルは、太陽光発電所の仲介事業を通じ、再生可能エネルギーの普及拡大に尽力します。

 

 

 

トップページ

 

 

 

 

 

過去のブログはこちら

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

物件紹介