サラリーマンが始めるなら太陽光発電投資!嘘みたいに確実で失敗しない理由

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

土地付き太陽光のソルセルブログ太陽光発電の基礎知識基本情報サラリーマンが始めるなら太陽光発電投資!嘘みたいに確実で失敗しない理由

太陽光発電投資はまだまだメジャーではなく、『投資』と言えば不動産投資や株式投資を想像するのではないでしょうか。

しかし、不動産投資や株式投資などの投資は空室リスクが存在したり、メンテナンス費用が高額であったり、企業の業績や世情によって左右されるため、運用が難しく確実に利益を出すのは難しいです。

一方、太陽光発電投資はメンテナンスにかかる手間もない上に、他の投資と違って国の定めた制度に基づいて運用するので、確実に利益を得ることができる安心・安全の投資方法です。

さらに太陽光発電投資は、貯金がゼロでも高収入でなくても、融資を受けて始めることができます。

この記事では、なぜサラリーマンに太陽光発電投資がおすすめなのか、融資を受ける方法などについて解説していきます。

そもそも太陽光発電投資ってなに?

太陽光発電は、太陽の光をエネルギーに電気を発電する仕組みです。

発電した電気を電力会社に売って利益を出すことを太陽光発電投資といいます。

太陽光発電投資は、不動産投資や投資信託とは違って、認知度はまだまだ低いですが、国が定めた法律により成り立っているという大きな特徴があります。

そのため、他の投資方法に比べてリスクが少なく、ラクして稼げるという知る人ぞ知る投資方法になっています

FIT制度(固定価格買取制度)

FIT制度とは、太陽光をはじめとした再生可能エネルギーにより発電した電気を電力会社が一定期間・同じ価格で買い取ることを義務付けた制度です。

この制度によって、太陽光発電投資に使われるような大規模の産業用太陽光発電所は20年間は固定価格で売電することができます

とはいえ、売電価格はFIT制度が制定された2012年より段々と安くなってきており、2020年度の売電価格は12〜13円となりました(10kW以上250kW未満の産業用太陽光発電)。

それなら太陽光発電投資としては、利益も出せないし始める意味がないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、2020年度の価格であれば十分に利益を出すことができます。

FIT制度についての詳細はこちらの記事で解説しているのでぜひチェックしてみてください。

太陽光発電におけるFIT制度(固定価格買取制度)とは?買取期間が終了したらどうなる?

初期費用はどのくらいかかる?

太陽光発電投資を始めるには、最低でも1,000〜1,500万円の初期費用がかかります。もちろん、規模の大きさや土地によって価格は異なりますが、こんな高額な費用なんて出せない!と躊躇してしまう方もいるでしょう。

しかし太陽光発電には、FIT制度があるので安定して収益を得ることができます。そのため、初期費用はFIT期間中に全額回収でき、回収後は全額利益になります

その他にも太陽光発電投資にはおすすめな理由があるのでご紹介していきます。

ラクして稼ぎたいサラリーマンには太陽光発電投資がおすすめ!

おすすめな理由①収益シミュレーションが簡単

太陽光発電投資は、過去の日射量データを元にシミュレーションを作成します。データがあるため、発電量にズレが生じづらく、ほぼシミュレーション通りの利益を出すことができます

また、新規で太陽光発電を購入するのではなく、中古太陽光発電を購入した場合は実際の発電量がわかるので、よりシミュレーションをしやすいというメリットがあります

中古太陽光発電は稼働した年の売電価格が適用され、新規で購入するよりも利益が多くなるため、より多くの利益がほしい方にはおすすめです。

とはいえ、中古というと「発電しないから売却されたの?」「故障とかしていない?」という心配がありそうですが、実はそういうわけではありません。

中古太陽光発電のメリットについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

☀太陽光発電(ソーラーパネル)の中古物件はメリットだらけ!実績あり・すぐ収益になる

太陽光発電投資はシミュレーション通りに運用していくことができますが、不動産投資や投資信託の場合は、いつ空室になるのか、いつ企業の業績が悪化するのか、世情が変わるのかどうかがわかりません。そのため、事前にシミュレーションをしたとしてもその通りにいかないことの方が多いです。

おすすめな理由②融資が受けられるので貯金がゼロ円でも始められる

太陽光発電は保険に加入しておいた方がいい?

太陽光発電投資を始めようと決心したら、まず考えるのは資金繰りをはどうすればいいかということではないでしょうか。

太陽光発電投資は、貯金がゼロ円でも資金がなくても、担保がなくても融資を受けて始めることができます

基本的に年収が400万円以上あれば、融資の申し込みができ、審査に通れば年収の約4〜5倍の融資を受けることができます

そのため初期費用の心配はさほどする必要はないでしょう。

おすすめな理由③メンテナンスや維持管理が簡単

太陽光発電のメンテナンスは、年に数回の草刈りとパネル掃除に加え、4年に1回の定期点検が推奨されています

草刈りは、規模にもよりますが1回5〜10万円程度、パネルの清掃は基本料金約5〜10万円+パネル枚数×数百円〜です。

定期点検には、1回につき約2万円かかります。

メンテナンスの費用が高いと感じるかもしれませんが、これらのメンテナンス費用込みの実質利回りで収益シミュレーションをすれば、メンテナンス費用込みでも十分に利益が出るということがわかります。

不動産の場合は、築年数が古くなったり、水回りが汚れていると居住希望者が一気に減ってしまい空室ができてしまうので、これを防ぐためにリフォームをしたり取り替えなければならず、結果的に維持費用がかさんでしまいます

おすすめな理由④他の投資に比べてかなりローリスク

多くのサラリーマンや個人事業主に人気な投資はやはり不動産投資や投資信託、株式投資ですよね。

確かに、不動産投資は長期で収入が見込めたり、投資信託や株式投資は当たればかなりのリターンがもらえます

しかし、不動産投資には空室リスクがつきものです。人気の地域なのか、駅チカ物件なのかなどによっても住居者の人気も変わります。リサーチ力とメンテナンスに力を注げるのであれば上手くいくかもしれません。

また、株などはある程度の知識がなければ、“利益が出るかもしれない” という予想をするのも困難です。企業の実績を調査したり、世の中の情報をいち早くキャッチする力が必要です。当たれば大きいですが、ハイリスクであることには違いありません。

一方、太陽光発電は、先ほども説明した通り20年間は安定した収入が見込めます。発電自体も太陽が昇り続ける限りは継続できます。

太陽光発電設備の故障や自然災害の被害を受ける影響はゼロではありませんが、メーカー保証があったり、保険に加入することもできるので、対策さえしておけば大きな損失になることはありません。

太陽光発電投資は、株式投資のようにドカンと一瞬で利益がでるわけではなく、長期にわたって利益を出したい方や、年金がもらえるか不安だから老後に使える資金がほしいという方にはかなりおすすめの投資方法です

太陽光発電の初期費用は融資をもらおう

太陽光発電の融資(ローン)方法について
太陽光発電の購入のために融資を受けられる金融機関は、銀行・政策金融公庫・信販会社の3つです。

銀行の場合、金利は安いですが、年収が高い方や企業の融資に強く、個人で太陽光発電を購入する方は審査に通りづらいというデメリットがあります。

政策金融公庫は、3つの金融機関の中で一番金利が低いです。しかし、その分審査に厳しく時間がかかります。

個人で投資を始める方や、年収が400万円〜1,000万円程度の方には信販会社からの融資が一番おすすめです。

資産や担保がなくても借りることができ、審査にも通りやすいので、個人投資家は信販会社の融資を受けているケースが多いです。

融資に関してはこちらの記事で詳しく説明しています。それぞれの金融期間の金利やメリット・デメリットについて知りたい方はチェックしてみてください。

太陽光発電は融資を受ける方がお得?審査に通る確率がアップする方法を徹底解説!

サラリーマンが太陽光発電投資を始める前に知っておくべき3つのこと

①会社で副業は許可されているかどうかを確認する

会社によっては投資を含めた副業を禁止しているケースもあります

その場合、万が一太陽光発電投資をしているのがバレてしまうと解雇や減給などのペナルティを受ける可能性があります。

そのため、太陽光発電投資を始める前に、会社の規定を確認するようにしてください。

②確定申告が必要になるケース

これは太陽光発電投資に限ったことではありませんが、本業以外の副業で収入が20万円を超える場合は確定申告をしなければいけません

万が一確定申告をしないと無申告と見なされ、延滞税や加算税を追加で払わなければならないこともあります。

基本的に太陽光発電投資は、年間20万円のラインは超えるので確定申告をする義務が発生します

脱税にならないように、忘れず確定申告を行なってください。

③太陽光発電の購入時は見積もりがかなり重要

太陽光発電を選ぶ際、1社だけで見積もりをもらい、そのまま購入を決めるのは危ないかもしれません。

残念ながら施工業者の中には、悪質な欠陥工事をするリスクや相場よりも高い価格で見積もりしてくる業者もあります。

1社だけしか見積もりしないとこのような悪質なパターンに気づくことができません

最低でも2〜3社の見積もりをするのがおすすめです。

もし施工業者選びに迷ったら仲介業者に相談するようにしましょう。

まとめ

太陽光発電投資は、他の投資と比べてリスクがほぼゼロです。

その上、安定した収入を得ることができるので、生活費や子どもの学費、老後の資金を確実に用意したいというサラリーマンの方にとてもおすすめの投資方法です。

このご時世、いつ何が起こるかわかりません。

堅実に資金を増やすためにはリスクを伴う方法ではなく、国の後ろ盾があり、安心して運用できる太陽光発電投資を始めてみませんか?

ソルセルでは、太陽光発電投資で成功するための無料投資セミナーを開催しています。

営業は一切していませんので、「興味がある」「もっと知りたい」「まずは詳しい話を聞いてみたい」という方でもお気軽に参加してみてくださいね。

無料E-Book
『太陽光発電投資 完全成功マニュアル』

太陽光に関する無料E-book

太陽光発電について気になるけど、
覚えることが多くて、
情報がまとめられない

…と悩んでしまいませんか?

そんな投資やメリット、その他のお悩みを
解決するのがこのE-Bookで、

  • 太陽光発電投資の将来性を担保する4つのメリット
  • 業者選びやシミュレーションで失敗しないための、5つの注意ポイント
  • 仲介料・掲載料・代行料オールゼロ!な面倒ごと丸投げサービス

と、太陽光発電や投資、注意ポイントなどと
働かないで副収入を得られる太陽光投資をしたい!」
考えている方に嬉しい
1冊になっています!

無料E-Bookであなたも太陽光オーナーに!

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

物件を探すのが不安な方向けに
セミナー開催!

物件を探すのが不安な方向けにセミナー開催!

太陽光物件紹介