発電所の査定に行ってきました・・・自撮り棒が欲しいです。。。

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

発電所の査定の様子をちょっとだけ公開。今回の場所は茨城県の鹿嶋市。

鹿島アントラーズの本拠地の近くです。

鹿嶋スタジアムが見えてきました!

鹿嶋スタジアムが見えてきました!

 

 

 

 

 

発電所の査定って何を見るの?

必要な耐久性を備えているか

日照状況はどうか。

メンテナンスはしやすいか。

なんかをチェックします。

取扱実績のある施工会社さんであれば会社名、架台の仕様からでも少しは判断できます。

 

 

 

架台の状況画像

架台の状況画像

 

 

 

 

 

 

 

 

発電所の状態をチェックします。

最近はスネイルトレイル(パネルの変色・数年後にPID劣化につながるリスクあり)が問題視されています。

これは目視でも十分に確認できるレベルです。などにも気を付けながら。。。

場所によって風圧、積雪圧がありますので、架台の強さなどもチェックします。

パワーコンディショナの設置状態も当然チェック。

パワーコンディショナの設置状況画像

パワーコンディショナの設置状況画像

 

 

 

 

 

 

 

土地の状態も場所によってさまざま。

発電所からの土の流出等がある場合は、思わぬ近隣トラブルに発展する事もあるので要注意です。

 

 

査定に加え、今回の場合はパネルのシリアル番号をすべて洗い出すという重労働が待ってました。

シリアル番号は、ソーラーパネルの裏側に貼られています。

 

パネルの架台下は、1メートルも寸法が無い為、勿論、立ち上がることはできません。

つまり・・・若者がたむろしてる時に座っている様なあの姿勢で、移動しなければなりません。

はい。学生時代を思い出します。今はそういうのは無いかもしれませんが、当時は『ウサギ歩き』

と呼ばれる拷問に近いトレーニングでした(笑)

 

 

 

パネルシリアル番号チェックの様子

 

 

 

 

 

 

 

パネル枚数約300枚。パネルの下にもぐり続けて300枚距離にして約150m。。。

腰が痛いです。

こんな時自撮り棒があれば。。。と流行のグッズに思いを馳せながら

と高校時代のトレーニングをなつかしく思いだしました。

帰りは牛久の大仏様をパシャリ。これ、いきなり見えるので、巨人がいる!ってびっくりしますね。(笑)

牛久の大仏様 見参

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽光発電所を売却したい方!お気軽にお問い合わせください。

ソルセル_売りたい方

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

物件紹介