小型風力発電の用語集※随時追加していきます

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

【あ行】

アップウインド形式・・・水平軸型風車で、羽が風上側にある風車

【か行】

カットアウト・・・台風など、風が強すぎる時に発電をストップすること。またはその風速値。

小型風車・・・風を受ける面積が200㎡未満の風車

【さ行】

垂直軸型・・・地面に対して垂直に風受けが付いている風車。音などは静かで住宅地や駅に多い。一般的に発電量は少ない。CSR活動に。

水平軸型・・・一般的な扇風機の様な形状の風車。実益的で投資用向け。

【た行】

ダウンウインド形式・・・水平軸型風車で、羽が風下側にある風車

タワー・・・垂直に建てられた柱。風力の場合は中にケーブルが通っていたりする。

【な行】

ナセル・・・基礎。ベース。

NEDO・・・国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構。2015年までは独立行政法人だった。

ネット(利回り)・・・維持管理費や、金利など全ての経費も考えてどれくらいの収益性が出るかをパーセンテージかした指標。

【は行】

パワーコンディショナー・・・電力を直流から交流に変換する機械。

表面利回り・・・通常 初期投資の総額/単年の収益 で計算される。なぜか初期投資を総額にしないケースもある。いずれにせよ、ただの参考指標として捉えるべき数値。→重要参考指標:ネット利回り、最終利回り、実利回り。

FIT価格・・・経済産業省で定めた電力を買い取る単価。毎年1月に見直し会議があり、4月に変更される。

風況・・・風の吹く感じ。風の状況。

賦課金・・・FITの価格を支えるために、電気を使う人がいつのまにか支払っているお金。電気代が高いと思った人は確認を。

【ま行】

【や行】

【ら行】

ロータ・・・風を受ける羽やプロペラみたいな部分。

【わ行】

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

太陽光物件紹介