風力発電投資とは?太陽光発電投資と比較すると失敗しなくて魅力的なのはどっち?

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

土地付き太陽光のソルセルブログ太陽光発電の基礎知識基本情報風力発電投資とは?太陽光発電投資と比較すると失敗しなくて魅力的なのはどっち?

再生可能エネルギーの2強と言っても過言ではない風力発電と太陽光発電。

投資を考えている方にとっては、「どちらの方が失敗しないの?」と、気になるところではないでしょうか。

そこで今回は、風力発電と太陽光発電を比較して、それぞれのメリットとデメリットを解説していきます。

それを踏まえて、風力発電投資と太陽光発電投資はどちらの方が利益を出しやすいか考えてみましょう。

風力発電とは?

風力発電は発電機の上部に位置する大きな羽の部分「ブレード」が、風の力によって回転することで電気を生み出す発電機です。

風力発電とういうと、山や丘の上にあるような100メートルほどの大型の風力発電機を想像する方も多いと思いますが、発電量が20kW未満の「小型風力発電」という投資向けの風力発電もあります

風力発電には、国策の再生エネルギー買取制度であるFIT制度(固定価格買取制度)が適用されます

FIT制度(固定価格買取制度)は、風力や太陽光などの再生可能エネルギーを利用して発電した電気を一定期間、同じ価格で電力会社が買い取ることを定めた制度です。

FIT制度があるおかげで、風力発電投資や太陽光発電投資は、不動産投資や投資信託などとは違い安定して利益を出すことができるので、確実にじっくり利益を増やしていきたいという方から人気を集めています

2016年までは、20kW未満の小型風力発電の1kWhあたりの売電価格は55円と、同時期の10kW以上の太陽光発電の売電価格の24円の約2倍の価格で売電できていたため、投資対象として注目されていました。

しかし、2017年から売電価格は年々下落し2020年には1kWhあたり18円と太陽光発電の売電価格とほぼ同じ金額まで下落したことから、多くの投資家は風力発電投資は失敗するという見解を示しました。

それでも1kWhあたりの売電価格は、2020年度の太陽光発電の売電価格12〜13円よりも高いため、風力発電を始めるか、太陽光発電にするかを迷っている方も多くいるようです。

次章では、風力発電のメリットやデメリットの解説をしていきます。

正しい知識を身につけて、どちらの方がより儲かるか考えていきましょう。

風力発電は投資やビジネスとして利用できる?

風力発電投資のメリット

①収益計画が立てやすい

先ほど説明したように風力は再生可能エネルギーのひとつなので、FIT制度が適用されます。

20年間固定価格で売電することができるので、収益シミュレーションをしやすいです

不動産投資や株などの投資は、運用期間中に空室リスクや企業の業績などによる株の下落の影響を受ける可能性があります。

しかし、風力発電はFIT制度があるため20年間は確実に利益を得ることができます。

ただし、風力発電投資を始める前には、その土地の風量や風速を計測し、気候条件を踏まえたシミュレーションをするようにしましょう

これを忘れてしまうと収益計画とズレが生じてしまう可能性があります。

②FIT期間中に初期費用が回収できる

風力発電は、収益計画が立てやすいことや、太陽光発電と違って昼夜問わず風が吹けば発電できるので時間帯に縛られることがありません

そのため、立地や気候によってはかなりの発電量が見込めるので、その分利回りも高くなります。

これらのことから、18〜19年間で初期費用を回収し、残りのFIT期間は全額利益になるというわけです。

③メンテナンスはすべてお任せできる

安定した発電量を保つために定期的なメンテナンスが不可欠です。

風力発電は、プロペラが高速で回転することで発電する仕組みになっています。

そのため、機械にかかる負担が大きく、定期的な点検をしなければ発電量の維持や、機械を長期に渡って活用できなくなる可能性があります。

メンテナンスの内容は、機械が正常に稼働しているかの運転監視や消耗品の交換、オイルメンテナンスと多岐に渡ります。これらのメンテナンスは、電気事業者の資格を有する専門業者に依頼するようにしましょう

個人でのメンテナンスは不要です。強いて挙げるとすれば、毎日モニターで発電量をチェックし、問題なく稼働しているかを確認し、異常の早期発見に努めることでしょう

風力発電の年間のメンテナンス費用は、1kWあたり0.5〜0.6万円程度です

風力発電投資のデメリット

①初期費用が高額

風力発電の初期費用は、設置規模によって異なりますが、1kWあたり25〜100万円です。

設備費用だけではなく、土地代や電力会社との連携費用、メンテナンス費用が追加でかかります。

だいたい、設備費用の4〜5割がプラスでかかる計算になります。

②実績が少ない

風力発電投資をしている企業は昔に比べて増えていますが、個人投資家が風力発電投資をしているケースはまだまだ少ないです

今後、再生可能エネルギーをより普及させていくために、風力発電の市場が大きくなっていく可能性はあります。

となると、設備費用が今よりも安くなったり、メンテナンス業者が増え、より多くの投資家や企業が風力発電を導入していくことも考えられます。

実績を重視しているのであれば、現時点で風力発電はあまりおすすめできません。

③土地を探すのが難しい

風力発電で一番の課題となるのが、風力発電を設置する土地選びです。

「この地域はよく風が吹いているな」と感じていても、1年や長期間で見ると実際にはそうでもないというケースもあります。

風力発電には、上記の日本全国風強マップで黄緑色以上で示されている5.5m/s以上の風量が必要です。そして、投資先として魅力なのは風速6.5m/s以上の土地です。

しかし、日本は山間部が多いため設置に適した部分が少ない傾向にあります。

また、土地利用の法規制や近隣住民への配慮、希少生物への影響なども考慮に入れなければならず、これらの条件に適した場所というのは日本の国土全体の1割にも及びません。

さらに注意点として、風力発電には計画に誤差が生じやすいという特徴があります。

風速が1m違うだけで発電量が30〜40%変化します。仮に風速が2倍になると、その発電量は8倍にもなると言われています

そのため、測定誤差や年単位の風の状況のズレによって発電量が大きく変わってしまい、当初の計画と誤差が生じてしまうのです。

これらのことから、風力発電に最適は土地を選ぶのがかなり難しいということがわかると思います。

金融機関から初期費用の融資を受けることはできる?

風力発電は、初期費用が高額なので金融機関から融資を受けることを考えるケースが多いです。

風力発電とよく比較される太陽光発電であれば、堅実に収益を上げていくことが見込まれるため、滞納リスクが低いとされています。

そのため、公的融資や銀行、信販会社のローンであるソーラーローンといった融資の申請がしやすいです。

一方で、風力発電の場合まだまだ金融機関の理解が浅く、太陽光発電と比べて融資を受けにくいです

とは言っても、最近では少しずつ風力発電にも注目が集まり、融資を行う金融機関が徐々に増えてきています。

現在、風力発電に融資相談可能な金融機関は、

・日本政策金融公庫
・信販会社(ジャックスなど)
・クレジット会社ローン(アプラスなど)
・三井住友投資銀行
他、地方銀行多数あり(詳細は各地方銀行に確認が必要)

となっています。

このように少しずつ融資先の増えている風力発電ですが、まだまだ数は少ないので融資を受けるのは太陽光発電よりも難しいです。

【風力発電投資と太陽光発電投資】選ぶならどっち?

太陽光発電投資は、風力発電投資に比べて初期費用が回収できる期間が短く12〜13年程度です。そのため、初期費用を回収したあとの全額利益となる期間が風力発電に比べて長くなります

さらに、融資を受けやすくフルローンで融資を受けたとしても長くても15年間で全額返済することができます。

発電量も風力発電に比べて安定しており、導入している投資家が多いので実績も豊富にあります。

これらのことから考えると、風力発電よりも太陽光発電の方が運用しやすい投資であると言えます

太陽光発電投資については以下の記事で詳しく解説しています。

産業用太陽光発電とは?売電価格が下がっても利益を出せるのか【今後の運用方法】

☀太陽光発電投資は儲かる?不動産投資と利回り/リスクなどで比較

まとめ

風力発電は、太陽光発電と違って昼夜問わず24時間発電できるのが魅力です。

FIT制度に従い、20年間安定して売電することができるので、投資として活用するのもいいでしょう。しかし、まだまだ実績が少なく、個人で風力発電投資をしている方はほとんどいません。

そのため、融資の受けづらさや設置場所の確保が難しいという欠点があります。

個人でエネルギー投資をしようと考えている方は、融資の申し込みがしやすく、実績が豊富な太陽光発電投資の方がおすすめです。

無料E-Book
『太陽光発電投資 完全成功マニュアル』

太陽光に関する無料E-book

太陽光発電について気になるけど、
覚えることが多くて、
情報がまとめられない

…と悩んでしまいませんか?

そんな投資やメリット、その他のお悩みを
解決するのがこのE-Bookで、

  • 太陽光発電投資の将来性を担保する4つのメリット
  • 業者選びやシミュレーションで失敗しないための、5つの注意ポイント
  • 仲介料・掲載料・代行料オールゼロ!な面倒ごと丸投げサービス

と、太陽光発電や投資、注意ポイントなどと
働かないで副収入を得られる太陽光投資をしたい!」
考えている方に嬉しい
1冊になっています!

無料E-Bookであなたも太陽光オーナーに!

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

物件を探すのが不安な方向けに
セミナー開催!

物件を探すのが不安な方向けにセミナー開催!

太陽光物件紹介