太陽熱の発電ってどうなの?

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

一年以上前になりますが、米国のネバダ州で世界最大規模の太陽熱発電所の稼働が開始。

太陽熱発電ってどうなんだろ?そんな疑問から色々と調べてみました。

14万世帯分の電力を。という事なので、日本で太陽光発電で賄う場合は、450メガの発電所と同等の出力です。

で、これ、見た目が超絶カッチョ良いいいいい。です。

太陽熱発電所の見た目をチェック←←

近未来的。日本でも、夜の工場見学ツアーなんてちょっと前に流行りましたが。今はどうでしょ?

筆者は、根っからのプラントフェチなので、この発電所の画像は見入りました。

必要な土地の面積が、約13平方km。といっても全くピンと来ない筆者は、『野球場だったっら・・・?』

と計算してみます。

野球場は約0.1km×0.1km=0.01平方km。という事は・・・1300個分?!?!なんか余計にわかりにくいかも!!!

とてつもなく広いのはわかります。

なお、太陽光発電を450メガ行うのに必要な土地は?4.3平方kmくらいです。

約3倍の土地が必要なんですね。

よし!これはいつか行ってみよう!!

というわけで、この発電所の出資者の一部にgoogleが含まれている事からも、、、

google earthで場所を調べてみました!

ネバダ州と言えば、ラスベガス?またはデスバレー?

これは、新たな観光の目玉になるんじゃないの??!!と期待しつつ。

あった!ありました。グーグルアースでもばっちりです。

太陽熱発電を衛星から

グーグルアースで下の緯度・経緯で確認できます。

38°13’53.53″ N 117°21’40.02″ W

ラスベガスから直進距離で300km

デスバレーから直線距離で160km

サンフランシスコからは450km

ロスアンゼルスからは480km

周辺 サンフランシスコ-ラスベガス-ロスアンゼルス

周囲には大自然が拡がり、これは絶好のドライブポイントなんじゃないだろうか。。。

周辺の絶景

社長!これは現地調査に行ってきます!

っていつか言いたいです。。。

土地付き太陽光投資物件のご紹介

条件を選択すると、物件情報一覧が表示されます。

コメントを残す

太陽光物件紹介