産業用太陽光発電とは?売電価格が下がっても利益を出せるのか【今後の運用方法】

土地付き太陽光発電の投資や売却、運用に関するブログ

土地付き太陽光のソルセルブログ太陽光発電の基礎知識基本情報産業用太陽光発電とは?売電価格が下がっても利益を出せるのか【今後の運用方法】

太陽光発電投資を始める際に購入するのは、規模の大きい産業用太陽光発電所です。

産業用太陽光発電は、規模が大きい分初期費用が高額になりますが、FIT制度(固定価格買取制度)が適用される20年間で初期費用の回収ができる上に十分な利益を出すことができるのが魅力です。

メリット・デメリットを踏まえ、今後太陽光発電はどのように運用していくのが良いのかを解説していきます。

産業用太陽光発電とは

産業用太陽光発電とは、システム容量10kW以上の太陽光発電所のことです

通常、太陽光発電投資で扱うのは産業用太陽光発電となります。

太陽光発電投資は、太陽の光をエネルギーとして発電し、発電した電気を電力会社に売って利益を得る投資方法です。

FIT制度(固定価格買取制度)と2020年の売電価格

そもそも太陽光発電が成り立っているのは、FIT制度(固定価格買取制度)が定められているからです。

FIT制度は、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを利用し発電した電気を一定期間、決められた価格で電力会社が買い取ることを保証するという制度です。

産業用太陽光発電の場合、20年間12〜13円(システム容量によって売電価格は異なる)で売電することができます。(2020年度)

売電条件の詳細は下記の通りです。

システム容量 売電価格
10kW以上〜50kW未満 13円、余剰売電かつ売電の上限は発電した電気の50%まで
50kw以上〜250kW未満 12円、全量売電
250kW以上 入札制度
※売電価格・対象発電所を入札で決定する

産業用太陽光発電投資の3つのメリット

①20年間は利益が保証される

先ほど説明したように、太陽光発電はFIT制度が適用されるので20年間の利益が保証されています

もちろん、天候などの要因によって事前シミュレーションとは若干の発電量の差はあるかもしれません。しかし、それでも大幅なズレはなく、基本的にはシミュレーション通りの利益を出すことができます

不動産投資や株式投資は多くの方に知られており、実際に投資をしている方もたくさんいますが、制度の保証はないので、空室リスクや株の大暴落が起こってしまいます。

2020年に流行した新型コロナウイルスで、リーマンショックを超える不況となっています。

このような状況は、投資家にとってかなり “イタイ” 状況ですよね。

しかし、太陽光発電投資であれば世情に振り回されることなく、太陽の光がある限りはどんな状況でも発電を継続することができる上に、売電を始めた時に「20年間買い取ります」と決められているので、途中で売電できなくなることもありません

これらのことから、太陽光発電投資は、他の投資の比べてローリスクハイリターンだと言われています

②長期運用ができる

産業用太陽光発電の固定価格買取期間は20年間ですが、太陽光パネルの期待寿命は20〜30年間です。

パネルの種類(多結晶シリコン、単結晶シリコン、CISなど)ごとの寿命は経年劣化率によって異なりますが、30年以上稼働している発電所もあるほど、太陽光パネルは長期に渡り発電することができます。

21年目からは固定価格での売電はできなくなりますが、電力会社や新電力に売電を続けることもできます。(後ほど詳しく説明します)

そのため、21年目以降も引き続き利益を得ることができるのです。

太陽光パネルの寿命や経年劣化についてはこちらの記事で解説しています。

太陽光パネルの寿命はどれくらい?パネルの種類によって経年劣化に差が出る!

③節税対策できる

太陽光発電は、償却資産として減価償却することが可能です

減価償却すると、経年劣化する資産を所有した場合に、購入費用を減価償却費として経費で処理することができるので、結果的に納税額を減らすことができます。

☀太陽光発電投資は節税に?税金対策としての減価償却・特別償却

産業用太陽光発電投資の3つのデメリット

①設置費用が高い

産業用太陽光発電所を新規で設置する場合、規模にもよりますが、1,000万円以上の費用がかかります。

基本的に太陽光発電を購入する場合、現金よりも銀行や信販会社からの融資を受けて資金を準備することが多いです。

太陽光発電の場合、事前の収益シミュレーションとほとんどズレがないので、融資を受けても返済が滞るリスクが低く、利息分を支払っても20年間で利益を得ることができます

そのため、初期費用が高いことはデメリットとして挙げられますが、そこまでネックになることはないと考えてもよいでしょう。

②天候に発電量が左右される

太陽光発電は太陽の光をエネルギーとして発電します。そのため、悪天候時では晴天時に比べて発電量が少なくなってしまいます。

晴天時の発電量を100%とすると、くもりや雨の日の発電量は5〜10%程度です。

そうなると、梅雨の時期などは発電量がかなり落ち、売電収益が減ってしまうのではないかと思うかもしれませんね。

しかし、太陽光発電の場合、過去の日射量のデータを元に発電量のシミュレーションをするため、事前のシミュレーションと比べて大幅に発電量が減っている!ということにはなりません。

③メンテナンス費用がかかる

太陽光発電を安全に稼働させるためには、設備が破損・故障していないかを定期的に点検する必要があります。

改正FIT法では4年に1度の定期点検が推奨されています。定期点検にかかる費用は2万円程度です。

さらに、発電の妨げになる草や周辺の木の手入れ、パネルの清掃といったメンテナンス

も別途必要となります。

メンテナンスについての詳細はこちらの記事で解説しています。

太陽光発電のO&M(メンテナンス)費用は?安心して頼める業者はどこ?

定期点検やメンテナンスは、発電量を維持し確実に利益を出すために必要不可欠です。

ソルセルでは、メンテナンス費用を含めたシミュレーションを行なっているので、メンテナンス込みでどれくらい利益が出るのかが気になるという方は、お気軽にお問い合わせください。

事前シミュレーションの重要性【表面利回り?実質利回り?】

太陽光発電の発電量・利回りに潜む罠とは?

一般的にどの太陽光発電所を購入するかは、利回りで判断するケースが多いです。

利回りには、『表面利回り』と『実質利回り』の2種類あり、正確なシミュレーションをするためには、実質利回りでシミュレーションをするのが重要です。

表面利回りとは、売電収入と初期費用で計算したおまかな利回りです。

だいたいどのくらいの利益になるのかを計算するのに使うことが多いです。

一方、実質利回りとは、初期費用だけではなく、メンテナンス費用や保険料などのランニングコストを含めて計算した利回りになります。

そのため、実際の収益により近いシミュレーションができ、太陽光発電所を稼働させたあとも「思ったより利益が出ない」「このままだと損しそう」という事態になることもないので安心です。

ソルセルでは、ランニング費用などを込みにした実質利回りでシミュレーションを計算しているので、ご希望の物件があればぜひお問い合わせくださいね。

産業用太陽光発電の今後はどうなる?

①FIT期間終了後も売電を継続できる

FIT期間の20年間が経過すると売電できなくなると勘違いしている方もいますが、21年目以降も電気を売り続けることはできます

ただし、FIT価格ではなくなるので、各電力会社が決めた買取価格になります。

現時点での大手電力会社(東京電力や関西で電力など)の買取価格は8〜11円程度です。

2016年の電力自由化から電力事業へ参入してきた新電力であれば、もう少し高い価格で売電できる可能性もあります。

どちらにせよ太陽光発電は、FIT期間の20年間で初期費用は回収できるので、FIT期間終了後の売電価格でも利益を出すことは可能です

②蓄電池を設置し自家消費へ移行

蓄電池は家庭用のイメージがありますが、産業用太陽光発電でも蓄電池を設置して自家消費に切り替えることができます。

発電した電気を自社内で消費し、電力会社から購入している電気の量を減らすことで電気代を浮かせることができるので、その浮いた分が利益になるという考え方です。

蓄電池の価格はまだまだ割高で、導入している家庭や企業は少ないですが、今後FIT期間が終了する発電所が増えていくことから、蓄電池の普及率が増え、価格も低下していくことが予想されます

③撤去費用はいくらかかる?

固定価格買取期間が終わる20年後、売電を継続せずに太陽光発電設備を撤去することを考える方もいるかと思います。

撤去する場合、初期費用の5%程度の費用がかかると言われています

2018年より定期報告において廃棄費用の報告も義務化されました。20年後に困らないように、撤去費用の積み立てをしておくようにしましょう。

まとめ

太陽光発電投資はFIT制度の後ろ盾があるため、他の投資に比べてリスクがないにも関わらず、しっかりと利益が出るため、多くの投資家が注目しています。

初期費用が高額であったり、不動産投資と比べるとメジャーではないので手を出すのを戸惑ってしまう方もいるかもしれませんが、ゆっくりと時間をかけてもいいから確実に・堅実に利益を出したい方にはおすすめの投資方法です。

とはいえ、産業用太陽光発電を購入して投資を始めるにはメリットもデメリットもあるので、しっかりと理解した上で検討するようにしましょう。

無料E-Book
『太陽光発電投資 完全成功マニュアル』

太陽光に関する無料E-book

太陽光発電について気になるけど、
覚えることが多くて、
情報がまとめられない

…と悩んでしまいませんか?

そんな投資やメリット、その他のお悩みを
解決するのがこのE-Bookで、

  • 太陽光発電投資の将来性を担保する4つのメリット
  • 業者選びやシミュレーションで失敗しないための、5つの注意ポイント
  • 仲介料・掲載料・代行料オールゼロ!な面倒ごと丸投げサービス

と、太陽光発電や投資、注意ポイントなどと
働かないで副収入を得られる太陽光投資をしたい!」
考えている方に嬉しい
1冊になっています!

無料E-Bookであなたも太陽光オーナーに!

プライバシーポリシーに同意の上、送信してください。

物件を探すのが不安な方向けに
セミナー開催!

物件を探すのが不安な方向けにセミナー開催!

太陽光物件紹介